ホーム >> CB無線ブログ集 >> CB-ONE jr MKII(770・R5用)ハンドル試作3

CB無線ブログ集

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

link ならAI46-合法CB特小 JG3NLO-アマチュア無線局 ならAI46-合法CB特小 JG3NLO-アマチュア無線局 (2018/7/16 7:35:31)

feed CB-ONE jr MKII(770・R5用)ハンドル試作3 (2018/4/17 17:11:07)
サイエンテックス SR-01用ハンドルやナショナルRJ-580用のハンドルとは別にSONY ICB-770/R5用ハンドルを試作してみました。自分の CB-ONE jr MKIIに取り付けるための専用ワンオフ製作になる予定です。

サイエンテックス SR-01用ハンドルはこちら

RJ-580用ハンドルはこちら



CB-ONE jr MKII(770/R5用)ハンドル(試作2)

CB-ONE jr MKIIに取り付けたSONY ICB-770/R5用ハンドル試作 #002
前回の#001(下の写真右) ピッチ幅60mm×6mm径のステンレスハンドルと取り付け金具は2mm厚のアルミ製を使用しましたが、今回は ピッチ幅68mm×7mm径のステンレスハンドルと取り付け金具は3mm厚のアルミ材を使用し、部品点数を減らして製作しました。

イメージ 1

左がMKIIに取り付けた#002、マイクハンガーも新たに製作しました。3mm厚アルミ材に変更し、ネジも #001で使用したM3ネジからM4ネジに変更したためガッチリ固定できています。 #001は部品点数も多く使用したM3ネジは力が加わると緩みやすかった。また M3ネジの六角穴はレンチで強く締めすぎると辺がつぶれて舐めそうになりますが、M4だとしっかり締めることができました。

イメージ 2

#002

イメージ 3

#002 SR-01で使用していた焼き色入りハンドルを使っています。

イメージ 4

左#002、右#001

イメージ 5

#002では3mm厚の大きな材料で作りましたので、下の#001に比べて部品点数が減り丈夫になりました。

イメージ 6

#001は2mm厚の材料を使用したため全て手作業で作るには楽だったんですが。


関連記事


20180320 CB-ONE jr MKIIに電圧計付けてみた

20180322 CB-ONE jr MKII(770・R5用)ハンドル試作1

20180402 CB-ONE jr MKII(770・R5用)ハンドル試作2

20180417 CB-ONE jr MKII(770・R5用)ハンドル試作3

20180417 CB-ONE jr MKII(770・R5用)ハンドル試作4

execution time : 0.018 sec
サイト内検索

メインメニュー

ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失


オンライン状況
32 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが CB無線ブログ集 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 32

もっと...