ホーム >> 無線ブログ集 >> メイン

無線ブログ集

ライセンスフリー無線のブログ集でしたが、最近はブログ書くのを辞めた方が多いようです。令和2年7月より、アマチュア無線も含めた無線全般のブログ集に変更しました。
  メイン  |  Googleマップ  |  簡易ヘッドライン  


現在データベースには 52931 件のデータが登録されています。

rdf rss atom

最新 RDF/RSS/ATOM 記事

feed <久しぶりの女子トーク回>「CQ ham for girls」第339回放送分の音声ファイルをWebサイトで公開 in link ニュース – hamlife.jp (2021/1/19 16:30:17)

「アマチュア無線初心者の2人がお送りする一般の方・無線初心者向けの番組です。もちろんベテランの方も聞いてください。そして2人の珍質問に笑ってください」という、女性だけのアマチュア無線番組、CQ ham for girls。2014年8月3日から毎週日曜日の15時~15時30分に茨城県水戸市のコミュニティFM局「FMぱるるん」で放送が行われている。また千葉県木更津市のコミュニティ局「かずさFM」でも毎週日曜日の15時30分~16時に同内容が放送されている。

 

 

 

 新たに音声ファイルが公開されたのは、2020年1月17日(日)15時からの第339回放送。今回は演歌歌手の水田かおり(JI1BTL)とFMぱるるんの原田美由香(JI1KTI)の2人による久しぶりの“女子トーク回”となった。娘を持つ父親の気持ちの話で盛り上がり、その後は角川コミックス・エース「安堂鍵乃子の暗号事件簿」(関﨑俊三/著)に出てくるモールス信号の話題、テレビドラマで登場する無線機の話、昔は警察無線も傍受できたといった話が登場した。

 

 番組は下記関連リンクの「CQ ham for girls」の音源公開ページから。聞きたい放送日のものを選ぶと、mp3形式の音声ファイルで聴取できる。 なお放送後1か月が経過したファイルから削除されているので早めのワッチをオススメする。

 

 

 

●関連リンク:
・CQ ham for girls
・CQ ham for girls Facebookページ

 

 

 

feed <移動運用で定評の“伸縮ポール”のメーカー>フジインダストリー株式会社が2021年4月末で「廃業」を発表 in link ニュース – hamlife.jp (2021/1/19 15:00:06)

移動用の伸縮式アンテナポールとタイヤベースの製造販売で知られるフジインダストリー株式会社(本社:千葉県千葉市稲毛区)が2021年4月30日をもって廃業することがわかった。取扱店によると、同社は「注文は3月いっぱいでお願いします」と呼び掛けているという。

 

 

移動運用で愛用されている、フジインダストリーの伸縮式アンテナポールとタイヤベース

 

 

 アマチュア無線家の移動運用で愛用されてきた、ジュラルミン製の伸縮式大型アンテナポール(FSP/FAPシリーズ)とタイヤベースの製造販売元であるフジインダストリー株式会社が、経営者の高齢と諸般の事情から2021年4月30日をもって廃業することを決め、このほど取引先に向けて告知を行った。

 


 

拝啓

 

 寒冷の候、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 平素は格別のご愛顧を賜り、有難うございます。

 

 さて、弊社は創業以来、皆様のご厚情を頂きまして今日まで営業を続けてまいりましたが、4月30日をもちまして、高齢、諸般の事情により廃業いたすこととなりました。
 皆様の長年にわたるご厚誼に心から感謝申し上げますとともに、皆様の今後ますますのご健勝をお祈り申し上げます。
 まずは略儀ながら書中をもって廃業のご挨拶を申し上げます。

敬具

 

令和3年1月

 

千葉市稲毛区黒砂台1-16-12
フジ・インダストリー株式会社

 

 

 


 

 

 なお同社製品の取扱店関係者によると、「ギリギリの注文は月をまたいでしまう可能性があるため、注文は3月いっぱいとさせて欲しい」という要望が同社からあったという。

 

 他社にはない大型サイズの伸縮ポールも、今後は入手難が予想される。購入を検討する場合は早めに取扱店に相談するのがよいだろう。

 

 

 

●関連リンク: フジインダストリー

 

 

 

feed <小松空港の衛星航法システムに電波障害>北陸総合通信局、工事現場のクレーンに設置されたワイヤレスカメラが妨害源と特定し排除 in link ニュース – hamlife.jp (2021/1/19 12:05:53)

国土交通省から関東総合通信局が「小松空港(石川県小松市)に駐機している航空機より衛星航法システム(GNSS)が使用できない」との通報を受け、北陸総合通信局が対応・調査した結果、石川県小松市内の工事現場で使用されていたクレーンに設置されたワイヤレスカメラの電波が原因であることを特定。妨害源の排除を行った。「クレーンに設置されたワイヤレスカメラは、電波法に定められている技術基準に適合しない設備であったため、使用者に対し、直ちに撤去するよう指導しました」と同総合通信局は説明している。

 

 

 

 

 北陸総合通信局が発表した内容は次のとおり。

 

 

 総務省北陸総合通信局は、小松空港において航空機の衛星航法システム(GNSS ※)用受信機への外来波混入によりGNSSが使用できなくなった事象を調査した結果、石川県小松市内の工事現場で使用されていたクレーンに設置されたワイヤレスカメラの電波が原因であることを特定し、妨害源を排除しました。

 

 クレーンに設置されたワイヤレスカメラは、電波法に定められている技術基準に適合しない設備であったため、使用者に対し、直ちに撤去するよう指導しました。

 

 

【経緯】

 

 令和2年12月15日、小松空港に駐機している航空機よりGNSSが使用できないとの通報があった旨、国土交通省から関東総合通信局に申告があり、当局が対応しました。

 

 当該事象は12月14日から発生しているとのことであり、15日から18日まで現地を調査したところ、小松空港より数キロメートル離れた工事現場でクレーンに設置されたワイヤレスカメラからの電波を確認し、使用を停止させたところ、混信が解消されました。

 

 設置者に対しては、ワイヤレスカメラを使用しないよう指導し、妨害源を排除しました。

 

 

(注)重要無線通信:電波法第102条の2に規定する無線通信(電気通信業務、放送業務、航空、消防・救急、警察、気象業務、電気事業、鉄道事業等の重要な無線通信のこと)

 

※GNSS(Global Navigation Satellite System)は、GPS等の測位衛星からの航法信号を利用するシステムです。航空機の航法においてはGPS信号とGPSの信頼性や測位誤差を補強するシステムの併用により安全かつ確実な航法が可能となります。

 

 

 

 北陸総合通信局は「今後もこのような重要無線通信への妨害源の迅速な排除をはじめとした無線通信に対する混信・妨害に的確に対応するとともに、類似事案の再発防止のため周知広報等を積極的に行うこととしています」と説明している。

 

 

 

↓この記事もチェック!

 

 

<電波法106条2の違反容疑>長崎空港の送迎デッキから管制塔に、「嘘の遭難通信」を60回以上行った男を逮捕

 

<羽田空港、航空保安無線施設(VOR/DME)に電波障害>関東総合通信局、空港付近のクレーンに設置されていたワイヤレスカメラが妨害源と特定し排除

 

<長崎県・壱岐空港、航空管制用無線局に電波障害>九州総合通信局、空港敷地内に設置されていたLEDセンサーライトが原因と特定し排除へ

 

<飛行中の航空機から通報>福岡空港の航空管制用無線局へ雑音が混入! 九州総通、発信源のテレビ受信ブースターを排除

 

<福岡空港航空保安施設局への電波障害>九州総通、空港付近の工事現場で使用しているクレーン用ワイヤレスカメラが原因と特定し排除へ

 

 

 

●【電波法80条報告書ひな形付き】総合通信局へ“違法運用”を通報するための「報告書」の書き方から提出先まで

 

 

 

●関連リンク:
・北陸総合通信事務所 重要無線通信への妨害源を排除~ワイヤレスカメラによる混信~
・衛星測位システム/GNSS(Global Navigation Satellite System)(ウィキペディア)
・小松空港

 

 

 

feed <投稿採用分には掲載誌や粗品を贈呈>CQ ham radio編集部が「アマチュア無線の趣味が役立ったこと」「ハムになって良かったこと」の投稿を募集中!! in link ニュース – hamlife.jp (2021/1/19 11:30:53)

アマチュア無線の月刊誌「CQ ham radio」編集部は2020年1月18日、Webサイトに『「アマチュア無線の趣味が役立ったこと」「ハムになって良かったこと」の投稿を募集!』という告知を掲載した。同誌2021年3月号(2月19日発売予定)の別冊付録に関連した企画で、「小さなことでも結構です。ぜひお気軽にお寄せください」と呼び掛けている。投稿採用分には掲載誌や粗品が贈呈される

 

 

 

 

 CQ ham radio編集部のWebサイト「CQ ham radio WEB MAGAZINE」に掲載された内容から抜粋で紹介しよう。

 

「アマチュア無線の趣味が役立ったこと」「ハムになって良かったこと」の投稿を募集!!

 

 CQ ham radio編集部では、3月号に「アマチュア無線のトレンド用語」をやさしく解説する別冊付録を付ける予定で製作作業を進めています。その中に、読者の皆さまの「アマチュア無線の趣味が役だった」というエピソードや、「ハムになって良かったと感じたこと」を紹介するコーナーを設けます。小さなことでも結構なので、お気軽にお寄せください。

 

① 「アマチュア無線の趣味が役立ったこと」の投稿募集
 アマチュア無線を楽しんでいくには、電子工学、物理、地理、英語など、さまざまな知識が必要になります。さらに毎日のQSOの中で、無線交信のテクニックやモールス信号の技量も磨かれていきます。さまざまな世代や地域の人たちと親しくなれるのも特徴でしょう。
 そんなアマチュア無線という趣味が、大いに役だったという体験があれば教えてください。交信中のできごとはもちろんですが、学校の勉強や社会人生活において役だった、非常通信など人命救助で役だったなど、なんでも結構です。なるべく具体的にお書きください。

 

② 「ハムになって良かったと感じたこと」の投稿募集
 Dアマチュア無線を長く楽しんでいると、きっと「ハムになって良かった!」と感じる瞬間があると思います。珍しい地域との交信、著名人との出会い(交信・アイボール)、コンテストでの上位入賞、メディアへの登場など、皆さんのハムライフにおける“一番良かったこと”をぜひお知らせください。そのことが詳しく分かる写真や資料があれば合わせてお寄せください。

 

 

★必要事項:
・①②いずれの投稿も、最大600字程度でお寄せください(両方にご投稿いただく場合は、お手数ですが原稿を別々に作成してください)。

 

・投稿者様のお名前(フリガナもお忘れなく)、コールサイン、郵便番号、住所、メールアドレスを必ずお書きください。
 ※いただいた情報は、今回の記事制作と掲載誌等の発送のみに使用いたします

 

・可能でしたら、投稿に関連した写真や資料(QSLカード他)、投稿者様ご自身のスナップ写真などもお送りください(jpegやpng型式のデジタル画像、またはプリントした写真の郵送も受け付けます)。

 

★宛て先:
・メールの場合  hamradio@cqpub.co.jp

 

・郵送の場合
  〒112-8619 東京都文京区千石4-29-14
   CQ出版社 CQ ham radio編集部「3月号別冊付録係」

 

★締め切り: 2021年1月31日(必着)

 

★その他:
・採用の判断は編集部にご一任ください。採否のお問い合わせには応じかねます
・掲載分の校正は、お寄せいただいた原稿を基に、編集部にて進めさせていただきます
・掲載スペースの関係で、ご投稿は文意を変えない程度にまとめさせていただく場合があります
・ご投稿の採用分には後日、粗品と掲載誌をお送りいたします
・お送りいただきました写真等は返却できません。貴重な写真はスキャンデータなどでお寄せください

 

 

 詳細は下記関連リンク参照のこと。

 

 

 

●関連リンク:
・「アマチュア無線の趣味が役立ったこと」「ハムになって良かったこと」の投稿を募集!(CQ ham radio WEB MAGAZINE)
・CQ ham radio WEB MAGAZINE

 

 

 

feed TS-850S 修理 in link Ham Radio 修理日記 (2021/1/19 10:48:03)

TS-850S 表示しなくなり、表示ユニットのケミコンを交換したがうまくいかなかったとの事です。

表示はしていますが、DIMが効きません。

 

 

インバーターとダイレクトに接続されたようです。

 

 

交換されたケミコンを外してみると、

 

 

清掃してみると断線していますね、

 

 

手直し

 

 

部品面ストラップ。

 

 

DDSユニットのケミコン交換

 

 

オーディオのケミコン液漏れは始まっていました、交換しました。

 

 

周波数再調整

 

 

各部再調整

 

 

SSB 2トーン再調整

 

 

交換部品

 

 

清掃完了です

 

feed プリンテナを磨いてみた in link アマチュア無線局 JO1KVS (2021/1/19 0:00:00)

プリンテナ

ご存知ですか。FCZ研究所が出していた寺小屋キットの一つで、かなり持っている人は多いのではないでしょうか。

430MHz用、1200MHz用、それぞれコネクタ直付けとそうでないのとありましたね。

当局は1200MHz用のBNCコネクタ直付けタイプを作り、永年使用してきました。C710買った時ですからかなり付き合いは長いです。
これまで1200MHzのアンテナで一番いいアンテナがこれでした。最近やっと11エレループがその座を奪いましたが、ハンディ機で移動する時はこれが一番いいアンテナです。
数々の山頂移動にも持っていきました。
富士山頂でも使用したアンテナです。

これ、とてもFBなアンテナなので、どこかで再販して欲しいなぁ。今なら安く基板作れますしね。

とまぁ真鍮のエレメントは真っ黒に変色。これはこれでいいのですが、ちょっと磨いてみました。

この錆取り剤は真鍮の電鍵もピカピカにしてくれるし、保護成分も入っているらしく、しばらくピカピカが持つのでなかなか良いと思います。

feed 10mW でパイルになる交信、信じるか信じないかはあなた次第 in link 毎日はレビュー (2021/1/18 23:43:20)

 

送信出力10mWのハンディ無線機で、アンテナは内蔵ホイップのみ、双方がそんな無線機で交信を楽しむ世界があるだけでも驚きなのに、パイルアップになってなかなかピックアップしてもらえない世界があります。ライセンスフリー無線の特定小電力トランシーバー(以下、特小)の世界です。

アマチュア無線だけしか触ったことのない方には信じられない世界だと思います。私も特小が出たての頃には信じられませんでした。UHFのFMで10mW、さらに内蔵のアンテナです。信じられないのは確かです。実際に街中で使うと1kmも交信できないかと思います。

ところが、高い所に行くと100km以上の交信すら可能になってしまう、それが特小なのです。

先日の山岳ロールコールでは、キー局が あきる野市の麻生山からのオペレートでした。10時からロールコールが開始し、自宅ベランダから私がチェックインできたのは30分後でした。その間、ずっとパイルアップ・・・と言っても、一緒に呼んでいる局は誰一人として聞こえません。チェックインする局が近くにいない限り、平地では聞こえない局とのパイル合戦に参加する点が、アマチュア無線のパイルアップとは大きく異なる点です(笑)。

 

多い時には100局弱がチェックインする特小ロールコールの世界ですから、パイルアップになるのも当然と言えるでしょう。

普段、CQを出してつながることはかなり稀です。だから、イベント時や特小系のロールコールの日に運用するのが交信のチャンスです。コロナ感染状況次第ではありますが、また早く皆で屋外の特小交信が楽しめる世界が来ることを願ってやみません。

feed E24系列抵抗計 ~ ソフト修正 in link jh4vaj (2021/1/18 23:09:52)
ソフトウェアをいじって、(前回と比較して)だいぶ読み取りやすくなった。 「E24系列で言うところの何Ω?」がすぐわかって便利。測定部と、人にとってわかりやすく提示するための情報処理を兼ね備えた装置といったところ。
feed IC-706MKⅡG 電源入らず in link Ham Radio 修理日記 (2021/1/18 21:52:13)

IC-706MKⅡG  内部を改造をした後、表示がめちゃくちゃになったとの事ですが、電源が入りません。

 

 

PLLのREGに12Vがかかりません。

 

 

このゴムパットの下側にあるパターンが腐食

 

 

入力側の断線

 

 

手直し

 

 

5Vの出力は出る様になりましたが、依然電源が入りません。

 

PLLとIFユニットを繋ぐフラットケーブルが断線、よく見ると端子もガタガタですね。

改造された時、基板をを取り付け取り外し、フラットケーブルを抜き差ししている時に破損させたようです、

この機種に限らずフラットケーブルの抜き差しで壊すケースが良くあります。

 

 

フラットケーブルには銅箔テープでシールドされています。

同じものはありませんが、

 

 

銅箔テープに絶縁テープを巻いて作りました。

 

 

各部再調整

 

 

受信感度再調整

 

 

交換部品

 

 

清掃し完了です。

 

 

feed 1/18 in link さいたまUG100 簡易無線運用記 (2021/1/18 20:54:14)

本日はレイトランチで公園に行ったものの坊主。沖縄局聞こえましたが時間切れ撤退~

夕方フリーになったので掲示板で沖縄がオープンしていることをチェックして公園にカンバック!?

