2013年10月の月別アーカイブ
アマチュア無線、ライセンスフリー無線

久留米レピーターと背振レピーター アクセスできない QRTか?

このところ、アマチュア無線のレピーターにアクセスできません。

 

JR6WJ 439.72MHz 久留米市  久留米市役所の屋上

JP6YEH 439.06MHz 脊振町 背振山山頂

 

ハンディー機で私のシャックからアクセスできるのは、この2局だけだったのですが、なぜか両局ともアクセスできなくなっています。 となると、レピーターが悪いのではなくて、私の無線機が壊れたと考えるのが普通ですよね。 ところが、モービルからもアクセスできない。。。

 

エコーリンクに良く出ているので、トーン周波数を88.5Hzではなく、他の周波数に変更したままになっているのか、、、と調べても間違っていないし。

 

久留米レピーターはつい最近免許更新されています。 故障なのでしょうか?
背振は、維持管理が大変だと聞いています。ユーザーは多いが、運営への協力がほとんど皆無だとか。最悪閉局?

 

特小久留米レピーターは、設置したら放置しっぱなしのやりっぱなしですが、アマチュア無線のレピーターは、何かと大変だと思います。管理団体の皆さんのボランティアで支えられているわけです。

 

アマチュア局の減少も含めて考えると、もっと管理しがいのある形、例えばプライベートレピーターやリモートベースなどを認めるような方向になってもいいのではないかと思ったりします。 まぁ、包括免許が先でしょうけど。(無理でしょうけど)

 

追記:その後、どちらともQRVしているようです。

電波法第八十条第二項によると、、、

(報告等)
第八十条 無線局の免許人等は、次に掲げる場合は、総務省令で定める手続により、総務大臣に報告しなければならない。
一 遭難通信、緊急通信、安全通信又は非常通信を行つたとき(第七十条の七第一項、第七十条の八第一項又は第七十条の九第一項の規定により無線局を運用させた免許人等以外の者が行つたときを含む。)。
二 この法律又はこの法律に基づく命令の規定に違反して運用した無線局を認めたとき。
三 無線局が外国において、あらかじめ総務大臣が告示した以外の運用の制限をされたとき。

 

アマチュア無線家は、「違法局を認めたら、総務大臣に報告しなければならない」のですよね。

 

http://www.jarl.com/kyushu/kansa.html
上記ページの右側に報告用紙、報告例があります。


検索
カレンダー
2013年10月
« 9月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
サイト内検索

メインメニュー

ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失


オンライン状況
11 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが NX47ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 11

もっと...