ホーム >> CB無線ブログ集 >> ラジヲな屋根裏部屋~ラジオと無線と自転車と

CB無線ブログ集

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

リンク 単体表示


link ラジヲな屋根裏部屋~ラジオと無線と自転車と ラジヲな屋根裏部屋~ラジオと無線と自転車と (2018/2/23 5:05:13)

現在データベースには 96 件のデータが登録されています。

feed 安中市西毛運動公園移動とLi-ION電池のテスト (2018/2/12 18:08:39)
昨日の日曜日は、先日製作した「 FT-817用Li-IONバッテリー:FLB-86 」のテストのために ちょっとだけ移動運用してきました。 移動場所:安中市西毛運動公園(JCC1611、PK42) 夜勤明けだったのでちょっと辛かったのですが、しばらくテストする機会がないようなので、 少々無理して行ってきました。 14時前には到着してすぐに設営し、運用開始しました。 運用は、いつもの7MHzのCWです。出力は5Wです。(FT-817のフルパワーです。) ↑ FT-817NDを車内に置いて内蔵Li-IONのみで運用。CQ連発になるのでメモリーキーヤーを使用。 しかし、いつものようにHFのコンディションが良くないようで、さっぱり呼ばれず、 CQ連発(1分おきくらいにCQ送信)したことでバッテリーには厳しいテストになったかもしれません。 1時間半の運用で、4局のみと交信できました。寂しいですねぇ~。 やはり悪コンディションでのQRPは辛いようです。 ↑ アンテナは、3mHのV-DPです。強風のため振られて怖かったです。 さて、Li-IONバッテリーの性能ですが、充電は満タン充電という感じではなく、私見ですが 80~90%程度だったかな?という感じ。 14時の運用開始時の電圧は、 受信時:12.0~11.9V 送信時:11.1V この時点では、送信/受信時に出力アイコンは表示されず(点滅もなし)。 (出力アイコンとは、ディスプレイ下段の真ん中あたりに表示される、出力設定を表すものです。) 14:30ころの電圧 受信時:11.7~11.6V 送信時:11.0~10.9V この時点では、送信時/受信時に出力アイコンは表示されず(点滅もなしだったと思う・・・)。 15:00ころの電圧 受信時:11.4~11.3V 送信時:10.8~10.7V この時点では、送信時に出力アイコンが2.5W設定表示で点滅開始。受信時は表示されず。 15:30ころの電圧 受信時:11.1V 送信時:10.5V~以下 この時点では、送信時/受信時に出力アイコンが2.5W設定表示で点滅。 総論としては、FT-817の5W設定にて、1時間半ほどのCWによる連続的な送信で、 5W設定の維持が辛くなってきたかなぁ、という感じ。 でも出力は5W近くをキープできていた感じです。(パワー計をつないでいないので、実質的な出力が 何Wだったかがわかりませんが。FT-817のPWR計表示では、フルスケールでLCDが振っていましたが。) 2時間くらいまでなら運用できた感じがします。 50MHzのSSB運用だったら、フルパワーの5Wで充分に2時間以上は楽しめそうな手ごたえを感じました。 山頂移動でも、軽量で手軽に担ぎ上げできますね。重量だけでなく、かさばりもないし。 このLi-IONを使用して5Wハイパワーでそこそこの時間運用したいのか、 2.5Wで長時間運用したいのか、を判断していろいろ楽しめそうです。 (eneloopを使用しても基本的に2.5W運用になってしまいますしね。2時間くらいが限界でしょうか。) このLi-IONのネックは、お値段でしょうね。 (1) eneloopを8本では、市場価格で、約¥2k です。 (2) YAESU純正の FNB-85は、市場価格で 約¥6.5k~7.5k です。 (3) バイク用のLiFePo(4Ah)バッテリーが ¥10k~14kくらいかな?(私は特別価格で7k弱で買えましたが) 今回使用した FLB-86のキットならば ¥7k程度なので高い買い物ではないかもしれませんね。 移動運用時の電源については悩みが尽きませんね・・・。
昨日の日曜日は、先日製作した「 FT-817用Li-IONバッテリー:FLB-86 」のテストのために
ちょっとだけ移動運用してきました。

移動場所:安中市西毛運動公園(JCC1611、PK42)

夜勤明けだったのでちょっと辛かったのですが、しばらくテストする機会がないようなので、
少々無理して行ってきました。

14時前には到着してすぐに設営し、運用開始しました。
運用は、いつもの7MHzのCWです。出力は5Wです。(FT-817のフルパワーです。)
イメージ 1
 ↑ FT-817NDを車内に置いて内蔵Li-IONのみで運用。CQ連発になるのでメモリーキーヤーを使用。

しかし、いつものようにHFのコンディションが良くないようで、さっぱり呼ばれず、
CQ連発(1分おきくらいにCQ送信)したことでバッテリーには厳しいテストになったかもしれません。

1時間半の運用で、4局のみと交信できました。寂しいですねぇ~。
やはり悪コンディションでのQRPは辛いようです。
イメージ 2
 ↑ アンテナは、3mHのV-DPです。強風のため振られて怖かったです。


さて、Li-IONバッテリーの性能ですが、充電は満タン充電という感じではなく、私見ですが
80~90%程度だったかな?という感じ。

14時の運用開始時の電圧は、
受信時:12.0~11.9V
送信時:11.1V
この時点では、送信/受信時に出力アイコンは表示されず(点滅もなし)。
(出力アイコンとは、ディスプレイ下段の真ん中あたりに表示される、出力設定を表すものです。)

14:30ころの電圧
受信時:11.7~11.6V
送信時:11.0~10.9V
この時点では、送信時/受信時に出力アイコンは表示されず(点滅もなしだったと思う・・・)。