 

(小金井市)

 

かわさきTC767/府中市(まずは現況お伺いしました~)

かがわMC36/丸亀市(久しぶりに聞くこのお声~地獄耳健在!)

やまぐちSH33/下関市自宅ベランダ(シーズンより安定して入感しておりました~)

くまもとDX55(こちらも安定入感)

 

(チンチロリンだと)456倍付エリア~♫Es交信達成!

他にもCB001さんがCQ出し続けておりましたがこちらの電波届かず、寒さの限界で

撤収いたしました~

 

本日も各局様ありがとうございました!

夜間運用!やはりライトは便利!87R改もついているので期待

してまっせ!!

 

 

 

 

feed クレーンでクレーンを吊る in link 元気なクマの日曜日 (2021/1/18 18:35:13)
今日はクマの乗るクレーンの検査。

それで25トンのラフターを、ウエイトがわりに吊りました。

これは写真無し…
feed <総務省の最新データベース>無線局等情報検索(1月18日時点)、アマチュア局は1週間で46局(約7局/日)減少し「388,997局」 in link ニュース – hamlife.jp (2021/1/18 12:25:34)

日本国内の各アマチュア局について、許可されている電波の型式、周波数、空中線電力といった免許情報について、コールサインなどから検索できる総務省のデータベース「無線局等情報検索」によると、2021年1月18日時点で、アマチュア局は「388,997局」の免許情報が登録されている。前回紹介した1月11日時点の登録数から1週間で46局ほど減少した。

 

 

 

 総務省が提供する「無線局等情報検索」では、アマチュア局以外に、パーソナル無線、簡易無線、放送局など、さまざまな無線局の免許データが検索できる。2019年1月7日から同サービスのWebデザインを含めて仕様変更が行われ、ほぼリアルタイムで無線局データが確認できるようになった。

 

 その後、2020年3月16日夜の更新を最後に4月15日まで、1か月間にわたるメンテナンス作業が行われた。電波法施行規則の一部改正に合わせて“免許状記載事項等が不公表となっている公共業務用無線局等(警察、消防ほか)”の一部データを反映するための改修だったようだ( 2020年4月15日記事 )。

 

 今回、2021年1月18日時点で、同じコールサインでも「移動しない局」「移動する局」など、それぞれ無線局免許が分かれている場合を含め、アマチュア局として「388,997局」の免許状情報が登録されていた。前回、1月11日時点のアマチュア局の登録数は「389,043局」だったので、1週間で登録数が46局ほど減少した。

 

 なお、1982(昭和57)年12月にスタートした「パーソナル無線」は、有効期限が残っている一部の局を除き2015年(平成27年)11月30日をもって使用期限を迎えたが、2021年1月18日時点のデータベースによると、パーソナル無線局として「171局」の免許情報が登録されていた。前回、1月11日時点の登録数は「184局」だったため、この間に1週間で13局が免許を失効したと思われる。

 

 

 

↓この記事もチェック!

 

 

<官報号外で公布、4月15日から施行>電波法施行規則を一部改正、公共業務用無線局等(警察や消防などの一部)の“公表制度の見直し”を反映

 

<hamlife.jpスタッフの雑記>「令和」の無線局免許状を総合通信局で受け取ってきた

 

<免許状の有効期限まで継続運用可能>900MHz帯の「パーソナル無線」は、平成27年11月30日以降も使用できる!!

 

 

 

 

2019年1月7日からWebサイトのデザインと仕様が変更された総務省が提供する「無線局等情報検索」サービス

例えば一般社団法人 日本アマチュア無線の中央局「JA1RL」で検索すると、「移動しない局」(左)と「移動する局」(右)の2つの免許状情報が表れる

 

 

●関連リンク:
・総務省電波利用ホームページ 無線局等情報検索
・総務省 許認可等の有効期間の延長等が認められる場合があります
・総務省 特定非常災害特別措置法の概要(PDF形式)
・アマチュア局40万局割れ(CIC:JJ1WTL 本林氏のブログ)
・無線局等情報検索の更新タイミング(CIC:JJ1WTL 本林氏のブログ)

 

 

 

feed <トップは“11局持ち” >同一コールサインの下で一番局数が多い免許人を総務省データから独自調査「第10回 全日本局数持ちコンテスト」 in link ニュース – hamlife.jp (2021/1/18 12:05:41)

日本のアマチュア無線局のコールサインは「同一コールエリアでは1つのみ」という原則がある。とは言っても、個人局の場合は「移動する局」の1局のみか、「移動する局」とハイパワーの「移動しない局」の2局を開設するケースも多いだろう。ところが、コールサイン研究で知られるJJ1WTL 本林良太氏が、2020年末時点の「総務省無線局等情報検索(2021年1月6付)」データを元にした調査によると、同一コールサインでなんと「11局分」のアマチュア無線局免許(状)を持っている人が1人、続いて「9局分」「7局分」「6局分」が1人ずつ。さらに「5局分」が8人、「4局分」は61人、「3局分」は588人存在することがわかった。同氏が「第10回 全日本局数持ちコンテスト」というタイトルでまとめた調査結果から紹介しよう。

 

 

JJ1WTL 本林氏が集計した「第10回 全日本局数持ちコンテスト」(CICから)

 

 

 JJ1WTL 本林氏は今年で10回目となる調査結果を「第10回 全日本局数持ちコンテスト」として同氏のブログ「CIC」に掲載した。

 

 これは総務省が提供する「無線局等情報検索」のデータを用いて集計し、国内における個人局、社団局の無線局免許状発行状況から調査分析したものだ。それによると同一コールサインでもっとも多くのアマチュア無線局を設置しているのは、“11局持ち”のJA3LOZだった。

 

 さらに“9局持ち”がJL1HHN、“7局持ち”がJA1LHC、“6局持ち”がJE6DND。“5局持ち”がJA1WSX、JF1UOW、JF1UOX、JH1EGJ、JJ1BMB、JL3RDC、JQ3TAN、JS3CTQの8免許人。“4局持ち”は61免許人と続く。

 

 同一免許人による複数の局数持ちは増加傾向にあるが、これは別宅シャックを設けたり、遠隔操作(リモートシャック)を行う局が増えたこと、設備共用(パラサイトシャック)の影響ではないかと同氏は分析している。なお、「エリアをまたがって局を複数持っている場合には,本集計では合算されません」としているが、知る限り…と断ったうえで、「8コールサイン>JE1POA、JD1BNY、JP3DOM、JJ5JQA、JA6UFZ、JI7SPU、JM8DQX、JJ0QYU」「7コールサイン>JA1RAL、JD1BLY、JN4RDX、JI5RPT、JA6PSI、JO7LSG、JS6QVQ」があるとしている。

 

 

 一方、社団局を調査すると“3局持ち”がもっとも多く、以下の6免許人が確認できる。

 

・JA1YJR NTVハムクラブ(東京都千代田区×1局、東京都港区×2局)

 

・JO1YYP わいわいぴークラブ(埼玉県越谷市×2局、千葉県四街道市)

 

・JQ1ZKB FMぱるるんAMC(茨城県水戸市×2局、茨城町)

 

・JR2ZVN 海津スーパークラブ(岐阜県海津市×3局)

 

・JA3YMP 毎日放送茶屋町アマチュア無線クラブ(大阪市北区×2局、東大阪市)

 

・JA3YUA ICOMアマチュア無線クラブ(大阪市平野区×2局、上郡町)

 

 

 

 詳細は下記の関連リンクから、本林氏のブログを参照してほしい。

 

 

 

↓この記事もチェック!

 

<免許人による手記を掲載!!>日本初!?「10枚組み」のアマチュア局免許状が発行に

 

信越総合通信局から発給された、10枚組みの無線局免許状(鈴木氏提供写真)

 

 

 

●関連リンク:
・第10回 全日本局数持ちコンテスト(CIC:JJ1WTL 本林氏のブログ)
・総務省 アマチュア局無線局等情報検索

 

 

 

feed <ARISSスクールコンタクト>国際宇宙ステーション(ISS)の宇宙飛行士、1月20日(水)17時17分から神奈川県逗子市立久木中学校の生徒たち(8N1ZH)と交信 in link ニュース – hamlife.jp (2021/1/18 11:30:52)

アマチュア無線の資格を持ち国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の宇宙飛行士と、子どもたちが交信を行うプロジェクト「ARISSスクールコンタクト」。2021年1月20日(水)の17時17分JSTから神奈川県逗子市立久木(ひさぎ)中学校の生徒が「8N1ZH」のコールサインで交信を行う予定だ。これが日本から通算101 例目のARISSスクールコンタクトとなる。ISSから登場するのはNASA所属の、シャノン・ウォーカー(Shanonn Walker)宇宙飛行士(KD5DXB)だ。交信の模様はYouTubeでの生配信も予定されている。

 

 

 

 

 ISSの宇宙飛行士と日本の子供たちの交信は、1月13日に行われた滋賀学園中学校(8N3SG)に続いて2週連続となる。久木中学校は昭和22年開校の公立校で生徒数は486名(17学級)だが、今回は12名が国際宇宙ステーションと交信する予定だ。当日の交信風景はYouTubeでの生配信も予定されている。

 

YouTubeで逗子市立久木中学校のARISSスクールコンタクト交信風景を生配信(16:50~)

 

 

 交信は日本時間の1月20日(水)17時17分59秒からおよそ10分間にわたって行われる。国際宇宙ステーションのコールサインは「NA1SS」。ARISS のWebサイトによると、 ISSからは145.80MHzで音声信号が送られてくる 。現在ISSには日本人の野口聡一宇宙飛行士(KD5TVP)が滞在しているが、交信はNASA所属の女性宇宙飛行士、シャノン・ウォーカー氏(KD5DXB)が担当し英語で行われる予定だ。先週は実現しなかった(シャノン・ウォーカー宇宙飛行士に華麗にスルーされてしまった)野口宇宙飛行士の“飛び入り参加”はあるだろうか!? 予定されている12名の質問は次のとおり。

 

1.What kind of infection countermeasures are you taking against the COVID-19?
(COVID-19の感染対策は?)

 

2.What was your driving force for the challenges?
(チャレンジの原動力となったものは何ですか?)

 

3.I think it takes a lot of effort to become an astronaut, but is there any way to continue the effort?
(宇宙飛行士になるには相当な努力が必要だと思いますが、努力を継続する方法はありますか?)

 

4.What is the most beautiful view you have ever seen in space?
(今まで宇宙で見た中で一番美しい景色は何ですか?)

 

5.What can we do only in space?
(宇宙でしかできないことは何ですか?)

 

6.What was scary in space?
(宇宙で怖かったことは?)

 

7.What is the inconvenience of the Space Station?
(宇宙ステーションで不便なことは?)

 

8.What kind of space food do you like the best?
(宇宙食で一番好きなものは?)

 

9.What do you want to do when you return to Earth?
(地球に帰ってきたら何をしたいですか?)

 

10.What was the hardest part of training to become an astronaut?
(宇宙飛行士になるための訓練で一番大変だったことは何ですか?)

 

11.What can only be seen from space?
(宇宙からしか見えないものは何ですか?)

 

12.What is the hardest work in space?
(宇宙で一番大変だった仕事は?)

