アマチュア無線、ライセンスフリー無線

PCS-4800のバックアップバッテリーを交換 その1

10mFMでは最強のトランシーバーと言われたアツデンのPCSシリーズ。特に最初の頃のPCS-4800が大好きなのですが、メモリーバックアップのためのニッカドバッテリーが無く、使うのを躊躇していました。

以前の修理 http://nx47.com/modules/xpress/?p=406

 

これが前回付けたバッテリー。

 

今回、これを購入しました。一個600円! ニッケル水素充電池です。

 

ばらしにかかります。 確実なアースをとるためでしょうか、開けるたびに感心します。

 

ここのねじ二つもはずさないと、全面パネルがはずせません。

 

初期のPCS-4800にはなかった基板らしいです。これも外さなければなりません。

 

ここにも薄い銅板でアースがされています。忘れそうなのですが、ねじをゆるめて外します。

 

各コネクターを外し、基板が取り出せました。

 

続く・・・

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメント 2 件

ひろしまAJ28 より:

このバッテリーがダメだとアンロックになるし、電源ON時には29.00になるし、PCS-4800リストアのキーパーツですよね。
そして、この機体には減電リセット回路が付いているし、オプションのトーン基板も付いていますね。
私はアツデン機マニア…10m FMのアツデン全機種、合計60台以上の動作品と20台ほどのジャンクも持っていて、修理・調整しながら使っています。

4800はLED表示なので視認性高くて使い易いですよね。

nx47 より:

コメントありがとうございます。たしか写真も以前拝見しましたよね。凄い方もいるもんだと。いろいろ教えてください!

コメントをどうぞ