15:00ころの電圧
受信時:11.4~11.3V
送信時:10.8~10.7V
この時点では、送信時に出力アイコンが2.5W設定表示で点滅開始。受信時は表示されず。

15:30ころの電圧
受信時:11.1V
送信時:10.5V~以下
この時点では、送信時/受信時に出力アイコンが2.5W設定表示で点滅。

総論としては、FT-817の5W設定にて、1時間半ほどのCWによる連続的な送信で、
5W設定の維持が辛くなってきたかなぁ、という感じ。
でも出力は5W近くをキープできていた感じです。(パワー計をつないでいないので、実質的な出力が
何Wだったかがわかりませんが。FT-817のPWR計表示では、フルスケールでLCDが振っていましたが。)
2時間くらいまでなら運用できた感じがします。

50MHzのSSB運用だったら、フルパワーの5Wで充分に2時間以上は楽しめそうな手ごたえを感じました。
山頂移動でも、軽量で手軽に担ぎ上げできますね。重量だけでなく、かさばりもないし。

このLi-IONを使用して5Wハイパワーでそこそこの時間運用したいのか、
2.5Wで長時間運用したいのか、を判断していろいろ楽しめそうです。
(eneloopを使用しても基本的に2.5W運用になってしまいますしね。2時間くらいが限界でしょうか。)

このLi-IONのネックは、お値段でしょうね。
(1) eneloopを8本では、市場価格で、約¥2k です。
(2) YAESU純正の FNB-85は、市場価格で 約¥6.5k~7.5k です。
(3) バイク用のLiFePo(4Ah)バッテリーが ¥10k~14kくらいかな?(私は特別価格で7k弱で買えましたが)

今回使用した FLB-86のキットならば ¥7k程度なので高い買い物ではないかもしれませんね。
移動運用時の電源については悩みが尽きませんね・・・。

feed FT-817ND用リチウムイオンバッテリーキット製作 (2018/2/8 17:46:59)
少し前に購入しておいた「 FT-817ND用リチウムイオン(Li-ION)バッテリー のキット」を 先日製作してみました。 商品は、「 FLB-86 Li-ion Battery Kit for Yaesu FT817/Elecraft KX3 」というものです。 https://6502.jp/batLi2/817BatLi_2.html (価格は、期間限定キャンペーン価格 ¥6.5k(税・送料別)のようです。少し上がったかな?) 完成品もありますので、後ほど記載する条件※を満たせる方以外は完成品の購入をお勧めします。 (価格は、\14k(税込み、送料別です。) https://6502.jp/batLi2/817BatLi86_1.html https://6502.jp/blg/906/ スペックは、純正のNi-MHバッテリー(FNB-85)の「9.6V 1400mAh」に対して、 このLi-IONバッテリー(FLB-86)は「11.4V (最大12.6V) 3200mAhです。 FT-817に内蔵させても、数時間の”5W”運用が行えます。(純正品では、基本的に2.5Wです。) しかも軽い!です。 (※Li-IONバッテリーは、電流容量が大きい電池です。万一、ショートなどの際には、 発火や破裂などによる火傷や火災などの危険を伴います。また、落下による損傷で バッテリー自体がダメになるとともに、異常発熱や発火などの原因にもなります。 半田付けに自信がない方、やや危険性のあるバッテリーを扱う自信のない方は、 キットではなく完成品の購入をお勧めします。 なお、このブログ記事を見て購入された方が製作した際に、何らかの損害を生じても 当方は一切の責任を負うものではないことを予め申し上げておきます。 販売元のWebページに書かれている注意事項をよ~く読んで製作、取り扱いをしてください。) さて、 購入したのはいいのですが、このバッテリーを保護するためには「 カプトンテープ 」と 「 ポリエステルテープ 」が必要(必須!)になるため、別途購入しました。 これが意外にお高いので余計な出費となりましたが、今後も使えるものなので投資だと思って 購入しました。 製作は、Web上にある「手順書」や「組み立て映像」をよく見て行えばできるのですが、 Li-ION電池のためどうしても短絡などに伴う発火や破裂、製品としてダメになること、など かなり気を使います。 私は慎重に行うために1ステップごとにゆっくりとやりましたので、完成するまでに2時間半くらいは 掛かりました。 慣れれば(?、慣れるほど数をこなすことはないと思いますが・・・)半分の時間でできると思います。 少しだけ写真を撮りましたので、載せておきます。 ↑ Li-IONのユニットを3つ重ねて貼り付けたところ。 この後に、いくつかの半田付けなどを行いますが、それだけでも気を使ってしまい、 「ふぅ~・・・」とか言いながらやりました。 バッテリーの外装がプラス+(!)極なんですよ! ↑ 何とか保護テープも貼って、まとめたところ。周りの赤いテープ以外は裸に見えるかも しれませんが、カプトンテープと透明のポリエステルテープで2重以上に保護されています。 でも厚み方向に保護し過ぎてしまうと、FT-817のお腹の中に収まりませんよ・・・。 ↑ FT-817のお腹の中に入れたところ。きれいに収まりました。 接触によるショートが怖いので、FT-817側も若干のテープ保護をしています。 ↑ FT-817の充電モード(CHG MODE)実行中。外部電源を12.8Vに設定して充電することが必須の条件。 ↑ 6時間充電を2回(都合で2日に分けて実施)。FT-817の電圧は12.0~12.2を表示。 これを使った移動運用を行って持続時間や出力の変化などをチェックしたいですが、 体調や寒さなどの関係で当分移動できません・・・。 花粉症のこともあるので、5月になっちゃうかなぁ~。 また結果が出ればブログに書く予定です。
少し前に購入しておいた「 FT-817ND用リチウムイオン(Li-ION)バッテリー のキット」を
先日製作してみました。

商品は、「 FLB-86 Li-ion Battery Kit for Yaesu FT817/Elecraft KX3 」というものです。
   https://6502.jp/batLi2/817BatLi_2.html
(価格は、期間限定キャンペーン価格 ¥6.5k(税・送料別)のようです。少し上がったかな?)