 

 

 過去、NA1SSから発射された宇宙飛行士の声に対しては「見晴らしのよい場所で、ハンディ機に付属ホイップアンテナでも聞こえた」「アパートのベランダから斜めに付き出したモービルホイップでキャッチした」といった受信リポートがTwitterに書き込まれている。ビームアンテナに仰角ローテーターといった本格装備がなくても、ISSの軌道が高く状態の良いタイミングなら、受信のチャンスはありそうだ。

 

ARISSスクールコンタクト開催時のISS軌道予測(7M3TJZ 安田氏のSatTrack V3.1.6使用)

 

 

 言うまでもないことだが、この日のために準備と交信の練習を重ねてきた生徒たちの夢を壊さぬよう、静かなワッチを心掛けたい。ARISSスクールコンタクトの開催日は管轄の総合通信局がDEURAS、DEURAS-Mなどを使って電波監視を強化するのが通例だ。

 

 

 今回の逗子市立久木中学校のARISSスクールコンタクトには、地元の「逗子・葉山アマチュア無線クラブ(JA1YUU)」が協力している。同クラブによると、8N1ZHは「逗子市立久木(ひさぎ)中学校ARISSスクールコンタクト臨時局」として、12月25日から3月31日までの期間で許可されており、クラブメンバーなどがたくさんの場所からスクールコンタクト周知のためにオンエアーしているという。また本番当日は「コロナの影響で残念ながら一般の方に見に来ていただくことはできず、残念ながら入場は関係者のみになってしまいましたが、様子はリアルタイムでネット中継を行います。その後もいつでも閲覧できるようにいたします。よろしかったらご覧ください」と案内している。

 

 

 

●関連リンク:
・逗子市立久木中学校 ARISSスクールコンタクト特設ページ
・逗子市立久木中学校 ARISSスクールコンタクト ライブ配信(YouTube)
・逗子市立久木中学校 公式サイト
・Upcoming educational Contacts(ARISS.org)
・ARISSスクールコンタクト
・「きぼう」を見よう-国際宇宙ステーション(JAXA)

 

 

 

feed <特集は「2021年のアマチュア無線のゆくえ」>「ハムのラジオ」第420回放送をポッドキャストで公開 in link ニュース – hamlife.jp (2021/1/18 8:30:59)

「毎週、アマチュア無線を肴に、おかしく楽しく、そして深く、時には涙を、 時には役立つ話題をお送りしたいと思います。多彩なゲストをお迎えし、楽しく語って行きたいと思います。乞うご期待!」というハムのラジオ。2013年1月6日からインターネットでコンテンツの公開を行い、同年10月から2018年12月末までは茨城県水戸市の「FMぱるるん」で放送。2019年1月からは再びインターネット配信に戻っていたが、同年6月から毎週日曜日21時に千葉県成田市の「ラジオ成田」で地上波放送が再開した。さらに2020年4月からは毎週月曜日の13時から再放送も行われるようになった。

 

 

 2021年1月17日の第420回放送は「2021年のアマチュア無線のゆくえ」を特集。新型コロナウイルスの影響で世の中が大きく様変わりする中、2021年にアマチュア無線界はどうなるのかを考えてみるという内容で、アマチュア無線イベント、養成課程講習会の開講、DXペディションとコンテスト、社会貢献活動とアマチュア無線などを取り上げた。

 

 公開されたポッドキャスト音声は約47分。聴取は下記関連リンクから。Web上のほかiTunesかSticherのリンクからも聴くことができる。

 

 なお「ハムのラジオ」は、地上波としては千葉県成田市のラジオ成田で毎週日曜日の21時に放送されているが、2020年4月6日からは毎週月曜日の13時に前日の再放送も開始された。

 

 

 

●関連リンク: ハムのラジオ第420回の配信です

 

 

 

feed 2021-01-17 JCC111001 相模原市緑区城山湖移動 in link アマチュア無線局 JO1KVS (2021/1/18 0:12:59)

いつもの城山湖です。
昨日と打って変わってとても寒い城山湖でした。
車のホイップアンテナを7MHz用に取り替えて、アンテナ切替器でFT817につなぎ、PC等をセットしてFT8を運用しました。

夕方の運用でしたから、4,5,6,8エリアとの交信となりました。アンテナもwhipで打ち上げ角も合っていたと思います。

30分弱の運用でFT8で8交信出来ました。

交信ありがとうございました。

うちの車のHF用の基台は車内に引き込んだところでアンテナ切替器をつけていて、いつも5m程のケーブルをつないで置いてあります。
今回はこれを車内で利用しました。
この5mの範囲で屋外にテーブル、椅子を置いて運用することも出来ますし、車内でポータブル運用することも出来ます。

車載のモービル機でやればいいじゃないか、とお思いでしょう。車載機はIC-7000M。この無線機はエンジンOFFではあまり実用的ではなくて、昇圧していても厳しい。回り込みにもかなり弱めで、この車に付けてからはフルパワーで運用できたことがありません・・・。バッ直配線しているんですけどね。
少し古い無線機ゆえ、パソコンにつなぐのも大変です。本体は後ろ、パネルは前ですからパソコンは後ろの本体につなぎ・・・やはり配線が無理。FT8運用出来ません。というわけで別のリグを持ち込むわけです。
もしパワー出そうとすれば移動運用セットとして電源も込で持ち出せるようにしているIC-7100Mを出動することになるでしょう。

道志村で移動運用しようかな・・・いつもの厳道峠は通行止めで近づけません・・・。どこかいいところ無いかな・・・。

feed 抵抗計試作 in link jh4vaj (2021/1/17 23:31:55)
表示内容は以下の通り。 計測値 E24系列からの誤差(値) E24系列で最も近い値 E24系列からの誤差(%)
feed 1/17 in link さいたまUG100 簡易無線運用記 (2021/1/17 21:36:31)

昨日土曜日はA1C OAM 朝7:30くらいから聞いてましたが3エリアのKEY局の信号はなかなか上がらず、10:46にやっとゲットできました~

本日はSSさんの山岳RCが朝10時からあるというので9時過ぎに多摩湖畔に向かいGO!しかしなんと狭山公園の駐車場が緊急宣言の自粛で閉鎖!そういえば春もそうでした~で急遽狭山湖畔にGO!こちらは110円/時間の有料駐車場が使えて1.5時間ほど滞在しました~

 

(所沢市)

(CB)

しずおかAL330/八王子市(13日に続き感謝!本日JGさんは不在?)

ちばHT371/木更津港(日曜日の定期交信ですね~)

ちばKF728/木更津港(やはり毎週日曜日の定期交信~)

とうきょうE50/戸田市(本日は本拠地?)

とちぎ4862/足利市大岩山(87Rリポートサンクスです)

しぶや4989/所沢市狭山富士(今日一番の強力入感!当たり前か~)

 

CBL さいたまSI0534、ちばFL14各局様、SI0534さんは初めて交信できそうでしたがRS取れず~次回に期待!

 

今日のSR01 VS 87Rはとちぎ4862さんにリポートしてもらいました。 55/53 53/52 今日は受信もSR-01に軍配があがりました~4862さんの新リグ、707改とても力強い変調で羨ましかったです!

 

CB運用中に自転車で4989さんが狭山富士方面に向かう途中でショートEB、お声がけいただきました!

 

 

(特小)

とうきょうSS44/あきる野市麻生山(ミッションコンプリ―テッド!)

 

今日は温度も低く、湖畔という事もあって寒く、緊急事態宣言下

という事も考慮。人はほとんどいませんでしたが早めに撤退しました~

 

夜は6mAM RCアーリーチェックイン、KTWR受信&TWEETそして2mCW RCも無事チェックインできて今週はパーフェクト!夕方はJR6-4,6、夜は456-8エリアが開けていたようですね~

 

各局様、本日もありがとうございましたm(__)m
 

 

87R改、SR-01,DJ-P24L全部出して開店だあ~~

 

安定してます~

 

 

 

 

 

feed CB受信部の更なる多信号特性の改善-究極のCB受信部の構想 in link 真空管にゲルマトランジスタ、8mm映画にコダクローム-アナクロおやじのアナログブログ (2021/1/17 21:18:16)
自作CB1号機から3号機の総括に記したとおり、自作CB3号機ではJ310パラグランデッドゲートRF-DBMという構成のフロントエンドとしたことにより、3SK291 RF-DBMという構成の1号機、2号機と比較して強力な違法CBによる混変調が相当軽減された。 https://fujichrome.exblog.jp/31675884/ 3号機では送信部とアンテナマッチングの改良により、CQを出...
feed 10段の方が良い?(標高30mマンションの谷間)430MHz同軸コリニア in link ありがとうって伝えたくって (2021/1/17 19:58:44)

(今週のメモ)

今週は8段と新型10段、新型15段の比較テストをマンションの谷間で実施した

良かった順に書くと

新10段 > 新15段 > 旧8段となる

しかし新10段と新15段の比較は山岳テストを行わないと最終結果は出ない

今回の実験地は特殊な場所なので10段に有利であることは明白

それでもピンポイントで15段が強くなる

10段と15段の1/4の局で極端に入感状況が異なった、10段で聞こえるが15段で聞こえないまたは逆

総じて10段の方が聞こえる局が多かったので上記結果となった

標高の高い、見通しの場所(今回の場所は反射波が中心)では結果が変わるのか?次回確認だ

どちらにせよエレメント数の少ない(10エレ以下)ビームアンテナとの比較は時間の無駄なのでやめ

タイプの違うコリニア及び段数の違いでの差を追求する

feed 28MHz AM/SSB受信機の作り直し-キャリア発振基板とsi5351 VFOの改造と実働試験 in link 真空管にゲルマトランジスタ、8mm映画にコダクローム-アナクロおやじのアナログブログ (2021/1/17 20:14:59)
正月休みで組み立てた基板を、先週、シャーシに組み付け、組み立てが途中まで進んでいた28MHz AM/SSB受信機である。 https://fujichrome.exblog.jp/32097966/ 今週はキャリア発振基板の改造から作業を始めた。キャリア発振用水晶を7.9985MHz HC/49Uと換装し、10Kコイルを7MHz用に変更した。 基板は無事に発振し、周波数も合わせ込んだ。 次に...
feed デジタル小電力コミュニティ無線用アンテナの移設の移設です? in link さいたまBF19!フリーライセンスで楽しめる無線交信! (2021/1/17 19:29:00)
先日、32年振りのアンテナをリニューアルしましたが、タワーに作業台を設置した為デジタル小電力コミュニティ無線(LCR)用のアンテナを移設しました!
タワーの北東側に50cmずらしたのですが作業終了後.LCRがさいたまDF 68局から、少し弱くなったとのレポートをもらったので、本日、移設の移設作業をしました!



50cmずらしただけで、S2個だったのが、Sが振れなくなってしまう、微妙な受信状態です!

プロの工事屋さんが移設したので、がっつり移設されて、バラスのに手が掛かりました!作業台を設置したので、LCRのアンテナ位置をずらさなくては設置出来ないで移しました!
今まであった場所の場所に移設してみました!
作業台の上に設置してみましたので、作業台は網になっているので、1本しか無いラジアルが干渉しそうです!


なんとか移設出来ました!移設完了したので、さいたまDF68局にレポートをもらいます!
作業台がある所まで登れば、作業台の上での作業は大変楽ですね!

DCR用ラディックス社の12エレが見えています!



これで改善されれば、一安心になります!さいたまDF 68局からのレポート待ちです!あっと、今、ラインが来ました!前と同じになっているとのレポートが来ました!西側に付いていたので、なんとか今迄通りの受信で安心しました♪140MHz帯出ますが、ちょっとの設置位置変更でも、シグナルが変わってしまう、シビアな所もありましたね?




feed 2021/01/17ログ in link ヤマグチST702 (2021/1/18 3:43:25)
10:30-13:00
島田川河口へ向かいヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
市民ラジオ運用
岩手局入感するも
タイミング合わずにCBL…
急に浮上してきたのが沖縄局!
 
1203オキナワZA35局53/53
FB QSOありがとうございました!
寒風!爆風!腹減り!撤収!
/ローカル局/
CBヤマグチTS118局(赤松ヶ平)
CBヤマグチSV221局(佐倉海岸)
SV師匠は流石です!
次々とQSO^ ^
/EB/
ヤマグチFD402局
/CBL/
イワテCY16局
オキナワKC736局
ありがとうございました^ ^
 
一旦帰宅して腹ごしらえ。
Xさん。ありがとうございます。
ご馳走さまでした。
リビングでダラダラしながら
/固定DCR/
1320ヤマグチFS703局M5/M5(琴石山)
1435ヤマグチWM201局M5/M5(コバルト台地)
1440ヤマグチKS820局M5/M5(市内モービル )
ありがとうございました^ ^
 
15:30-16:50
再び島田川河口へヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
市民ラジオ運用。
相変わらずの寒風…
そして爆風…
SR-01のアンテナが吹っ飛ぶかと…
そして
キター✌︎('ω'✌︎ )
今日はコンディションの読みが上々です。
沖縄局と札幌局
キター(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
 
1540オキナワZA35局56/55(2回目)
1600サッポロMJ11局51/52
ヤマグチWM201局59/59
/EB/
ヤマグチTS118局
ヤマグチFD402局
 
/帰宅モービル DCR/
ヤマグチWM201局(市内モービル )
ヤマグチKT244局(市内モービル ) 

本日もありがとうございました^ ^
ではまた。73!!
feed 1月17日運用 in link みやざきAL101の落書き帳 (2021/1/17 18:06:00)
1月17日運用
早めのランチ運用宮崎市山崎一ッ葉海岸から
お昼まで運用しました。

11時過ぎに到着時にはキュルキュルうっすら
ホニャララもうっすらでした。
11時半近くになり005がざわつき始め
あわててCQどなたか応答頂き波打ち際まで移動
いわてCY16局と判明QSO頂きました。
QSO後もCY16局は安定して入感してました。
お昼近くになり005が又ざわつきCQ
あおもりCC39局から応答頂き今年初のQSOに
なりました。
その後暫く運用しましたが合法局入感無く時間切れにて撤収しました。

今日も有難うございました。
いわてCY16局5252
あおもりCC39局5151


feed 2021.01.17_週末ウォーキング in link はまっこラヂヲ通信・・・。(ヨコハマAA815・JN1GIH) (2021/1/17 18:00:34)
「あれ?カワセミちゃんいないじゃん・・・。」

明日からまたテレワークなので、今日も午前中からウォーキングに励みます。
昨日と同じ場所でカワセミちゃんチェック。
しかし見当たりません。まあ、いつもいるわけではないですし。仕方ありません。

帷子川を上流にテポテポ。
20分ほど歩いていると、青い物体を発見!「何か用?」
IMG_2861.jpg

途中で以前から気になっていた地元の人気パン屋さんで昼食を調達。
IMG_9079.jpg

待っていると次々とお客さんが来店します。お総菜パン中心のラインナップでしたね。
IMG_9078.jpg

そして今川公園に現着。ちょっと早いランチをウモウモ。
「かにグラタンサンド、うまっ!」
IMG_9080.jpg

CBはノイズが多くNG。DCRで何とか座間市の局長さんとQSO。
陽射しが無いので動かないと寒いです。
IMG_9082.jpg

その後、緑園都市のハードオフをチョビット偵察。懐かしの超合金発見!この2体、持っていましたよ。
IMG_9084.jpg

その後、こども自然公園へ。
歩いている途中で千倉真理さんのミスDJリクエストパレードで当局のリクエストが読まれて思わずガッツポーズ。(笑)

BCLの戸塚DXersサークルでお世話になっている かながわSC99局さんからCB機の変調レポートを頼まれていたので持ってきたRJ-410でワッチ。保土ヶ谷区たちばなの丘公園からの電波はがっつりM5で入感しています。
早速コールすると、応答なし。「??」
IMG_9086.jpg

なんとバッテリー切れでした。

仕方がないのでスマホで電話して一方的に送信してもらい電話で感想をお伝えしました。(笑)
その後DCRでCQCQ。4局さんとQSOして撤収となりました。
IMG_9094.jpg

今日は16km、21000歩でした。ヤレヤレ。
来週もCM頑張りま―す。

というわけで本日の運用結果です。

運用地:横浜市旭区今川公園移動 DPR-6(5W)、SRH-350DH
【DCR】 かながわKI330局 M5/51 座間市固定

運用地:横浜市旭区こども自然公園桜山移動 DPR-6(5W)、SRH-350DH
【DCR】 よこはまSW32局 2本M5/57 旭区今宿固定
【DCR】 かながわKI330局 M5/53 座間市固定
【DCR】 かごしまGL90/1局 M5/51 綾瀬市自宅前
【DCR】 ちばBB126局 M5/M5 千葉県市原市よねざわの森移動