完成品もありますので、後ほど記載する条件※を満たせる方以外は完成品の購入をお勧めします。
(価格は、\14k(税込み、送料別です。) 
https://6502.jp/batLi2/817BatLi86_1.html
https://6502.jp/blg/906/

スペックは、純正のNi-MHバッテリー(FNB-85)の「9.6V 1400mAh」に対して、
このLi-IONバッテリー(FLB-86)は「11.4V (最大12.6V) 3200mAhです。
FT-817に内蔵させても、数時間の”5W”運用が行えます。(純正品では、基本的に2.5Wです。)
しかも軽い!です。

(※Li-IONバッテリーは、電流容量が大きい電池です。万一、ショートなどの際には、
  発火や破裂などによる火傷や火災などの危険を伴います。また、落下による損傷で
  バッテリー自体がダメになるとともに、異常発熱や発火などの原因にもなります。
  半田付けに自信がない方、やや危険性のあるバッテリーを扱う自信のない方は、
  キットではなく完成品の購入をお勧めします。
  なお、このブログ記事を見て購入された方が製作した際に、何らかの損害を生じても
  当方は一切の責任を負うものではないことを予め申し上げておきます。
  販売元のWebページに書かれている注意事項をよ~く読んで製作、取り扱いをしてください。)



さて、
購入したのはいいのですが、このバッテリーを保護するためには「 カプトンテープ 」と
ポリエステルテープ 」が必要(必須!)になるため、別途購入しました。
これが意外にお高いので余計な出費となりましたが、今後も使えるものなので投資だと思って
購入しました。

製作は、Web上にある「手順書」や「組み立て映像」をよく見て行えばできるのですが、
Li-ION電池のためどうしても短絡などに伴う発火や破裂、製品としてダメになること、など
かなり気を使います。

私は慎重に行うために1ステップごとにゆっくりとやりましたので、完成するまでに2時間半くらいは
掛かりました。
慣れれば(?、慣れるほど数をこなすことはないと思いますが・・・)半分の時間でできると思います。

少しだけ写真を撮りましたので、載せておきます。
イメージ 1
 ↑ Li-IONのユニットを3つ重ねて貼り付けたところ。
   この後に、いくつかの半田付けなどを行いますが、それだけでも気を使ってしまい、
   「ふぅ~・・・」とか言いながらやりました。
   バッテリーの外装がプラス+(!)極なんですよ!

イメージ 2
 ↑ 何とか保護テープも貼って、まとめたところ。周りの赤いテープ以外は裸に見えるかも
   しれませんが、カプトンテープと透明のポリエステルテープで2重以上に保護されています。
   でも厚み方向に保護し過ぎてしまうと、FT-817のお腹の中に収まりませんよ・・・。

イメージ 3
 ↑ FT-817のお腹の中に入れたところ。きれいに収まりました。
   接触によるショートが怖いので、FT-817側も若干のテープ保護をしています。

イメージ 4
 ↑ FT-817の充電モード(CHG MODE)実行中。外部電源を12.8Vに設定して充電することが必須の条件。

イメージ 5
 ↑ 6時間充電を2回(都合で2日に分けて実施)。FT-817の電圧は12.0~12.2を表示。

これを使った移動運用を行って持続時間や出力の変化などをチェックしたいですが、
体調や寒さなどの関係で当分移動できません・・・。
花粉症のこともあるので、5月になっちゃうかなぁ~。
また結果が出ればブログに書く予定です。

feed 藤岡総合運動公園(PK40)で移動運用 (2018/2/5 19:33:44)
書きかけのテストです。 昨日は比較的暖かな日曜日でした。でも寒かったかな・・・。 時間ができたので車で移動運用しました。 いつものスタイルで公園移動です。 群馬県藤岡市藤岡総合運動公園(JCC:1609、PK:40)の駐車場から。 7MHz、CWにて。 1時間で19局ログインできました。まぁまぁのCondixでしたね。7エリア(東北エリア)から結構呼ばれました。いいリズムで呼ばれたのでログが進みました。ミスキーイングも多かったですが…。 今回は車の外ではなく、 ↑ いつものスタイルです。写真撮影用にアンテナの高さを下げています。 ↑ 車内の後部座席にリグなどを置いて、あぐらをかいてのんびりと無線ができました。
書きかけのテストです。

昨日は比較的暖かな日曜日でした。でも寒かったかな・・・。
時間ができたので車で移動運用しました。
いつものスタイルで公園移動です。
群馬県藤岡市藤岡総合運動公園(JCC:1609、PK:40)の駐車場から。
7MHz、CWにて。
1時間で19局ログインできました。まぁまぁのCondixでしたね。7エリア(東北エリア)から結構呼ばれました。いいリズムで呼ばれたのでログが進みました。ミスキーイングも多かったですが…。
今回は車の外ではなく、イメージ 1
 ↑ いつものスタイルです。写真撮影用にアンテナの高さを下げています。