運用地:横浜市旭区固定 DPR-6(5W)、7mH AZ-350R
【DCR】 かながわNT119局 1本M5/M5 川崎市麻生区固定

各局さん、本日もQSOありがとうございました。
feed Hremes Light 2 SDR - 5, MultiPSKとのリンク in link 7L4IOU (2021/1/17 17:03:20)

すっかりHL2にハマって仕舞いました。

気になっていたのがこのメニューです。

SparkSDRのノートによると、iqデータを複数のMultipskへ直接送信送れるようです。

http://www.ihopper.org/radio/SparkSDR.avalonia-help.html


そう言えば、この2~3年はほとんどMultipskに触っていません。

まずは、最新版をインストールしました。

http://f6cte.free.fr/index_anglais.htm

ありったけのモードを並べたようなメニューが妙に懐かしく感じられます。hi

しばらく見ないうちに、ずいぶんたくさんのモードや機能も追加されたようです。

この多機能なソフトが、Delphi 6の無償パーソナル版で書かれていることにも驚かされます。

「弘法筆を選ばず」と言うのは本当なのですね。

さて、道具を広げてみたものの、使い方がさっぱり分かりません。

アダコダ(ああだこうだの秋田弁です)1~2時間もチョシマワシテたら、やっと動きました。

ところが、肝心のRTTYやPSKの信号が見当たりません。

しょうがないので、ダミーロードからのお漏らしを拾ってみました。


それにしても、面白いことを考えるものですね!




feed ラッピングテントで焼肉 in link 元気なクマの日曜日 (2021/1/17 13:43:24)
昨日の怪我。

1日たっても治らず。

これはどうも肉離れのようです。

なので痛みが無くなるまで走れない…
feed 2021/01/16ログ in link ヤマグチST702 (2021/1/17 19:54:21)
午前中の市民ラジオ運用は
撃沈…。
山口県光市島田川河口→山口ひかりデジコミGW
eQSOで FB QSO^_^
[eQSO]
1050ツクバCB400局(茨城常総デジコミGW)
1055ヤマグチSV221局(周南秋月特小GW)
1100ツチウラHT44局(茨城県桜川市富谷山→茨城常総デジコミGW)
ありがとうございました!!
DCR固定ではローカル局さんとFB QSO。
ありがとうございました^ ^
[DCR]
0800ヤマグチRK609局M5/55(下松市固定)
1800ヤマグチTK926局M5/M5(光市固定)
1830ヤマグチFS703局M5/M5(光市固定)
1930ヤマグチWM201局M5/M5(光市モービル)
1944ヤマグチTN420局M5/59(岩国市高照寺山)
 
[EB]
ヤマグチSV221局
 
ひかりロールコールにも無事にチェックイン
本日もFBな一日でした^_^
feed 【1月17日に更新】アマチュア無線業務日誌ソフト「Turbo HAMLOG Ver5.32」の追加・修正ファイル(テスト版)を公開 in link ニュース – hamlife.jp (2021/1/17 12:20:07)

アマチュア無線業務日誌の定番ソフト(フリーウェア)として、多くの無線家に愛用されている「Turbo HAMLOG(通称「ハムログ」)」。そのWindows版が2021年1月9日に「Ver5.32」としてバージョンアップ(「WSJT-X~ALL.TXTを表示」などの細かな改修)したが( 2020年1月9日記事 )、今回「その後の進捗状況」として、8日後の1月17日に「追加・修正ファイル(テスト版)」が公開(更新)された。

 

 

1月9日に公開されたTurbo HAMLOG Ver.5.32

 

 JG1MOU・浜田氏が制作している「ハムログ」はフリーソフトであることはもちろん、直感的な操作性などで愛好者も多い。そのWindows版が2021年1月9日に「Ver5.32」としてバージョンアップしたが、今回「その後の進捗状況」として、1月17日に「追加・修正ファイル(テスト版)」が公開(更新)された。

 

 

 

 今回更新された内容は以下のとおり(同Webサイトから)。

 

 

 

その後の進捗状況(2021/1/17の更新内容)

 

 

※解凍したファイルHamlogw.exeを右クリックし、プロパティでブロックの解除を実行しなければうまく動作しない場合があります。テスト版につき、処理方法がよく解らない方は無理に使用しないでください。

 

・ALL.TXT表示の選択セルに色を付けるでは、色を付けるセルをUTC,dB/DT/Freqのセルに変えました。

 

 

 

↓この記事もチェック!

 

<「WSJT-X~ALL.TXTを表示」などの細かな改修>アマチュア無線業務日誌ソフト「Turbo HAMLOG(ハムログ)」が1月9日にバージョンアップしVer5.32を公開

 

 

 

 

 

 

●関連リンク:
・Turbo HAMLOG/Win Ver5.32
・Turbo HAMLOGホームページ

 

 

 

feed IC-706MKⅡG 電源が入らない in link Ham Radio 修理日記 (2021/1/17 12:16:35)

IC-706MKⅡG 電源が入りません。

 

 

PLLユニットにあるREG出力が無いのが原因です、

このゴムに水分がたまり、パターンを腐食させます。

 

 

パターンが無いのが分かりますか?

 

 

パターン以外にスルーホールも断線、の為、手直し

 

 

出力は出る様になりましたが、1V…?

入力電圧に12Vあるはずが5V位をふらついています。

 

 

ヒューズを通った12Vが4.7Ωとチョークを通って供給されますが、

この抵抗が数百オームありました、交換。

 

 

各部再調整

 

 

IF感度再調整

 

 

交換部品

 

 

完了です

 

feed 2021年はSFを読む年にしようかな in link Tune-in (2021/1/17 10:18:14)
50歳になるまで、ビジネス書以外、あまり読書していなかった反省から、以降毎年、年間50冊(平均1週間に1冊)以上を目標に設定しています。
今年はどうなるか分かりませんが、SFを中心に読んでみたいという今の心境です。新型コロナの影響で、先が見通せないことで現実逃避のSFを選ばせているのかもしれないです。
特にSFのファンという訳ではありませんので、再読を含めて名著を読みたいので、入門者向けのお勧め本のサイトから選んでいくつもりです。
新年のスタートは手元にあったジェイムズ・P・ホーガンの「星を継ぐもの」(再読)を手に取りました。
月面で発見された真紅の宇宙服をまとった死体は、まったく地球の人類と同じであったが、人類が誕生する以前の5万年前に死んでいたものと判った。これってどういうこと?? 謎解きが始まります。
続編の「ガニメデの優しい巨人」「巨人たちの星」は以前図書館で借りて読みましたが、今回はアマゾンから文庫本を手配しました。Kindleにするか迷いましたが、この名著は紙の本で欲しいと感じました。
にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村   にほんブログ村
星を継ぐもの (創元SF文庫)
ジェイムズ・P・ホーガン東京創元社  ガニメデの優しい巨人 (創元SF文庫)
ジェイムズ・P・ホーガン東京創元社  巨人たちの星 (創元SF文庫)
ジェイムズ・P・ホーガン東京創元社 
feed やれば出来る? in link ぐんまBM1/JO1BCFの雑記帳 (2021/1/17 9:50:00)
2021年は昨年に比べてブログアップがかなりのハイペース
feed IC-9700ユーザー多数愛用の「超高精度10MHz基準信号発振器」頒布情報に注目集まる--1月10日(日)~1月16日(土)まで先週の記事アクセスランキングTop10 in link ニュース – hamlife.jp (2021/1/17 9:30:35)

先週のアクセスランキングで1位となったのは、IC-9700ユーザーなど多数が愛用しているという、「超高精度10MHz基準信号発振器」頒布に関する情報だった。デジタルモード「FT8」の普及とともに、430MHz帯や1200MHz帯でもその信号をよく聞くようになったが、無線機の電源投入直後や急激な温度変化が生じた場合などに周波数が若干変動し、交信に支障をきたすケースが見られる。そんな事態を避けるために役立つ周波数安定アイテムとして、「超高精度10MHz基準信号発振器」の完成基板を開発者のJA4BUA 桒原(くわはら)氏が送料込み6,500円で頒布しているニュースに注目が集まった。

 

 

「情報通信技術コンサルタント ICT-Kuwa」の桒原氏が頒布している「超高精度10MHz基準信号発振器」完成基板(ICT-KuwaのWebサイトより)

 

 

 続く2位と3位は、1月19日に発売されるアマチュア無線誌に関する情報だ。2位は「<特集は『アンテナ・チューナ活用ガイド』、別冊付録は『南極越冬記 南極の空』>CQ出版社が月刊誌「CQ ham radio」2021年2月号を刊行」で、3位は『<特集充実のシャック構築ノウハウ』>電波社、『HAM world(ハムワールド)』2021年3月号を1月19日(火)に刊行」。2誌とも今号も盛りだくさんな内容となっている。

 

 

「CQ ham radio」2021年2月号の表紙(左)と別冊付録「南極越冬記 南極の空」

「HAM world 2021年3月号」の表紙

 

 4位は、毎年この時期恒例! 「総務省無線局等情報検索」のデータを用いて、国内におけるアマチュア個人局のコールサインの数でみたプリフィックスごとの免許局数の多さを調査した結果をまとめたブログ記事の紹介だ。これは日本におけるコールサイン研究の第一人者、JJ1WTL・本林良太氏が、2021年1月6日時点の「総務省無線局等情報検索」のデータから導き出したもので、その結果を同氏は「雑魚プリフィクスランキング 2020年末」と命名し、1月12日に自身のブログで公表。1位は昨年と変わらず「JJ1」で、2位以降は「JP7」「JP3」「JI1」…と続く。一方、「7J5」「7J7」「7J9」プリフィックスは消滅(本人が再開局すれば元のコールサインが復活できる)。「7K1」~「7N3」が減少傾向にあり、最少なのは「7L3」で759局(生存率4.7%)と紹介している。

 

 

JJ1WTL・本林氏が作成した「雑魚プリフィクスランキング」(CICから一部抜粋)

 

 

 

※タイトルをクリックすると該当記事にジャンプします。

 

 

1)<IC-9700ユーザーなど多数が愛用>「超高精度10MHz基準信号発振器」の完成基板を6,500円(送料込み)で頒布中

 

2)<特集は「アンテナ・チューナ活用ガイド」、別冊付録は「南極越冬記 南極の空」>CQ出版社が月刊誌「CQ ham radio」2021年2月号を刊行

 

3)<特集「充実のシャック構築ノウハウ」>電波社、「HAM world(ハムワールド)」2021年3月号を1月19日(火)に刊行

 

4)<再割当ての関係で1位は2年連続で「JJ1」>貴局の希少価値は!? 国内個人局の「雑魚プリフィックスランキング 2020末」発表

 

5)<IC-705/IC-7300/IC-9700が対象>アイコム、FT8の簡単設定などを実現する新ファームウェアを順次公開

 

6)<第四級アマチュア無線技士に対して>沖縄総合通信事務所、免許を受けずに簡易無線局を開設した宮古島の男性を48日間の行政処分

 

7)<復旧のめどは不明、代替生産を準備中>旭化成、「半導体製造工場の火災事故および製品供給の状況について」を報告

 

8)<ARISSスクールコンタクト>国際宇宙ステーション(ISS)の宇宙飛行士、1月13日(水)19時38分から滋賀学園中学校の生徒たち(8N3SG)と交信

 

●「「ARISSスクールコンタクトin滋賀学園」編集版(YouTube)
↓画像をクリックすると動画がスタートします。

 

 

9)<「WSJT-X~ALL.TXTを表示」などの細かな改修>アマチュア無線業務日誌ソフト「Turbo HAMLOG(ハムログ)」が1月9日にバージョンアップしVer5.32を公開

 

10)<総務省の最新データベース>無線局等情報検索(1月11日時点)、アマチュア局は年末年始を挟んだ2週間で300局(約21局/日)減少し「389,043局」

 

 

 

feed 西無線研究所 NTS111A改造 in link JK4HNN/とっとりLC575のブログ (2021/1/17 5:49:00)
昨年購入した 西無線研究所 のCB無線機 NTS111 です。
P1172956.jpg

非常にコンパクトでメインで使っています。音声がきれいに聞こえる機種なのだそうですが、ノイズや混信をかいくぐって遠距離通信をするためには、もう少しドスが効いて太い声で飛ぶようにした方が有利です。 NTS111 の変調を深くした改造版の  NTS111A が発売され、初期型も改造してもらえることになったので、メーカーに本体とマイクを送って改造してもらいました。料金は12,000円でした。もちろん新スプリアス対応です。
P1172961.jpg

CB無線機は出力500mWに決まっていますが、機種によって飛びが違います。アンテナが長いほど有利で、本体が大きいほど基板のアース面積が広いので飛びが良いです。ケースが樹脂のものより金属の方がアースが効いて有利です。もう一つ重要なのが変調の深さです。AM方式(振幅変調)といってマイクからの音声信号の振幅と搬送波の振幅を合成した信号をアンテナから送信します。マイクからの信号を大きくしすぎると声が歪んで聞き取りにくくなりますが、小さすぎると声がおとなしすぎて聞き取りにくくなります。

春のEスポシーズンには早速試してみたいと思います。

ではまた

にほんブログ村 その他趣味ブログ CB無線・パーソナル無線へ
にほんブログ村
feed 城山湖でFT8移動運用 in link アマチュア無線局 JO1KVS (2021/1/17 0:53:38)

このご時世に、いや、だからこそ、一人屋外で無線運用です。

今回は、道中ゲットしたお弁当を運転席でいただきました。

そして、しばらくは430MHz帯のFMでハムってパーティーの交信を数局。

続いて外に出てアンテナとFT8セットをセッティング。

またまたこのミニDP+FT817での運用です。
ソフトはJTDXとJTlinkerとハムログの3段構え。
インターフェースはUSBIF4CW gen3 今回はリグから離してみました。USBケーブルはフェライト入りに変えました。それとアイソレーターも入れています。

最初に50MHz帯で出てみました。
6交信出来ました。
埼玉県所沢市、東京都西多摩郡瑞穂町、千葉県鴨川市、栃木県小山市、東京都文京区、東京都杉並区
パソコンへの回り込みも無く、無事運用できました。

続いて7MHz帯、日本全国20交信出来ました。
福島県いわき市、三重県四日市市、鳥取県鳥取市、札幌市厚別区、岩手県奥州市、大阪府枚方市、愛知県豊川市、愛知県清須市、和歌山県東牟婁郡、岡山市東区、大阪府岸和田市、徳島県板野郡藍住町、山口県山口市、大阪市阿倍野区、岡山県津山市、香川県丸亀市、ほか不明数局。
立派な成果だと思います。

7MHzのほうは回り込みが相変わらず発生。送信中にパッド操作をしようものならもうパソコンは使えなくなり、送信中止のBSキーを押して、蓋を閉め、また開けてスリープからの復帰をしなければなりません。このため何度か応答出来ずに手間取ってしまい、相手の方にはご迷惑をおかけしました。すみません・・・。