イメージ 2
 ↑ 車内の後部座席にリグなどを置いて、あぐらをかいてのんびりと無線ができました。
   

feed 日曜日は近所の里山を散策、特小運用 (2018/1/16 18:32:30)
今週の日曜日(一昨昨日ですが・・・)は、夜勤明けの日でしたが、日ごろの運動不足を解消するために 近所にある里山( 茶臼山:168m )までウォーキングして、ついでに短時間の特小運用をしました。 ↑ どのchかは書きませんが、気にしているchにて運用。(DJ-P24Lを使用) 案の定、意地悪されました・・・。悲しいです。 近場の2局とQSOできました。短い交信でしたが、私の生存確認をしていただけたようです(笑)・・・。 「 上野三碑(こうずけさんぴ) 」が「 ユネスコ世界の記憶 」に選定されて注目されている こともあり、この里山周辺の整備も急ピッチで進められているようで、きれいになっていました。 良いことですね・・・。 ↑ 私の秘密基地になっています。(笑) 木は多いですが、東毛方向は開けているので無線の電波もよく飛びます。 いずれ50MHzの移動運用もしてみたいです。(と言いながらいまだに運用していない!) 山頂広場から見える赤城山、榛名山(すこし木々で見にくいけど)もきれいでした。 静かな里山の山頂は、気持ちが落ち着きますね。
今週の日曜日(一昨昨日ですが・・・)は、夜勤明けの日でしたが、日ごろの運動不足を解消するために
近所にある里山( 茶臼山:168m )までウォーキングして、ついでに短時間の特小運用をしました。

イメージ 1
 ↑ どのchかは書きませんが、気にしているchにて運用。(DJ-P24Lを使用)
   案の定、意地悪されました・・・。悲しいです。

近場の2局とQSOできました。短い交信でしたが、私の生存確認をしていただけたようです(笑)・・・。

上野三碑(こうずけさんぴ) 」が「 ユネスコ世界の記憶 」に選定されて注目されている
こともあり、この里山周辺の整備も急ピッチで進められているようで、きれいになっていました。
良いことですね・・・。

イメージ 2
 ↑ 私の秘密基地になっています。(笑)
   木は多いですが、東毛方向は開けているので無線の電波もよく飛びます。
   いずれ50MHzの移動運用もしてみたいです。(と言いながらいまだに運用していない!)

山頂広場から見える赤城山、榛名山(すこし木々で見にくいけど)もきれいでした。
静かな里山の山頂は、気持ちが落ち着きますね。

feed 多々良沼で無線仲間の新年アイボール会 (2018/1/8 17:53:19)
昨日、毎年恒例の 多々良沼ミーティング という名称で(?!)行われている 群馬県の無線仲間による新年アイボール会が行われました。 な~んて固いものではなく、多々良沼公園の駐車場に何となく集まっておしゃべりをして、 お昼ご飯を適当~に食べて、おしゃべりをして、何となく解散する、といったゆる~い集まりです。 各メンバーが思い思いのこだわり品などを持ってきて見せ合ったりします。 私は、移動運用時に使っている 7メガのV-DP を上げて無線運用ができるように準備して 展示(?)などをしました。 その他に、ライセンスフリー無線のデジ簡や特小での運用の話をしたリ、 最近使い始めている ColibriNANOのSDR と ExpertSDR2の受信用ソフトウェア のデモなど 行いました。 このSDRには、皆さん興味津々だったようです。 メインミーティングが終了してから、恒例の 浮島弁天様 にお詣りしました。 その後、 多々良沼一周ウォーキング に参加して1時間ちょっと歩きました。 最近の運動不足のせいか、たったこれだけのウォーキングで、足の裏に豆ができてしまいました。 情けない~・・・。 全員解散してから、私はちょっとだけ7メガの移動運用をば。 いつものスタイルでPKサービスです。 ↑ 北方向には栃木方面のきれいな山並みが見えます。日光男体山もキレイでした。 邑楽郡邑楽町:JCG16003B、多々良沼公園:PK18のサービスでした。 今年も参加できてうれしかったですよ~。 来年も参加できますように・・・。
昨日、毎年恒例の 多々良沼ミーティング という名称で(?!)行われている
群馬県の無線仲間による新年アイボール会が行われました。

な~んて固いものではなく、多々良沼公園の駐車場に何となく集まっておしゃべりをして、
お昼ご飯を適当~に食べて、おしゃべりをして、何となく解散する、といったゆる~い集まりです。

各メンバーが思い思いのこだわり品などを持ってきて見せ合ったりします。

私は、移動運用時に使っている 7メガのV-DP を上げて無線運用ができるように準備して
展示(?)などをしました。

その他に、ライセンスフリー無線のデジ簡や特小での運用の話をしたリ、
最近使い始めている ColibriNANOのSDR ExpertSDR2の受信用ソフトウェア のデモなど
行いました。
このSDRには、皆さん興味津々だったようです。

メインミーティングが終了してから、恒例の 浮島弁天様 にお詣りしました。
イメージ 1

その後、 多々良沼一周ウォーキング に参加して1時間ちょっと歩きました。
最近の運動不足のせいか、たったこれだけのウォーキングで、足の裏に豆ができてしまいました。
情けない~・・・。

全員解散してから、私はちょっとだけ7メガの移動運用をば。
いつものスタイルでPKサービスです。
イメージ 2
 ↑ 北方向には栃木方面のきれいな山並みが見えます。日光男体山もキレイでした。
   邑楽郡邑楽町:JCG16003B、多々良沼公園:PK18のサービスでした。

今年も参加できてうれしかったですよ~。
来年も参加できますように・・・。

feed CB無線はもういかな・・・、と思っております。 (2018/1/4 16:46:27)
題名には、 ラジックス の単語を書かなかったのですが、この会社の新技適対応のCB機は、 もう開発されないかもしれませんね…。 ラジックス社のホームページ http://www.radcom.jp/ は、昨年の11月頃から 閉鎖 されて しまっていますね。 ついにここまで来たか、という感じです。 (もし、別のアドレスで復活しているようであればぜひ教えてくださいませ。) 過去に拠出した 5万円弱のお金 は消えてしまうようです。 この件に関与してしまったことで、結構嫌な思いもしましたし、少なからず疲れましたし、 CB無線に関する余計な(聴きたくないような)暗い面も見聞きしてしまったし・・・。 ということなので・・・、 「 技適 」ということに関して、私なりに考えた上で、今までCB運用を控えてきましたが、 サイエンテックス社が販売している新型CB機を購入する費用も捻出することができず、 当局としてCB運用はやめよう・・・ 、と思っております。 このことについて、いつかブログに書こうと思っていましたが、新年も明けたこともあって やっと書けました。ほっ!としています。 現状、 「 デジタル簡易無線 」 「 特定小電力無線 」もあるので、これらの無線機で ライセンスフリー無線を楽しもうと思っております。 少ない私の持ち金は、できるだけアマチュア無線関係やラジオ関係に掛けたいし、 ライセンス無線に掛けるならば、新しいデジ簡無線機の購入に充てたいと思っています。 今年は自分の健康面の懸念や仕事にまつわる忙しさもあって、しばらくアクティブなアウトドア運用は できないのですが、ライセンスフリー無線に関しては、 デジ簡 や 特小 でのお相手をいただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします!
題名には、 ラジックス の単語を書かなかったのですが、この会社の新技適対応のCB機は、
もう開発されないかもしれませんね…。

ラジックス社のホームページ  http://www.radcom.jp/   は、昨年の11月頃から 閉鎖 されて
しまっていますね。

ついにここまで来たか、という感じです。
(もし、別のアドレスで復活しているようであればぜひ教えてくださいませ。)

過去に拠出した 5万円弱のお金 は消えてしまうようです。

この件に関与してしまったことで、結構嫌な思いもしましたし、少なからず疲れましたし、
CB無線に関する余計な(聴きたくないような)暗い面も見聞きしてしまったし・・・。

ということなので・・・、
技適 」ということに関して、私なりに考えた上で、今までCB運用を控えてきましたが、
サイエンテックス社が販売している新型CB機を購入する費用も捻出することができず、
当局としてCB運用はやめよう・・・ 、と思っております。

このことについて、いつかブログに書こうと思っていましたが、新年も明けたこともあって
やっと書けました。ほっ!としています。

現状、 「 デジタル簡易無線 」 「 特定小電力無線 」もあるので、これらの無線機で
ライセンスフリー無線を楽しもうと思っております。

少ない私の持ち金は、できるだけアマチュア無線関係やラジオ関係に掛けたいし、
ライセンス無線に掛けるならば、新しいデジ簡無線機の購入に充てたいと思っています。

今年は自分の健康面の懸念や仕事にまつわる忙しさもあって、しばらくアクティブなアウトドア運用は
できないのですが、ライセンスフリー無線に関しては、
デジ簡  や  特小  でのお相手をいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします!

feed 明けましておめでとうございます (2018/1/1 19:19:47)
明けましておめでとうございます。 ↑ 今年も「 高崎だるま市 」に出掛けてきました。ここに展示している巨大縁起だるま、です。 今年もボチボチとブログを書いていこうと思っております。 いくつかのネタを仕込んでいますが、なかなかゆっくりとブログを書けていませんので、 時間を見つけながら書きますね。 (ネタは仕込んでいますが、すべて中途半端な状態なので、ブログに書けない、というのが本音です。) 先日、自分へのクリスマス&新年プレゼントとして、こんなものを買いました。 ↑ ご存知の方はわかりますね。勉強がてらいじっております。 結構面白いです。BCLの楽しみも増えています。無線のワッチにも結構使えています。 欲しいな、と思っているIC-7300への欲求が少し減りました(笑)…。 これについては、まとまったらブログに書きますね。 ・・・・・・・さて一方で・・・・・・・・ 昨年末から少々健康面で不安なことが出てきたので、今年はこれの治療と体調管理に重点を置きつつ、 仕事がらみの資格試験の受験もあるかもしれないので、ある程度 家の中に引きこもるかも しれません。 山歩き、移動運用、自転車での外遊びは回数が減るかと思っています。 これらに一区切りつけば、たくさん遊びたいと思います。 ブログも書きますので、お付き合いください。(そんなにも読者がいないか…。) 皆様のご多幸、ご健勝をお祈り申し上げます。
明けましておめでとうございます。

イメージ 1
 ↑ 今年も「 高崎だるま市 」に出掛けてきました。ここに展示している巨大縁起だるま、です。

今年もボチボチとブログを書いていこうと思っております。

いくつかのネタを仕込んでいますが、なかなかゆっくりとブログを書けていませんので、
時間を見つけながら書きますね。
(ネタは仕込んでいますが、すべて中途半端な状態なので、ブログに書けない、というのが本音です。)

先日、自分へのクリスマス&新年プレゼントとして、こんなものを買いました。
イメージ 2
 ↑ ご存知の方はわかりますね。勉強がてらいじっております。
   結構面白いです。BCLの楽しみも増えています。無線のワッチにも結構使えています。
   欲しいな、と思っているIC-7300への欲求が少し減りました(笑)…。
   これについては、まとまったらブログに書きますね。

・・・・・・・さて一方で・・・・・・・・
昨年末から少々健康面で不安なことが出てきたので、今年はこれの治療と体調管理に重点を置きつつ、
仕事がらみの資格試験の受験もあるかもしれないので、ある程度 家の中に引きこもるかも
しれません。

山歩き、移動運用、自転車での外遊びは回数が減るかと思っています。

これらに一区切りつけば、たくさん遊びたいと思います。

ブログも書きますので、お付き合いください。(そんなにも読者がいないか…。)