交信直後に 移動地とQRPの旨の電文を送りたくても、サッと出せずに苦労しています。送信中には触れないパソコンなので。
自宅シャックではそんなことは無いのですが・・・。

もう少しSWRを追い込んだほうが良いかも知れません。というのもこれだけ短縮率が高いアンテナだからなのか、アンテナアナライザーが示したSWR最下点とFT817が示す最下点の位置が数十KHz違うからです。リグ本体の筐体が影響している感じです。
今日はFT8運用中は気が付かなかったのですが、その後SSBで運用したときに、あれ?SWR低いはずなのに高いなぁ、じゃあどこで落ちているんだろうと探ったら100kHzくらいずれていたのです。もしかしてFT8もSWR高かったのかも知れない・・・と。
明日はまた、アナライザーだけでなくFT817の表示で最下点に合わせて見ようと思います。それでもなお回り込むなら仕方ないという感じでしょうか。

今日もたくさん交信していただいてありがとうございました。

先日購入したポータブル電源、FT817につないでみました。
ノイズ無しで12.6V供給してくれました。

リグとアンテナ撤収後、おでんを温めていただきました。

feed 第23回 広島湾特小ロールコール延期のお知らせ in link ひろしまHK227/JO4FOC (2021/1/17 0:00:00)

【特小RC開催延期のお知らせ】
広島県で今回、新型コロナウイルスの集中対策期間が再延期されたこと等を考慮し、
1月17日に開催を予定しておりました第23回広島湾特小ロールコールは
来月以降に延期とさせていただきたいと思います。
次回開催予定については、後日改めておしらせ致します。

※キー局担当:かまがりAA793局のTwitter投稿より転載

feed 第271回 広島湾ロールコール 結果 in link ひろしまHK227/JO4FOC (2021/1/16 23:59:59)


2021年(令和3年)1月16日(土)22時~ 天候:良
第271回 キー局:ひろしまBW48(廿日市市) 
《デジタル簡易無線の部》
ひろしまTR430 M5/M5 (58) 江田島市 小用港
ひろしまPM64  M5/M5 (51▲) 三原市 宇根山
ヤマグチHL170 M5/M5 (51) 山口県岩国市
ヒロシマGT510 M5/M5 (55) 南区 黄金山
ひろしまHK227 M5/59+ (-) 熊野町
かまがりAA793 M5/M5 (59+) 呉市
ひろしまKS55  M5/M5 (59+) 熊野町
ひろしまMP361 M5/M5 (59+) 呉市
ふくやまTM486 M5/M5 (×) 福山市 熊ヶ峰

以上 9局
※ 各局コールサイン後にあるカッコ内のRSレポートまたは各種記号は
  当局(熊野町)での入感状況を参考情報として記載しております。
  S値(信号強度)は、アルインコDR-DPM60でのSメーター表示値

2021年1月17日(日)開催予定の
広島湾特小ロールコールは
来月以降に延期となりました

事情ご賢察のうえ、何卒ご了承くださいますよう
お願い申し上げます。

1年くらい前にも、同じようなこと書き込んだよね。
やれやれ。いつまで続くんだ、こんな面倒くせぇ世界。
潔癖症どもが喜び、PCR検査の業者が大儲けするだけ。
さっさとワクチン打って収束したことにしようや…
会社や店が次々と潰れていくぜ。やってらんねーよ…

広島湾特小レピーター状況 2021/01/16現在
第1 ○ 運用中  L13-08 / 中継22-08
第2 ○ 運用中  L12-08 / 中継21-08
※第1 アマRPT439.30MHzからの抑圧影響あり 要確認
※第2 太陽光・充電池稼働のため悪天候時の電力不足による停止あり
※両レピーター共「ピ・ピ・プー」のアラーム音が鳴りません。
 トーンの有無、ハングアップタイムの有無で、当該RPTであることをご判断ください。
※同chトーン無しで反応する業務用RPTを確認したら使用は控えてご報告ください

★ イベント情報 ★
広島湾特小ロールコール
11月22日(日) 12月20日(日) 終了
1月17日(日) ※延期
2月21日(日) 3月21日(日) 4月18日(日)
キー局募集中!
2エリアでのUHF-CBオンエアミーティング、ならびに
近隣エリアでの特小イベントに協賛して同日に開催しています。

次回 第272回 広島湾ロールコール
1月23日(土)22時より
キー局:ひろしまHK227(予定)にて開催予定
★キー局をやってみたい方 いつでも募集中!★
各局様ありがとうございました。
またよろしくお願いします!

feed 1月前半の無線運用 in link シズオカAB635/JG2PLRの無線室 (2021/1/16 23:52:11)


あっという間に正月休みが終わってしまいましたね。

特に今年度の冬期休暇は、カレンダーの関係で従来よりも2日少なかったため、短い印象でした。正直もっと長く正月休みの気分を浸っていたかったです。

コロナウィルスの影響が更に悪い方向にならない事を祈りながら次のゴールデンウィーク到来を楽しみに生活していきたいと思います。

元旦以後の無線運用の記録をまとめてアップします。



■1月3日の運用記録



富士山静岡空港内にて期間限定で販売中のキャラクターグッズの販売期限が3日のため、確保しに行ってきました。

買い物を無事に終えたのと正月に粟ケ岳でEs交信ができなかったリベンジを果たすため、空港隣接の公園駐車場にクルマを駐車して空港の無線交信の受信を楽しみながら市民ラジオの受信待機を行いました。うっすらと2局ほど沖縄局が聞こえたのですが、とても交信が出来るレベルに達していない事から交信は見合わせました。



アンテナをたくさん立てて3時間粘りましたが、Es交信はダメでした。





運用地:東名高速 浜松IC付近移動

1115 ハママツKM625局/浜松市南区 DCR 26ch M5/M5



運用地:静岡空港隣の公園

1235 イズNM167局/滝知山 DCR 17ch M5/51

CBL オキナワAK130局 市民ラジオ 6ch 41

CBL オキナワOS404局 市民ラジオ 8ch 41



■1月5日の運用記録



3日もES交信が出来なかった事から、諦めきれず5日の午後に年末の合同運用に使った防潮堤にクルマを駐車して市民ラジオの受信待機を行いました。



15:00頃から国分寺のEsの臨界周波数が上がってきており良さげな雰囲気でした。





案の定、北海道局と沖縄局の声がはっきり聞こえるレベルになりました。しかし、何度呼べど自分の声は届かず、この日も不本意ながら撃沈となりました。





運用地:浜松市西区篠原町/防潮堤

1345 ハママツKM625局/浜松市南区 DCR 17ch M5/53

1352 ハママツBM430局/浜松市内 DCR 17ch M5/57

CBL クシロG73局 市民ラジオ 8ch 51

CBL オキナワYC228局 市民ラジオ 8ch 51



■1月10日の運用記録



ハママツHA619局の呼びかけで新春合同運用会として浜松市北区の丸山緑地公園に5局集合しました。この日は、ちょうどアイチPC802局主催による三河湾ロールコールが愛知県の三ヶ根山から行われる事から各局でチェックインに挑戦しました。



丸山緑地公園から三ヶ根山までの距離は、直線で53.3kmです。





奥側ではシマダRO195局が5エレでスタックの八木にて144MHzでアマチュア無線の運用。手前では3エレ八木でDCR運用です。





次は展望台に上って市民ラジオによるチェックインです。キーは、とよはしAY219局です。レポート52/53でチェックインできました。





展望台の上空に高圧線が通っているためICB-87RやRJ-410では盛大にノイズを拾うのですが、この昭和46年製の100mW機のRJ-28は、受信感度に劣る点が無いばかりかノイズを全く拾いません。NTS115並みのノイズキャンセラーが機能している事に驚きました。





昨年にフリマで800円で買った2.4GHzの玩具のトランシーバーの飛距離をテストしてみました。はたしてパッケージに記載の80mを超えられるか?

結果は、ほぼ80mと公称値の通りでした。





ハママツHA619局は、お行儀よく正座でアマチュア無線で7MHzのQRP運用を行われておりました。(笑)





Esの発生がありませんでしたため、Es交信はおあずけです。



運用地:浜松市東区移動

0920 ハママツHM21局/富幕山 DCR 12ch M5/59



運用地:浜松市北区丸山緑地公園

1134 アイチPC802局/三ヶ根山 DCR 28ch M5/55

1148 とよはしAY219局/三ヶ根山 市民ラジオ 8ch 52/53

第11回三河湾ロールコールチェックインリスト



アイボール

シマダRO195局 59/59

ハママツHA619局 59/59

ハママツLM625局 59/59

ハママツCB325局 59/59

ハママツHM21局 59/59



各局 交信お疲れ様でした!



当方が使用するブログシステムは記述した文面の検索機能が有ります。

交信記録は、WEBログ帳の代用としていますので、過去の交信履歴の検索に利用可能です。





QSLカード交換フォーム


隠匿したIPアドレスから投稿されたコメントは削除します。
feed 2021.01.16_久しぶりのDCR運用 in link はまっこラヂヲ通信・・・。(ヨコハマAA815・JN1GIH) (2021/1/16 21:39:57)
「久しぶりにDCR運用すると初めての局長さんが多くて楽しいなあ~。」

緊急事態宣言でテレワーク中心となり、この2日家にこもりっきり。夕方ウォーキングしたくても仕事が定時に終わらずタイミングを逃してしまう始末。
そんなわけで週末はしっかり歩こうと奥さんと共に鶴ヶ峰から横浜を目指しました。
ウォーキング中はVX-3をポケットに忍ばせラジオと430MHzを同時受信で楽しみます。
210116_03.jpg

途中の帷子川では久しぶりにカワセミちゃんにご挨拶。「小魚いないかなあ~。」
210116_04.jpg

横浜駅には行かず少し離れた場所のイタ飯やさんでランチ。
210116_05.jpg

210116_02.jpg

あれこれ歩いて15kmほど。
帰宅したら夕食までは時間があるので無線運用。

久しぶりにDCRでCQを出してみました。

16:30から90分で絶えることなく11局さんとQSO。
最近はBCLロールコールなど430MHzFM運用が多くDCRはご無沙汰していましたが、初めて聞くコールの局長さんが多く嬉しくなってしまいます。
210116_01.jpg

ラストはBCLでお世話になっている よこはまHN510局さんと久しぶりに繋がりBCLの近況報告などを。
移動運用が難しい週末はやっぱり固定でのんびり運用ですかね。

というわけで本日の運用結果です。

運用地:横浜市旭区固定 DPR-6(5W)、7mH AZ-350R

【DCR】 なごやAB449/1局 2本M5/M5 相模原市緑区城山湖移動
【DCR】 かながわNT119局 1本M5/3本M5 川崎市麻生区固定
【DCR】 かながわHK25局 1本M5/57 平塚市固定
【DCR】 やまなしYT127/1局 M5/52 河口湖畔移動
【DCR】 さいたまEP227局 2本M5/59 埼玉県比企郡ときがわ町堂平山移動
【DCR】 よこはまピカチュー局 M4/M4 東京都八王子市移動
【DCR】 ちばAZ470局 M5/58 千葉市美浜区固定
【DCR】 よこはまAA630局 M5/M5 瀬谷区固定
【DCR】 かながわYA234局 M5/53 茅ケ崎市固定
【DCR】 せたがやNA103局 M5/59 東京都世田谷区固定
【DCR】 よこはまHN510局 M5/M5 緑区長津田固定

各局さん、本日もQSOありがとうございました。
feed 春節に伴う中国の基板屋さんの休暇情報 in link jh4vaj (2021/1/16 19:16:30)
Fusion PCB PCBGOGO サイトのヘッダ部に掲示。 PCBWay こちらもサイトのヘッダ部に掲示。 和訳(DeepL) 休業日のお知らせ: 2月6日~2月18日は中国の祝日のため、お休みをいただくことが予想さ...
feed Hremes Light 2 SDR - 4, VE3KCL高高度バルーン in link 7L4IOU (2021/1/16 17:41:59)

昨日HL2にインストールしたSparkSDR、明け方から3.5,7,14,21の4バンドのWSPR受信にセットしてみました。

17時前に覗いて見ると・・・

不漁ですね

7メガが一番多くて177、14が150、3.5が68、21がたったの2つでした。

全体に少なく、特に21は強い局だけしか拾えなかったようです。

設定ミスでしょうか?

設定ミスと云えば、4バンドしかセットできなかった理由もよく分かりません。

14を見ると・・・・

久しぶりのVE3KCLです

お日様が当たった数回だけ発射したのでしょうか?

昨年の暮れにトロントから放流されたようです。

テレメトリーも受信しているので後で解読して見ましょうかね。


feed 本日のQSOLCR in link 俺の空 みんなの空 電波の空 (2021/1/16 16:26:23)
固定より
ふくおかおC68局さん、大宮区15K/53/53FBQSO本年も宜しくどうぞ
feed AIRSPY HF+ Discovery 使用開始 SDR# in link Tune-in (2021/1/16 15:56:36)
昨年11月末のBlack FridayのセールでAORから購入したAIRSPY HF+DiscoveryとYouloopアンテナをようやくつないで動かしてみました。ソフトウェアはSDR#という機器標準のものです。これらは要はラジオです。写真は1008KHzのABCラジオ(朝日放送)を受信している状況です。とりあえず受信できることは確認できました。
短波ラジオは中華製ポータブルラジオ(R-108、DE1103)を使っていましたが、周波数合わせはSDRの方がよさそうですし、受信感度などの性能もSDRの方が優れているのかもしれませんが、これから体感していきたいと思います。
Youloopアンテナはカーテンレールに掛けている屋内なので、外に出した方が良いのでしょうが、窓サッシを通す処置を何らか考えないといけませんね。 にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村   にほんブログ村
World Radio TV Handbook 2021 : The Directory of Global Broadcasting: The World's Most Comprehensi...
Editors, WRTHWRTH Publications Ltd 
feed 最近の351MHZで使われてるデーター波 in link 俺の空 みんなの空 電波の空 (2021/1/16 15:49:22)
最近のデーター波の動向
毎時ビコービコーって!
20chフルスケール
25chはうっすら、多分ユンボかクレーンか向きが違うだけだろう。。
26ch58
27ch26のかぶり52
28ch30chのかぶり51
30chフルスケール

どうみても、12.5kステップ感覚
かぶるのもっと悪いし、独占使用もっと悪い!

これは最悪だ!コロナより質が悪い!

電波利用料払ってるのに~、何故こんな電波でチャンネルが使えなくなるんだ!

業務周波数でやってほしいね・・・こういうのは
一般簡易でやることじゃないやん

いまでも特小使用してるとこもあるがさ、デジタル周波数でやんなや!といいたい!

各メーカーもデーター用無線機出してるみたいだけど。。。なんかの策略?