皆様のご多幸、ご健勝をお祈り申し上げます。

feed JR-60用周波数カウンター製作 (2017/12/18 20:29:33)
前に記事にも書きましたが、1か月前くらいに、周波数カウンターを製作しました。 Ama〇onで販売している50MHzまで測定できるものですが、良い点はオフセットを設定できることです。 ただ単に周波数をカウントするならば、すでに持っている MIZUHOのDX-555 (めちゃ昔の商品!)でも いいのですが、シングルスーパー受信機の周波数を直読するには、どうしても局発の455kHzの分を引き算 する必要があって、この機能が必要です。 昔はこの機能をデジタルICを使って減算していましたが、うまいこと設計できなかったので、 既製品を買っちゃいました…。 で、まずはカウンター自体を製作。 アルミケースに入れて配線を作りこむだけ。でも窓の部分などをきれいにしたり、透明のカバーを つけたりと、意外に面倒くさかったです。 ↑ これがカウンターの部分です。カウンターユニットをGNDから浮かす必要があったので、 アクリルネジを使って絶縁しています。 電源は…、面倒くさかったので、006Pの9Vを内蔵させています。使い過ぎないようにしないと…。 予め、このカウンターのオフセット周波数を -455kHz にセットしておきます。 (最終的に、不安定さを盛り込むために、 -456KkHz に設定しました。) さて、次が問題です。 JR-60から周波数の信号を取り出すこと! いくつかのネットの記事を参考にして、局発回路を探り当てます。 すぐに場所を特定できたので、単純に 100pFのセラコンを介してカウンターに接続しました。 ↑ こんな感じ。しかし! ところが、周波数は正しく表示されますが、肝心の受信機のスケールがかなりずれてしまいました。 中波帯で数100kHzほどずれました。これではだめです。 仕方ないので、どの辺のコンデンサ容量が良いかを探りましたが、10pF程度がいいみたい。 でも直接信号系につなぐとよくないようでしたので、ワイヤーを信号線に絡ませて容量結合に してみました。 ↑ こんな感じ。絡める場所や回数(巻き数)を調整しながら、妥協点を探りました。 ↑ 何とかまとめてみた外観がこんな感じです。 結果として、真空管受信機:JR-60が 1kHz直読の新鋭機(!?)に変わりました。 TRIO R-1000並みかな?(笑) ↑ シャック内に置いて使っている状態。素敵です…! しかし、局発からの信号が安定せず、かつ今一つ弱いために、中波帯の低い周波数がうまく表示 できなかったり、不安定になったり、完全ではありません。 やはりFET1石くらいのバッファAMPが必要かもしれませんね。検討してみるかな…。 ということで、いろいろ遊んだことの一つでした。楽しかったけど疲れました。 あとは、JR-60の受信部を調整してみたいなぁ。
前に記事にも書きましたが、1か月前くらいに、周波数カウンターを製作しました。

Ama〇onで販売している50MHzまで測定できるものですが、良い点はオフセットを設定できることです。

ただ単に周波数をカウントするならば、すでに持っている MIZUHOのDX-555 (めちゃ昔の商品!)でも
いいのですが、シングルスーパー受信機の周波数を直読するには、どうしても局発の455kHzの分を引き算
する必要があって、この機能が必要です。
昔はこの機能をデジタルICを使って減算していましたが、うまいこと設計できなかったので、
既製品を買っちゃいました…。

で、まずはカウンター自体を製作。
アルミケースに入れて配線を作りこむだけ。でも窓の部分などをきれいにしたり、透明のカバーを
つけたりと、意外に面倒くさかったです。
イメージ 1
 ↑ これがカウンターの部分です。カウンターユニットをGNDから浮かす必要があったので、
   アクリルネジを使って絶縁しています。
   電源は…、面倒くさかったので、006Pの9Vを内蔵させています。使い過ぎないようにしないと…。

予め、このカウンターのオフセット周波数を -455kHz にセットしておきます。
(最終的に、不安定さを盛り込むために、 -456KkHz に設定しました。)

さて、次が問題です。
JR-60から周波数の信号を取り出すこと!

いくつかのネットの記事を参考にして、局発回路を探り当てます。
すぐに場所を特定できたので、単純に 100pFのセラコンを介してカウンターに接続しました。
イメージ 2
 ↑ こんな感じ。しかし!

ところが、周波数は正しく表示されますが、肝心の受信機のスケールがかなりずれてしまいました。
中波帯で数100kHzほどずれました。これではだめです。

仕方ないので、どの辺のコンデンサ容量が良いかを探りましたが、10pF程度がいいみたい。
でも直接信号系につなぐとよくないようでしたので、ワイヤーを信号線に絡ませて容量結合に
してみました。
イメージ 3
 ↑ こんな感じ。絡める場所や回数(巻き数)を調整しながら、妥協点を探りました。

イメージ 4
 ↑ 何とかまとめてみた外観がこんな感じです。

結果として、真空管受信機:JR-60が 1kHz直読の新鋭機(!?)に変わりました。
TRIO R-1000並みかな?(笑)
イメージ 5
 ↑ シャック内に置いて使っている状態。素敵です…!

しかし、局発からの信号が安定せず、かつ今一つ弱いために、中波帯の低い周波数がうまく表示
できなかったり、不安定になったり、完全ではありません。
やはりFET1石くらいのバッファAMPが必要かもしれませんね。検討してみるかな…。

ということで、いろいろ遊んだことの一つでした。楽しかったけど疲れました。

あとは、JR-60の受信部を調整してみたいなぁ。

feed 無線とBCLのシャックを模様替えなど (2017/12/18 19:49:17)
10月下旬から12月中旬(今日まで)いろんなことがありまして(起こりまして)、もうバタバタと 動き回っていました。 仕事も忙しくて余裕もなくて・・・。ブログを書く余裕もなくて。 でもこういうバタバタのときに、なぜだか別のやる気スイッチが入って、自分の身の回りをきちんと 片づけたくなってしまったりして・・・。 そういうことってありますよね? 試験前などの勉強中に、急に机の上や部屋を片付けたくなったりする、というのはあるある、ですね。 そんな感じでしょうか・・・。 ということで、10月下旬からいろいろ始めちゃいました、片付けを・・・。 ブログを書く余裕が出てきましたので、やったことを順番に書いていくとします。 まずは、BCL関連で。 ひとまず、整理したBCLシャック。実はまだやることが残っているのですが…。 私の狭いシャック(2畳ないくらいの狭さ)には、アマチュア無線とBCLのエリアが同居しています。 BCL用のメイン受信機は、JRCの NRD-515 とTRIOの JR-60 です。 どちらも古い受信機(通信機)ですが、ほどほどの性能で、JR-60は真空管式通信機ですが音がいい! 感度もいいので、こちらを使ってしまいます。欠点は真空管式ゆえの安定度の悪さだけですかね‥。 NRD-515は1980年代当時の高性能機ですが、時代の流れには勝てず、アマチュア機のセネカバのほうが はるかに高性能です…。 アンテナはいろいろあって、ほとんどがループ系です。 *影山氏設計の同調型アクティヴLOOPの LOOP7 :屋根裏に建ててあります。写真無し 以前からありますが、張り方を変えてみて、不具合も直し、調整もやり直しました。GOOD!です。 *同上の非同調型広帯域アクティヴLOOPの LOOP10 :屋根裏に建ててあります。写真無し これも以前からありますが、不具合を直し、調整し直しました。良くなりました。 *BCL界のNDXCの方(?)が設計し、ローカルさんが改良を加えた同調型アクティヴLOOPの RNRLOOP (私が付けた名前です。(^^♪)、:隣の部屋の窓際に建ててあります。場所を変えました。 *同じくローカルさんが設計した同調型パッシヴLOOPの なんちゃってLOOP :シャック内に吊るしています。場所を変えました。 *3D無線クラブが設計した 中波用パッシヴLOOP (短波でも使えています。f^_^;) :隣の部屋の窓付近に建ててあります。新たに作りました。また別の記事に書きます。 *同じく3D無線クラブの商品 広帯域トランス型ワイヤーアンテナ (これだけはワイヤー系) :隣の部屋の窓付近に張ってあります。張り替えました。 ↑ RNRLOOPです。 ↑ なんちゃってLOOP ↑ 中波用パッシヴLOOP、指向性を活かすために100円ショップの回転テーブルに乗せています。 ↑ 広帯域ワイヤーのトランス部分 全部で6系統あります。全部自作です。 もう一個、市販品である 303WA-2 もありますが、現在は使っていません。もったいない…。 たくさんあって意味ないじゃん!と言われそうですが、それぞれ一長一短あって切り替えると面白いです。 これだけアンテナがあるので、切り替え機が必要ですね。これらも自作しました。 *6系統切り替え機(空きポートあり)がNRD-515につながっています。 *3系統切り替え機がJR-60につながっています。 上記のアンテナのうち、LOOP7、RNRLOOP、なんちゃってLOOP、アマチュア無線用DPがNRD-515に、 LOOP10、中波用LOOP、広帯域ワイヤーがJR-60につながっています。 忙しさゆえに、逆に夜間帯はじっくりとBCLを楽しむようになってしまい、31mb(9MHz帯)、25mb(11MHz帯) を中心にワッチしております。 BCLの掲示板にも投稿したりして、ほんわかしています。 ま、ほどほどに楽しんでいます。夢中になったり、飽きてしまったり、のんびりやったり…。 写真にも写っていますが、JR-60に周波数カウンターもつないで直読できるようにしています。 これについては、この後で記事に書きます。 という感じで、短期間でいろいろやりました。充実しましたが、やり過ぎて疲れました…。
10月下旬から12月中旬(今日まで)いろんなことがありまして(起こりまして)、もうバタバタと
動き回っていました。
仕事も忙しくて余裕もなくて・・・。ブログを書く余裕もなくて。

でもこういうバタバタのときに、なぜだか別のやる気スイッチが入って、自分の身の回りをきちんと
片づけたくなってしまったりして・・・。
そういうことってありますよね?
試験前などの勉強中に、急に机の上や部屋を片付けたくなったりする、というのはあるある、ですね。
そんな感じでしょうか・・・。

ということで、10月下旬からいろいろ始めちゃいました、片付けを・・・。

ブログを書く余裕が出てきましたので、やったことを順番に書いていくとします。

まずは、BCL関連で。
イメージ 1
 ひとまず、整理したBCLシャック。実はまだやることが残っているのですが…。

私の狭いシャック(2畳ないくらいの狭さ)には、アマチュア無線とBCLのエリアが同居しています。
BCL用のメイン受信機は、JRCの NRD-515 とTRIOの JR-60 です。
どちらも古い受信機(通信機)ですが、ほどほどの性能で、JR-60は真空管式通信機ですが音がいい!
感度もいいので、こちらを使ってしまいます。欠点は真空管式ゆえの安定度の悪さだけですかね‥。
NRD-515は1980年代当時の高性能機ですが、時代の流れには勝てず、アマチュア機のセネカバのほうが
はるかに高性能です…。

アンテナはいろいろあって、ほとんどがループ系です。
*影山氏設計の同調型アクティヴLOOPの LOOP7 :屋根裏に建ててあります。写真無し
 以前からありますが、張り方を変えてみて、不具合も直し、調整もやり直しました。GOOD!です。
*同上の非同調型広帯域アクティヴLOOPの LOOP10 :屋根裏に建ててあります。写真無し
 これも以前からありますが、不具合を直し、調整し直しました。良くなりました。
*BCL界のNDXCの方(?)が設計し、ローカルさんが改良を加えた同調型アクティヴLOOPの RNRLOOP
 (私が付けた名前です。(^^♪)、:隣の部屋の窓際に建ててあります。場所を変えました。
*同じくローカルさんが設計した同調型パッシヴLOOPの なんちゃってLOOP
 :シャック内に吊るしています。場所を変えました。
*3D無線クラブが設計した 中波用パッシヴLOOP (短波でも使えています。f^_^;)
 :隣の部屋の窓付近に建ててあります。新たに作りました。また別の記事に書きます。
*同じく3D無線クラブの商品  広帯域トランス型ワイヤーアンテナ (これだけはワイヤー系)
 :隣の部屋の窓付近に張ってあります。張り替えました。
イメージ 2
 ↑ RNRLOOPです。