これじゃ、通話として使いものにならん!
〇土庁だけっけ。。。。なんだけっけ~
データーでチャンネル独占すな~!




feed FT-817 PCインターフェース in link QRPな自作の日記                  (2021/1/16 14:18:47)
IMG_3412.JPG

最近は、FT-8等デジタルモードでの運用が人気のようです。QRPでもDXとのQSOができるのも魅力の一つではないかと思います。
最近のリグにはUSBケーブル1本の接続で運用が可能となるインターフェースがついていますし、ICOMさんは、自動で設定を行うファームとアプリを出すと発表されたようです。
残念ながら往年の名器であるFT-817系は設計が古くそのようなインターフェースは装備されていません。
その昔にインターフェースを作って使ったりしていたのですが、最近のリグのようにケーブル1本というわけにはいかず、PCとインターフェースでUSBケーブル2本、インターフェースとリグもまた2本(CWも含めると3本)のケーブルが必要となり、せっかく小型でスマートなリグの特徴が活かせない接続となっていました。
過去からこの手のインターフェースは何度となく作っていたのですが、今回、FT-817の背面にドッキングして、PCとはUSBケーブル1本の接続でデジタルモードの運用が可能なインターフェースができましたので紹介したいと思います。

今回の原型になったものは、2016年に作っていたようです。

IMG_1023.JPG

http://blog.toshnet.com/article/177571699.html

これ以前にも、PSK31用にPCのRS-232C端子に接続するインターフェースを作っていたのですが、資料が残っていませんでした。

次に検討を開始したのが、2018年末でした。 3Dプリンタを導入し色々遊んでいた様子が見て取れます。

http://blog.toshnet.com/article/185379888.html

いかにFT-817にスマートにインターフェースを纏めるかという思想でやっていたようですが、基本構造は変わっていません。
2019年3月には、基板を起こして、ケースは3Dプリンタで作って、というところまで進んでいました。
FT-817の背面のミニDINもそのままケーブルを作ると奥にかさばるので、専用基板を作って後ろの接続もすっきりさせました。

jn3xby-2019-03-24T17_43_09-2-thumbnail2.jpg     jn3xby-2019-04-06T13_13_28-4-thumbnail2.jpg

http://blog.toshnet.com/article/185759663.html
http://blog.toshnet.com/article/185821496.html

この状態で、ローカルさんに評価をいただいたら、あっさりとUSBケーブルを2本もつなぐのはどうかと!できればHUBを積んでUSBケーブル1本にしたらどうかと!逆提案を受けてしまいました。
当時HUBをどのように構成したらいいのかも知らなかったので、そこでストップ、またしてもお蔵入りしてしまっていました。
しかし、全く放置していたわけではなくHUB用のICにどんなものがあるかを調べたりはしていました。
たまたま、aitendoさんで安価なHUB用IC(ただし表面実装)を見つけたので一応購入はしておきました。

やっと、本題です。
昨年の暮れ(2020年12月)に急に思い立って、前に起こしたミニDIN用の基板とHUB用のIC、シリアルインターフェース用のIC、USBサウンドスティック用の基板のみを組み合わせて、FT-817の背面に直接ドッキングできるインターフェースができるのではないかと、検討を始め蛇の目基板で作ってみました。
そして出来上がったのが次の写真です。

IMG_3309.JPG     IMG_3303.JPG

以前のインターフェースとの比較です。

IMG_3307.JPG

FT-817にドッキングした状態が次の写真です。

IMG_3304.JPG     IMG_3305.JPG

この状態で実用になるのか、しばらく実運用に使ってみました。結果は特に問題はなさそうで、この状態でツイッターに投稿したら、想定以上の反響があり、当局自身が驚いてしまいました。
一台きりならこのまま使っていればいいわけですが、空中配線的なところもありずっと使ってゆくために、基板化しようと年末に基板設計をして発注しました。年末年始をまたぐので時間がかかるだろうと思っていましたが、意外と早く基板が出来上がり、組み上げるとともにケースも設計して3Dプリンタで作ってみました。

IMG_3371.JPG     IMG_3372.JPG

IMG_3369.JPG     IMG_3375.JPG

リグとの接続は、ミニDIN、ミニジャックだけではなく、アース端子を活用したネジでのとも締めをしているため比較的しっかりとドッキングできています。
基板の裏側がむき出しですが、リグの背面に隠れるところなのでご愛敬でしょう!

動作するソフトも、WSJT-X、JTDX、DigitalSoundCW、CWGet/Typeなど一応動作が確認できましたし、ずっと使っていけそうなものが出来上がったと喜んでいます。
厳しいコメントとご指南をいただいたローカルさんにもきっと気に入ってもらえるだろうと思っております。逆にここまでに仕上げることができたことを感謝いたしております。

この状態での評価をOMさんにお願いしてやっていただきましたが、WSJT-Xの最新バージョン(2.2.2)では動作しなくて焦りました。
これは最新バージョンでのFT-817制御が動かなくなっているという既知問題で、リグ設定をFT-857にすると動くということが判明しました。
但し、当局の環境ではバージョン2.1.2では問題ないのに、2.2.2にするとパワーが出ないという問題にも遭遇しました。FT-817のDIGI MICのレベルを上げても最大パワーになりませんでした。
これは、PCを変えると全く問題が起きませんでした。PCとソフトとの相性があるようですが、これは原因がわかっていません。
そういう意味では、すべての環境で万能ではなさそうですが、そこそこ使えるものには仕上がったと思っております。

  
feed <新年アイボールパーティー代替イベント>JARL神奈川県支部、1月17日(日)0時から24時間「第1回 神奈川ニューイヤーQRVデー」開催 in link ニュース – hamlife.jp (2021/1/16 10:30:22)

JARL神奈川県支部は、新型コロナウイルス感染症拡大と同県を含む11都府県に再発令された緊急事態宣言を踏まえ、毎年恒例の「新年アイボールパーティー」の中止を決定した。その代替イベントとして1月17日(日)0時から23時59分にわたり、アマチュア局とSWLを対象に「第1回 神奈川ニューイヤーQRVデー」を全アマチュア無線バンドで開催する。書類を提出した参加者の中から抽選で5名に防災グッズが贈られる。

 

 

 

 今回の代替イベント開催についてJARL神奈川県支部は、「毎年恒例になっておりました、新年アイボールパーティを令和3年1月17日に開催予定でしたが、新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を鑑み、誠に勝手ながら開催を中止させていただくこととなりました。ご参加をご検討いただいていた皆様にはご迷惑をおかけすることとなり大変申し訳ございません。新年アイボールパーティー予定日でした令和3年1月17日に『神奈川ニューイヤーQRVデー』を開催いたします」と案内。

 

 さらに「QRVデーは多くのハムのみなさんに、新年のあいさつを楽しんでもらうことを目的として開催しています。1局との交信(受信)でも立派に参加されたことになりますが、できるだけ多くの局との交信を楽しんでください。神奈川県内局1局以上を含む、10局以上と完全な交信(SWLは10局受信)をした方は、後述のフォーマットでログ提出をお願いいたします。提出頂いた方から抽選で、5名の方に防災グッズをプレゼントいたします。是非御参加くださいませ」としている。

 

  交信(受信)の相手局は、国内局が日本国内および国外のアマチュア局。国外局が交信(受信)の相手局は日本国内のアマチュア局に限られる。

 

 呼び出しは電話は「CQ 神奈川ニューイヤー」、電信は「CQ KNNY」で、ナンバー交換は県内局が「RS(T)符号による相手局のシグナルレポート」+「自局の運用場所を示す神奈川県内の市・郡・区ナンバー」、県外局は「RS(T)符号による相手局のシグナルレポート」+「自局の運用場所を示す都・府・県(小笠原を含む)および北海道の地域ナンバー」となる。

 

 神奈川県内局1局以上を含む、完全な交信局数が10局以上のアマチュア局または完全な受信局数が10局以上のSWLを規定の方法で書類提出すると、参加者の中から抽選で5名に防災グッズが贈られる。

 

 紙ログの締め切りは2月14日(日)まで(消印有効)。電子ログは2月14日(日)に必着のこと。詳しくは記事下の関連リンクから「第1回 神奈川ニューイヤーQRVデー規約」で確認してほしい。

 

 

「第1回 神奈川ニューイヤーQRVデー」の規約(一部抜粋)

 

 

 

●関連リンク:
・第1回 神奈川ニューイヤーQRVデー規約(PDF形式)
・JARL神奈川県支部

 

 

 

feed 転倒で即終了… in link 元気なクマの日曜日 (2021/1/16 9:49:24)
今日は今シーズン初めてのスキー。

だったのですが滑り初めて数本目で転倒。

急斜面だったので変な体勢で斜面を落下…

骨は大丈夫だと思いますが、ふくらはぎを少し痛めてしまいました
feed 関東、東海、北陸で発給進む。2エリアはJS2の1stレターが「J」から「K」へ--2021年1月16日時点における国内アマチュア無線局のコールサイン発給状況 in link ニュース – hamlife.jp (2021/1/16 9:30:16)

日本における、2021年1月16日時点の「アマチュア無線局のコールサイン発給状況」をまとめた。新たに、1エリア(関東管内)の関東総合通信局、2エリア(東海管内)の東海総合通信局、9エリア(北陸管内)の北陸総合通信局のそれぞれからコールサイン発給状況の更新発表があった。なお、2エリアはJS2のサフィックスファーストレター「J」が終了し、「K」へ割り当てが移っているほか、同エリアの東海総合通信局からは2020年10月6日時点の更新以来、実に3か月ぶりとなる。

 

 

 

 各総合通信局で公表している、コールサインの発給状況は下表の通りだ。

 

 

 

 

 ところでアマチュア局のプリフィックスの割当ての順番に触れておこう。まず1エリア(関東管内)を例に取ってみると、最初はJA1 → JH1 → JR1 → JE1 → JF1 → JG1 → JI1 → JJ1 → JK1 → JL1 → JM1 → JN1 → JO1 → JP1 → JQ1 → JS1と一度目の発給が行われた。

 

 その後JE1からプリフィックスのアルファベット順での空きコールサインの再割り当てが行われ、JE1 → JF1 → JG1 → JH1 → JI1 → JJ1 → JK1 → JL1 → JM1 → JN1 → JO1 → JP1 → JQ1 → JR1 → JS1と進んだ。

 

 さらにその後、数字の7で始まる7K1 → 7L1 → 7M1 → 7N1 → 7K2 → 7L2 → 7M2 → 7N2 → 7K3 → 7L3 → 7M3 → 7N3 → 7K4 → 7L4 → 7M4 → 7N4の発給が行われ、その後にJA1 → JE1 → JF1 → JG1 → JH1 →JI1 → JJ1と2度目の再割り当てが進行している。

 

 また2エリア(東海管内)と3エリア(近畿管内)も、関東の1回目の再割り当てと同様に「JS2(JS3)終了後に、JE2(JE3)からプリフィックスのアルファベット順」で再割り当てが進行している。

 

 しかし6エリア(九州管内)は、JQ6までの発給が終了後(JS6は沖縄に割り当て)、JA6から、プリフィックスのアルファベット順での再割り当てが行われている。

 

 このあたりの経緯と詳細は、日本におけるコールサイン研究の第一人者、JJ1WTL・本林氏のWebサイトが詳しい。

 

 

 

●関連リンク:
・The Enigma of Japanese Call Sign System
・「「7K1~7N1」「7K2~7N2」「7K3~7N3」「7K4~7N4」は再割り当てされません」?

 

 

 

feed <IC-705専用、HF/50MHz帯に対応>アイコム、オートアンテナチューナー「AH-705」の取扱説明書(PDF版)を公開 in link ニュース – hamlife.jp (2021/1/16 8:30:49)

アイコム株式会社は2021年1月15日、まもなく発売が始まるHF/50MHz帯オートアンテナチューナー「AH-705」の取扱説明書(PDF版)を同社Webサイト内で公開した。全4ページ(表面・裏面にそれぞれ2ページを収録)にわたり、注意事項や接続方法、使用法などを詳しく紹介している。

 

 

アイコムが1月15日に公開した、AH-705の取扱説明書PDFより

 

 

 アイコムのAH-705は、昨年6月に発売を開始したポータブル機「IC-705」専用のHF/50MHz帯オートアンテナチューナーだ。サイズは105W×190H×40Dmm、重量約450gのコンパクトボディで、内蔵の単3アルカリ乾電池2本または外部DC電源13.8Vで動作。最大定格入力は10W、3.5MHz帯以上は全長7m以上、1.9MHz帯では同30m以上のワイヤーアンテナがあれば、VSWR1:2.0以下へのマッチングが可能という。

 

こちらの記事を参照(2020年12月25日掲載)↓
<内蔵の単3アルカリ乾電池2本で1.9~50MHz帯をカバー>アイコム、IC-705専用のオートアンテナチューナー「AH-705」を発表

 

AH-705とマルチバッグLC-192収納イメージ

 

 このほど同社Webサイトで公開されたPDF版の取扱説明書は全4ページ(表面・裏面それぞれ2ページを収録)で、さまざまな注意事項、電源について、接続のしかた、設置のしかた、操作方法などを詳しく説明している。

 

AH-705の取扱説明書PDFより。接続のしかた、設置のしかたを詳しく説明

 

 なおポータブル機のIC-705で、このAH-705を使用する場合にはファームウェアのアップデートが必要になる( 1月15日付け記事参照 )。現在のところAH-705に対応した新ファームウェアの公開は“1月下旬予定”と公表されていることから、発売開始はそれ以降になると推測されている。

 

 AH-705の製品情報、取扱説明書PDFのダウンロードは下記関連リンク参照のこと。

 

 

IC-705の新ファームウェアについてはこちらの記事を参照↓
<IC-705/IC-7300/IC-9700が対象>アイコム、FT8の簡単設定などを実現する新ファームウェアを順次公開

 

 

 

●関連リンク:
・AH-705 製品情報(アイコム)
・AH-705 取扱説明書ダウンロード(アイコム)

 

 

 

feed 【販売店紹介】ラジオプラザ青江がオープンしました in link フリラjp (2021/1/16 6:00:10)

岡山県岡山市に新しい無線ショップ「ラジオプラザ青江」がオープンしました。
全く新しい無線ショップと言うことで、当サイトでお店の紹介のために、店舗の写真などの提供をスタッフの方に依頼したところ、ご快諾を得られたので読者の皆様にご紹介できることとなりました。
ご協力頂きましたラジオプラザ青江のスタッフの方には感謝致します。

スタッフの方から店舗紹介のメッセージが届いています。

ラジオプラザ青江は岡山に新しく立ち上げた店舗です。
八重洲無線をメインに第一電波・AORなどの無線機やパーツを中心として販売を行っております。
2階には無線室も完備。
クラブ局として当店の無線会員様には高級機で本格的に無線運用できる環境となっています。

3階では無線講習会・勉強会などで利用可能な大会議室も完備しています。
日曜日も営業中!
この機会にどうぞ、当店にお立ち寄りください。


▲建屋の入り口です。


▲店舗入り口には、開店祝いが飾ってありました。

▲もちろんライセンスフリーの無線機も扱っています。


▲広々とした店内は開放的な印象です。


▲明るい雰囲気の商談スペースが設けられているのが、いままでの無線ショップとの大きな違いですね。


▲電子工作などに役立つパーツなども豊富に取りそろえています。

 

 

 

The post 【販売店紹介】ラジオプラザ青江がオープンしました first appeared on フリラjp .
feed 【定点観測】FT-818ND、本日のお値段 in link jh4vaj (2021/1/15 21:42:29)
「5のつく日」恒例のY!ショッピングでのFT-818ND価格調査。今回の最安値今回も山本無線CQ。 売価もポイント類も前回と同じで変化なし。売価はケース付きで67,700円(税込み、送料無料)、ポイント類が8,801+1...
feed 最後の出張ラン そして甘い物… in link 元気なクマの日曜日 (2021/1/15 21:03:29)
昨日は出張最後の夜。

なんでジョギングをせず飲みに行く予定がなぜがジョギングに…

でも距離は少し短く8キロ
feed Hermes Lite 2 - 3、SparkSDR in link 7L4IOU (2021/1/15 17:58:14)

昨日の解読比較、もう少し改善の余地がありそうです。

Web上の情報を見て行くと、使用しているAD9866というICには受信用のアンプが備わっていて、−12dBから+48dBまで1dBステップで制御できると書いてありますが、HPSDRからの操作が分かりません。

大事なところを見落としているようです。

アナログデバイセズのAD9866データシート

そんな訳で、前後が反対ですがHermes Light 2 (HL2)の紹介ビデオを見るところから始めました。

Hermes-Lite: Amateur Radio SDR

https://www.youtube.com/watch?v=qlgq52IIUo8

確かに受信ゲインコントロールのことも話しているようです。

それと、4分過ぎから話している Digital Skimmingの話が俄然気になりました。

RedPitayaなどでのスキマーとはかなり異なる方法のようです。

プレゼンで紹介しているSparkSDRというソフトをインストールしてみました。

Spark SDR < http://www.ihopper.org/radio/ >

結果は予想外に面白いです。

百聞は一見に如かずとか・・・

キャプチャーしたスクリーンを貼っておきます。


比較を分かりやすくするためFT8で比べていますが、個人的にはWSPRなどのビーコンに良さそうです。

もちろん同じバンドで、複数のモードを解読することもできます。

HL2が6メータをカバーしていないのが残念

と云う訳で、理屈は分からないのですが、非常に面白いシステムです。

送信機能もあるので、拡張してコンテストに対応してくれると

FTxコンテストのSO2R用にピッタリかも知れません。

今のところ、送信をサポートしているのはHL2だけのようです。

送信はそのうち気が向いたらと思ってましたが、早めに手続きする事にします。


feed <Made in Japanの変換コネクターは大丈夫か!?>「月刊FBニュース」、9本の連載とニュース2本をきょう公開 in link ニュース – hamlife.jp (2021/1/15 14:20:46)

アマチュア無線の電子マガジン「月刊FBニュース」は、毎月1回行う連載記事の掲載タイミングを見直し、2017年10月からは“毎月1日更新”と“毎月15日更新”のバランスを考慮するようになった。きょう2021年1月15日には新たにニュース2本が掲載されたほか、お馴染みの連載「大好き!アマチュア無線」「FBのトレビア」「Short Break」など合計9本の連載記事が公開された。

 

 

 

 

 1月15日、新たに公開されたニュースは「関東総合通信局が公式YouTubeチャンネルを開設」「1月17日に“全国DV画像通信”を開催」の2本。その他の連載記事の更新状況は次のとおり。

 

★新連載 JACOTA(Japan Castles On The Air)
 JO3SLK Greg Cook氏による新連載。日本のお城や城趾から運用する「JACOTA」の活動として、京都府の園部城からのQRVを報告。

 

★特別寄稿 SU(エジプト)からオンエア
 JH6HZH 木原敏也氏が2018年頃に仕事で滞在したサウジアラビア(SU)からアマチュア無線を運用した際のリポート。

 

★Short Break
 LM386を使ったオーディオ・アンプの製作を紹介。

 

Summits On The Air(SOTA)の楽しみ 第39回
 JH0CJH・JA1CTV 川内 徹氏がナビゲートする連載。今回は山岳移動用の電源としてUSB PDバッテリーを紹介した。

 

FBのトレビア 第20回
 Dr.(ドクター)FB氏が電気・電子・無線関係について、ちょっとした情報をやさしく提供。20回目はMade in Japanの変換コネクタ(L型、T型など5種類)の内部写真を公開。それぞれのコネクタの内部構造を評価した。

 

★大好き!アマチュア無線 第13
 FBニュースの新人編集部員であるアキラくんが、初心者~中級者により実践的な内容を提供。今回は番外編として小型自転車「ミニベロ」についてを熱く語った。

 

★大阪そぞろ歩き 最終回
 塚本十三氏の実体験に基づくエッセーの3回目。前回に続いてコロナ禍の大阪・北新地の光景を紹介。

 

★頭の体操 詰将棋

 

★FB Monthly Fashion

 

 それぞれの記事は下記関連リンクから読むことができる。次回の記事更新は2月1日を予定している。

 

 

 

関連リンク:
・月刊FBニュース2021年1月号
・月刊FBニュース Facebookページ

 

 

 

feed DAIWA PS-304SⅡ 修理 in link Ham Radio 修理日記 (2021/1/15 13:15:38)

PS-304SⅡ スイッチ破損でお預かりしました。

 

 

DAIWAインダストリーではパーツは無いそうです、代品を見つけ交換します。

 

 

電圧、メーターの校正を実施

 

 

負荷テスト

 

完了

 

 

feed <かつて「アクションバンド電波」「Let’s HAMing」「周波数バイブル」などを刊行>株式会社マガジンランドが“閉業”を発表 in link ニュース – hamlife.jp (2021/1/15 12:30:06)

かつて「アクションバンド電波」「Let’s HAMing」「周波数バイブル」などの無線関連誌も刊行していた出版社、株式会社マガジンランドが業績悪化などによる資金難から、2021年1月5日付けで“閉業”を発表したことがわかった。

 

 

マガジンランド公式サイトに掲載された「閉業のお知らせ」より

 

 

 マガジンランドは1987(昭和62)年の創業。無線雑誌「アクションバンド電波」(1987~2005年)、「Let’s HAMing」(1991年創刊、1998年に「電波FAN」と改題し、その後休刊)や「周波数バイブル」などの関連別冊を刊行したほか、近年は歌謡、手芸、ペット、健康などの多岐にわたる分野の出版物を手がけていた。

 

 同社は2021年1月5日にホームページに代表取締役名で「閉業のお知らせ」を掲載。理由として、書籍出版に関わる取扱量の減少に新型コロナウイルスの感染拡大の影響が重なり、業績の苦しい状況が続いていたことと、社団法人 日本音楽著作権協会との訴訟における請求が多額に及び、資金難に至ることが決定付けられたことを挙げ、「事業活動の継続を断念せざるを得ないことになりました」と告知している。

 

 

 

●関連リンク: 閉業のお知らせ(マガジンランド公式サイト)

 

 

 

feed <IC-705/IC-7300/IC-9700が対象>アイコム、FT8の簡単設定などを実現する新ファームウェアを順次公開 in link ニュース – hamlife.jp (2021/1/15 12:05:21)

アイコム株式会社は2021年1月15日、同社の人気モデル「IC-705」「IC-7300」「IC-9700」を対象に、近年アクティビティが急上昇しているデジタルモードのFT8を、より快適に楽しめるように“FT8の簡単設定”などを実現した新ファームウェアを順次公開すると発表した。ファームアップ後はメニュー項目の“プリセット(PRESET)”からの選択で、FT8運用に必要な項目が一括で設定できるようになる。さらにスペクトラムスコープに1MHzを超える広帯域をシームレスに視認できる“SCROLLモード”を追加するなど、各機種に応じたさまざまな機能と操作性のアップを図っているという。

 

 

IC-705/7300/9700のファームアップを予告する、アイコムのリーフレットより

 

 

 アイコムの発表と公開されたリーフレットから抜粋で紹介する。

 


 

IC-7300/IC-9700/IC-705を対象に、ファームアップでFT8の簡単設定等を実現。
~ファームウェアは、IC-705は1月下旬、IC-7300/IC-9700も順次公開いたします~

 

★FT8の運用に必要な項目の簡単設定を実現

 

★スコープ機能に1MHzを超える広帯域をシームレスに視認できるSCROLLモードを追加

 

★マルチファンクションダイヤルの機能向上(IC-7300/IC-9700。IC-705は対応済)

 

★専用チューナーAH-705に対応(IC-705)

 

★WLAN親機機能を追加(IC-705)

 

★その他、各機種に応じた機能アップを実現

 

 

 近年、アクティビティが急上昇しているFT8を、より快適に楽しんでいただくために、ファームアップによりFT8の簡単設定を実現しました。[プリセット]画面からFT8を選ぶだけで、必要な項目を一括で設定することが可能です。さらに、FT8から通常モードに戻る際も[通常]を選ぶだけ。スムーズな切り替えが可能です。

 

 

 また、スペクトラムスコープに1MHzを超える広帯域をシームレスに視認できるSCROLLモードを追加、マルチファンクションダイヤルの機能向上(IC-705は対応済)、専用チューナーAH-705への対応(IC-705)、WLANの親機機能の追加(IC-705)したほか、各機種に応じた様々な機能/操作性アップを実現しています。

 

<新ファームウェアの公開時期>
・IC-705:2021年1月下旬
・IC-9700、IC-7300:順次公開

 


 

 詳細は下記関連リンク参照のこと。

 

 

 

●関連リンク:
・IC-7300/IC-9700/IC-705を対象に、ファームアップでFT8の簡単設定等を実現(アイコム トピックス)
・リーフレット PDFダウンロード(アイコム)
・IC-705(アイコム)
・IC-9700(アイコム)
・IC-7300(アイコム)

 

 

 

feed <全参加局の中から抽選で図書カードを贈呈>JARL宮城県支部、1月16日(土)18時から「2021年 第42回オール宮城コンテスト」を開催 in link ニュース – hamlife.jp (2021/1/15 10:30:50)

宮城県内局のアクティビティーを高め、運用技術の向上および交信を通じて会員相互の親交を深めることを目的として、JARL宮城県支部は2021年1月16日(土)18時から17日(日)12時までの18時間、1.9/3.5/7/14/21/28/50/144/430MHz帯と1200MHz帯以上の各アマチュアバンドの電信・電話で日本国内のアマチュア無線局、SWLを対象に「2021年 第42回オール宮城コンテスト」を開催する。

 

 

 

 本コンテストの交信対象は、宮城県内で運用する局(県内局)は全国内局、宮城県外で運用する局(県外局)は宮城県内局となる。

 

 今回、主催者から「1.9MHz帯と50MHz帯のコンテスト周波数について」という以下の案内が行われているので注意してほしい。

 

「JARLコンテスト委員会からのお知らせ(2020/12/3付)」で、1.9MHz帯と50MHz帯のコンテスト使用周波数帯を改正する案内がありましたが、2021年のオール宮城コンテストでは、2020年同様下記の通りとします。

 

・1.9MHz帯は1.910±2.0kHz(電話部門はありません)
・50MHz帯は、JARLの旧コンテスト周波数とします。

 

 

 ナンバーは県内局が「RS(T)符号による相手局のシグナルレポート」+「自局の運用地点を示す市区町村の略符号」、県外局は「RS(T)符号による相手局のシグナルレポート」+「自局の運用地点を示す都府県支庁ナンバー」となる。

 

 参加書類の締め切りは2月8日(月)消印有効、または電子ログの受け付けも行っているが、その場合の締め切りなどは下記関連リンクで確認のこと。提出書類は紙ログ、電子ログともにバンドごとに集計してほしいと案内している。

 

 全参加局(ログ提出局)の中から抽選で図書カードが贈られる。詳しくは「オール宮城コンテスト」の規約を見てほしい。

 

 

「2021年 第42回オール宮城コンテスト」の規約(一部抜粋)

 

 

 

●関連リンク:
・2021年 第42回オール宮城コンテスト規約
・電子ログ申請の注意点について《オール宮城コンテスト用》
・JARL宮城県支部

 

 

 

feed DXCC 131 in link jh4vaj (2021/1/14 22:27:35)
LoTWを見たら、昨日のアフガニスタンの局が早々にコンファームされていた。 ニューエンティティは久しぶり。いくになったんだろうと見てみたらMixedで131エンティティ。 120くらいまでは割と順調(?)に伸びたのだけど...
feed 秋葉原ーロクタル管の話の時代 in link 真空管にゲルマトランジスタ、8mm映画にコダクローム-アナクロおやじのアナログブログ (2021/1/17 17:23:42)
秋葉原の原点をみることができる写真を漁ってみた。 昭和20年8月15日終戦。焦土と化した東京に自然発生した戦後の闇市である。 程なく、神田須田町から小川町交差点の南側に、電気部品を売る露天が並んだ。山菊ポータブル創業者がラジオ部品を販売したところ、東京電機大学の学生が押し寄せて飛ぶように売れたのが始まり。 この写真は無線と実験昭和24年6月号に掲載されたという、神田の電気部品露天の極めて貴...
feed 電波は飛んできてくれるけど捕りに行くものだよね in link アマチュア無線局 JO1KVS (2021/1/14 21:51:18)

電波、身近なところではラジオ放送。
これはたいていは見通し程度の範囲に超強力な電波をFBなロケーションから送信している。
パワーはなんと、東京のNHK第一放送が300000W(300kW)!
TBSラジオは100000W(100kW)
なんという大パワー。送信所の近くに居たら体に悪そう・・・。

中波放送はアンテナが巨大になるため、また、電波の直進性もそれほどこだわる必要が無い(私は電波が柔らかい、と表現します)ので、広い河川敷や野原に送信アンテナが設置されることが多いです。
そんな強い電波を出しているのだからどこにでも届いてしまいますね。

小さなLEDの光は見えるところに行かないと見えないけれど、太陽の明かりは太陽が見えなくても日陰も含めてそこら中が明るくなる。そんな感じ。(ちょっと違うけど)

FM放送だと高いところから最大10000W(10kW)という大パワーで放送している。
面白いのは東京タワーの時は10kWだったのに、スカイツリーに越したら7kWに減力したりしている。高さが倍になったのでそれでも以前より強く届からでしょう。

送信側の強力な電波のおかげでそれほど努力しなくても家の中でも放送が聞こちゃいます。

ところが、アマチュア無線のように通話目的の電波で、放送のような強い電波を出すことはあまり無い。短波帯の無線局は100Wが多く、たまに1kW、移動局の最大出力は50W。ポータブル機、ハンディ機となるとせいぜい5W。市民無線が0.5W、特定小電力無線が0.01Wなんです。