イメージ 3
 ↑ なんちゃってLOOP

イメージ 4
 ↑ 中波用パッシヴLOOP、指向性を活かすために100円ショップの回転テーブルに乗せています。

イメージ 5
 ↑ 広帯域ワイヤーのトランス部分

全部で6系統あります。全部自作です。
もう一個、市販品である 303WA-2 もありますが、現在は使っていません。もったいない…。

たくさんあって意味ないじゃん!と言われそうですが、それぞれ一長一短あって切り替えると面白いです。

これだけアンテナがあるので、切り替え機が必要ですね。これらも自作しました。
*6系統切り替え機(空きポートあり)がNRD-515につながっています。
イメージ 6
*3系統切り替え機がJR-60につながっています。
上記のアンテナのうち、LOOP7、RNRLOOP、なんちゃってLOOP、アマチュア無線用DPがNRD-515に、
LOOP10、中波用LOOP、広帯域ワイヤーがJR-60につながっています。

忙しさゆえに、逆に夜間帯はじっくりとBCLを楽しむようになってしまい、31mb(9MHz帯)、25mb(11MHz帯)
を中心にワッチしております。
BCLの掲示板にも投稿したりして、ほんわかしています。
ま、ほどほどに楽しんでいます。夢中になったり、飽きてしまったり、のんびりやったり…。

写真にも写っていますが、JR-60に周波数カウンターもつないで直読できるようにしています。
これについては、この後で記事に書きます。

という感じで、短期間でいろいろやりました。充実しましたが、やり過ぎて疲れました…。

feed 久しぶりのアマチュア無線のHF移動運用 (2017/11/5 20:25:48)
いろいろ家庭の都合でバタバタしている中、ちょこっと時間が空いたので比較的近場の公園まで アマチュア無線のHF移動運用をしてきました。 久しぶりだなぁ~。 移動先は、 富岡市(JCC1610)の富岡北運動公園(通称:もみじ平総合公園):PK41 です。 自宅から車で30分ほどで到着です。近いような近くないような・・・。 公園の真ん中あたりにある駐車場は満車でしたので、一番北にあるガラガラの駐車場に停めました。 訪問客で満車、かつ人の出入りが多い駐車場ではアンテナ設営や運用はしづらいので、 外れにある静かな駐車場がベストポジションですねぇ~。 若干、標高が下がってしまうのですが、HFではあまり影響がないので問題なしです。 到着してすぐにいつもの7MHz用 V-DPを上げて、無線機(IC-703)をセッティング。運用開始です。 ↑ 大体3.5mHくらいにV-DPを上げています。 いつもの5W QRPです。 1時間ほど運用しましたが、相変わらずコンディションが悪いようで、飛んでいきません。 結局、3局(3エリア 2局、7エリア 1局)で終わりでした。 またリベンジしたいですね。 暇になったので、ついでに持って行った、少し前に中古で購入した 10mの移動用グラスポール を立ててみました。 ↑ こんな長さなのか~、という感じでした。 いずれ10m程度のロングワイヤーを巻き付けて、電圧給電のツェップライクアンテナにして 移動運用してみたいです。 釣り竿ではなく、アマチュア用のポールですね。 DXerが販売しているようです。 ↑ こんなやつ。 根元が太すぎて、足場パイプにも刺さらない・・・。 どうやって根元を固定するか、、、これが問題なんです。 バタバタして落ち着かない日々ですが、ブログのネタは仕込んでいるので、落ち着いたら ジワジワと書いていきますね。いろいろと書けそうですなんですが・・・。
いろいろ家庭の都合でバタバタしている中、ちょこっと時間が空いたので比較的近場の公園まで
アマチュア無線のHF移動運用をしてきました。 久しぶりだなぁ~。

移動先は、 富岡市(JCC1610)の富岡北運動公園(通称:もみじ平総合公園):PK41  です。
自宅から車で30分ほどで到着です。近いような近くないような・・・。

公園の真ん中あたりにある駐車場は満車でしたので、一番北にあるガラガラの駐車場に停めました。

訪問客で満車、かつ人の出入りが多い駐車場ではアンテナ設営や運用はしづらいので、
外れにある静かな駐車場がベストポジションですねぇ~。
若干、標高が下がってしまうのですが、HFではあまり影響がないので問題なしです。

到着してすぐにいつもの7MHz用 V-DPを上げて、無線機(IC-703)をセッティング。運用開始です。
イメージ 1
 ↑ 大体3.5mHくらいにV-DPを上げています。
   いつもの5W QRPです。

1時間ほど運用しましたが、相変わらずコンディションが悪いようで、飛んでいきません。
結局、3局(3エリア 2局、7エリア 1局)で終わりでした。
またリベンジしたいですね。

暇になったので、ついでに持って行った、少し前に中古で購入した  10mの移動用グラスポール  
を立ててみました。
イメージ 2
 ↑ こんな長さなのか~、という感じでした。

いずれ10m程度のロングワイヤーを巻き付けて、電圧給電のツェップライクアンテナにして
移動運用してみたいです。

釣り竿ではなく、アマチュア用のポールですね。
DXerが販売しているようです。
イメージ 3
 ↑ こんなやつ。
   根元が太すぎて、足場パイプにも刺さらない・・・。
   どうやって根元を固定するか、、、これが問題なんです。

バタバタして落ち着かない日々ですが、ブログのネタは仕込んでいるので、落ち着いたら
ジワジワと書いていきますね。いろいろと書けそうですなんですが・・・。

(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 » 

execution time : 0.046 sec
サイト内検索

メインメニュー

ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失


オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが CB無線ブログ集 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...