電波の飛び方は出力に関係ないけれど、出力は放送レベルとは雲泥の差。この弱い、微弱な電波を良好に聞きたければ自分から捕りに行くしかありません。

弱い電波は地形や建物の影響で、地表近くではますます聞こえにくくなっています。逆にノイズ源が近くに増えて劣悪そのもの。
家の真ん中でソファーに座ってハンディ機を聞いたところで交信が聞こえてくることは殆どないでしょう。(純木造の家が見晴らしのいいところに建っているならよく聞こえるけど)。

弱い弱い電波はどこで捕まえることが出来るかと言うと、高いところ。
高いと見通し範囲が広がったり地上の地形や建物の影響が少なくなるからです。波長という電波の体の大きさの影響もあって、大きいほど地面近くを飛び続けるのが苦手です。

海岸で釣り糸を垂れても沖にしかいない魚は釣れません。そこには居ないからです。船で沖に出ないと釣れません。
電波は地面近くではあまり居ない(弱い)、高いところにいけばたくさん居る(強く聞こえる)。

山の頂上、丘の上は最高の場所です。地面からも離れたいのでそこにタワーを建てててっぺんに行けばそれはもう別世界です。
超高層のビルの窓際もVHF,UHF、SHFならよく聞こえます。

アンテナのついた無線機を持ってそこに行けばいいのです・・・が、いつもタワーの上に居る訳にいきませんから、アンテナをそこに設置してケーブルで自宅に引き込みます。

遠くとの交信に燃える無線家がなぜタワーを建てるか、わかりましたね。そこにアンテナを持っていかないと聞こえない電波があるからです。

この努力をせずに、聞こえない、飛ばない、無線機が悪い、無線がつまらない、などと言っていてはいけません。
自ら聞こえない場所でうだうだしている状態なのですから。
すべては電波をちゃんと捕りに行っているかどうかです。

一方、日中の7MHzのコンディションが良い時などは、近距離電離層反射のため電波は上から降ってきますから、見晴らしにこだわることなくても自分の周りには結構電波が来ています。
それがあまり聞こえないのなら、利得の少ないアンテナを、条件の悪い位置に置いているからに外なりません。7MHzは波長が40mもある巨体です。10mのワイヤーでやっと144MHzで言うところの50㎝のアンテナと同等です。しかも巨体ゆえ細かいところに入ろうとするとかなり減衰してしまいます。まず鉄筋コンクリートの部屋には窓を開けていても入ってきません。だから外に出ましょう。大きなアンテナを張りましょう。そしてアンテナの地上高も高くしましょう。コイルで短縮したものでも全長4m程度のアンテナからかなり強く聞こえ、競争にも勝てるようになります。

いずれにしても、無線通信の電波はもともと弱い。これを十分に聞き、よく届けるには、アンテナの条件を整えることが一番大切なこと。
送信に関して言えば同じ出力なら5万円の無線機も100万円の無線機も飛びは同じです。(受信性能はお値段なりに性能が向上します。)
すべてはアンテナ勝負です。

タワーが建てれられなくても、努力はしましょう。自宅で無理なら移動運用で頑張りましょう。たまには巨大アンテナの無線局を訪問して聞かせてもらいましょう。
何が自分に足らないか、よくわかります。

また自宅で過ごす時間が増えるご時世です。アンテナ作りなんていかがでしょう。

feed Hermes Lite 2 - 2、SunSDR2との解読比較 in link 7L4IOU (2021/1/15 1:32:35)

先ずはケースに入れましょう。

 前後のパネル

アルミかと思ったら、薄い両面基板でした。

表は見たまんまですが、後ろの裏面は外部とのインターフェース用のパターンになっていました。

HR50リニアやPureSignal、汎用IOまで、思いつきそうな項目は網羅されているようです。

https://github.com/softerhardware/Hermes-Lite2/tree/master/hardware/enclosure/endcaps/kf7o/hl2_40b

これは楽しみです。


放熱用のシムは、マニュアルの通りキツキツでケース内面の塗装を削り、シムと擦り合わせてピッタリでした。

ナットを探していたらL型の板ナットがあったので、一緒に有った薄い銅板と重ねて・・・

多少は放熱の助けになるでしょうか?

しかし、後から考えると、コアに近いので出力に影響するかも知れません。

送信をチェックしてからにするべきでした。

ケースはピッタリでした。


ただ、LAN用のジャック、ハンダ付け時に少しズレていたたようです。

ごくわずかですが、電源ジャック側が干渉しました。

鑢で数回攫ったらギリギリで入りました。

なお、パネルの4隅のビスが皿螺子でした。元々のアルミ板ようだと思うのですが、飛び出してヘンなので有り合わせのトラス螺子を使ったのですが、バランス悪いですね。

LANケーブルを繋いだら、LEDのステータスは正常です。

IPアドレスを探すのに少し手間取りましたが、設定すると何という事もなく受信が始まりました。

周波数が10Hz程ズレていたので、14.075MHzで周波数とS9のキャリブレーションをしておきます。

寝る前に、ふと思いついて、7メガのWSPRをセットして床に就きました。

 トラップバーチカル → 2分配器 → (7L4IOU) SunSDR 2 + ExpertSDR2 + WSJT-X

                                → (JA7KBR) Hermes Light 2 + PowerSDR + WSJT-X

という構成です。

夜明けに覗いてみると、ずーっとこんな感じでした。

Hermes Light 2 (以下HL2)が、コンスタントに3dB負けています。

が、ふとしたタイミングで勝つこともあります。が、受信機ではなくパソコンが原因かもしれません。いずれにしても、HL2の完敗です。

しかし、確かに負けるのは仕方がないとしても、3dBは差が大きすぎます。

パラメータの設定か受信操作(ボリュームやAGCの調整)に問題がありそうです。

リモートで2~3時間いじって、14メガのWSPRを受信してみました。


途中で設定を少し変えましたが、ほぼ互角です。

また、SSGの最小レベル(-136dB)でも、AF出力のウォーターフォールは同じように見えていました。

WSPRのような信号では、ほとんど差が無いようです。

だとしたら、ザックリ12万円ほどで売られている「SunSDR2 QRPって何?」と言うことになってしまいます。 https://sunsdr.eu/product/sunsdr2-qrp/

しかし、心配には及びません、なかなかの貫禄を見せてくれる場面もあります。

今夕の 14 7 メガ、我が家のバーチカルでは良く見えませんでしたが、T6AAの出現でそこそこの混みようでした。

T6AAからの応答ピリオド


T6AAへのラブコール

この傾向は、午前中の14も全く同じでした。

例えば、HL2の12bitを新聞の粗い写真、SunSDR 2の16bitを週刊誌のグラビアに譬えると・・・

20人くらいの集合写真なら、粗い写真でもだいたいの顔が分かる。40人を超えると、グラビアのほうがはっきり見える。と言ったところでしょうか?

あくまでも、素人の思い込みです。


feed ICB-770を塗ってみた in link JL7KHN/ミヤギKI529のブログ (2021/1/14 17:37:00)
技適化検討を進めてるICB-770ですが、やっぱり外観は疲れを隠す事は出来ない感じです。
そんな窶れた外観に化粧すべく、気分転換も兼ねて試しに塗ってみる事にしました。

下地はこんな感じ。
1回目にして完了…

なんだ?と思うかもしれません。
そう正解です。家に余っていた日産のガンメタを使ったのですが、1回目をサラッと塗ったところで終了…しかも、スプレー缶を温めたものの寒くてガス圧が下がりダマになると言う失態…
コリャやり直しです。
ただ、ちょっと塗っただけですが、若返った様にも見えなくも無いです。

緊急事態宣言が解除になったら、塗料を買ってきてリベンジです。



さて、一方で中身は?と言うと…
受信部はこんな感じ。トランジスタを使わない事で、フロアのノイズはグッと下がります。
アンテナを縮めた時は、えっ?と思うくらい静かです。
感度は、KI-707とほぼ同等くらいになってます。

結構気にしているのはダイナミックレンジ。
感度を上げると逆に強い信号は苦手になり、近接ではまともに復調出来なくなります。
弱い信号はもちろん、近接でも復調出来る様に工夫してます。

と言う事で、年末から始めた弐号機を使った仕様検討ですが、現状は
・コンプレッサー
・逆スケルチ
・フローティング変調
・受信回路大幅変更
・ログライト兼用バックライト
・送信時イルミネーション
・TM2直付
・新規AFフィルタ


緊急事態宣言下ですが、こんな時こそ、あーだこーだ考えて夢を膨らませ楽しみたいところです。


feed 1/14 in link さいたまUG100 簡易無線運用記 (2021/1/14 15:59:14)

本日はお昼前に公園へ~

 

(小金井市)

とうきょうMS25/立川市昭和記念公園昭和天皇館RF(今年もよろしくですm(__)m)

さいたまDF68/さいたま市桜区荒川河川敷(ファースト)

さいたまAA773/所沢市狭山湖畔(毎度です~)

とうきょうE50/板橋区赤塚公園(いつもより強かったです!流石23区!)

 

という事で本日もEs&F通信はできませんでしたが、昨日に引き続き天気も良く、

信号がない時間は読書に勤しめました!

 

各局様、本日もありがとうございましたm(__)m

 

 

U42さん、開局40周年おめでとうございます!あとFLマニュアル読破されたとのこと。

こちらはやっと現在のフリラの種類の解説のところを読み始めたところです。

勿論、知っていることばかりですが改めて読むと新鮮なことがもありますね~

古きを訪ねて新しきを知るって感じですかね~(笑)

 

 

 

 

 

 

feed 「2021年第一回関西OAM」デジタル簡易無線第1部「おうち版」結果 20210110 in link ならAI46の無線を愉しむ (2021/1/14 15:07:00)

 

2021年第一回関西オンエアミーティングが
1月10日日曜日に開催されました。


今回のデジタル簡易無線部門は2部制・第1部「おうち版」が「ならAI46」奈良県奈良市固定局、第2部の「おおさかCB1456局」六甲山山頂移動局をリレーする形での変則開催となりました。デジタル簡易無線AMBE方式奈良コントロール局オペレーターは不肖私 ならAI46が務めさせて頂き[64局]とアルインコ・RALCWI方式トライアル運用(奈良側のみ)では[2局]と交信して頂くことができました。今回は第1部が急遽「おうち版」という形での開催となりましたが、多くの局にご参加頂き誠にありがとうございました。

■「デジタル簡易無線 AMBE方式」第1部「おうち版」・・・・OP:ならAI46
  使用リグ  :アイコム  IC-DPR100※(5W送信・AMBE方式)
  予備リグ  :アイコム  IC-DPR1   (5W送信・AMBE方式)
  使用アンテナ:第一電波工業A350S5(5エレ八木)約19mH
  予備アンテナ 第一電波工業AZ350(3/4λ)約21mH
  使用ch  :CH24
  秘話使用  :コード27144

  ※今回、奈良固定で使用したIC-DPR100はヒガシヨドガワAA152局から関西OAMへ御寄贈頂きました。

□「デジタル簡易無線 RALCWI方式」奈良側「おうち版」のみ・・・OP:ならAI46
  使用リグ  :アルインコ DJ-DP50H(5W送信・RALCWI方式)
  使用アンテナ:第一電波工業A350S5(5エレ八木)約19mH
  使用ch  :CH05 秘話無し

奈良市天候:晴れ


■デジタル簡易無線 AMBE方式 第1部「おうち版」OP:ならAI46

1003 ナラR83局 M5/M5 奈良県奈良市固定
1006 ひょうごTS907局 M5/59 大阪府池田市五月山移動
1008 きんきYK21局 M5/M5 大阪府高槻市固定
1010 おおさかKD118局 M5/M5 大阪府河内長野市固定
1014 きょうとGT260局 M5/M5 京都市北区固定
1016 オオサカNS369局 M5/M5 奈良県葛城市固定
1018 ヒガシヨドガワAA152局 M5/M5 大阪市東淀川区固定
1020 いながわHK630局 M5/M5 大阪府池田市五月山移動
1022 ならAK39局 M5/59 奈良県磯城郡川西町移動
1025 きょうとDC410局 M5/53 京都府宇治市太陽が丘移動
1031 おおさかAA23局 M5/59 大阪府東大阪市固定
1033 ヒガシオオサカAA283局 M5/M5 大阪府東大阪市固定
1036 きょうとYS803局 M5/M5 滋賀県大津市比叡山中腹移動
1040 きんきCK21局 M5/M5 奈良県大和郡山市固定
1042 ならNS123局 M5/53 大阪府八尾市十三峠麓移動
1044 オオサカYM413局 M5/51 大阪府富田林市固定
1046 ヤオRH80局 M5/M5 大阪府八尾市十三峠登り口移動
1048 ナラEM120局 M5/M5 大阪府八尾市十三峠下駐車場移動
1053 キョウトY130局 M5/52 京都市京見峠移動
1056 ヒョウゴTF246局 M5/M5 和歌山県生石高原移動
1100 キョウトKH618局 M5/M5 京都府乙訓郡大山崎町移動
1103 しが6634局 M5/M5 滋賀県栗東市移動
1106 ならJK518局 M5/M5 奈良県奈良市固定
1108 こうべBS29局 M5/56 兵庫県神戸市灘区固定
1110 シガCA101局 M5/58 大阪市城東区固定
1116 ナラSK250局 M5/M5 奈良県大和郡山市郡山城址移動
1117 オオサカCB422局 M5/M5 大阪府東大阪市移動
1120 ひらかたHK46局 M5/M5 大阪府枚方市固定
1122 ヒガシオオサカAA247局 M5/M5 大阪府東大阪市固定
1124 わかやまTW25局 M5/55 和歌山県橋本市移動
1126 ひがしおおさかJK131局 M5/55 大阪府東大阪市固定
1128 おおさかYM719局 M5/M5 大阪府門真市移動
1130 キンキYU727局 M5/52 大阪府羽曳野市石川河川敷移動
1133 おおさかDW128局 M5/54 大阪府八尾市十三峠下移動
1135 オオサカ845局 M5/53 大阪府八尾市固定
1140 オオサカTK27局 M5/57 大阪府東大阪市移動
1142 キョウトKM025局 M5/M5 京都府宇治田原町移動
1144 わかやまHN277局 M5/51 和歌山県紀の川市和泉葛城山移動
1147 わかやまKK3299局 M5/55 和歌山県生石高原移動
1151 イシキリIN104局 M5/M5 大阪府東大阪市固定
1154 シガYH101局 M5/51 滋賀県栗東市移動
1156 オオサカSC261局 M5/55 大阪市鶴見区移動
1159 オオサカAB320局 M5/51 大阪府富田林市固定
1201 おおさかちどり局 M5/M5 大阪府高槻市固定
1203 ミエKM863局 M5/M5 三重県津市青山高原移動
1208 ナラTZ125局 M5/55 奈良県大和郡山市移動
1211 しがKA64局 M5/M5 滋賀県栗東市竜王山移動
1212 ミエZR123局 M5/M5 三重県伊賀市移動
1213 オオサカEA105局 M5/59 奈良県奈良市高円山移動
1220 オオサカBT750局 M5/59 大阪府寝屋川市固定
1223 キンキAB862局 M5/55 大阪府枚方市固定
1224 わかやまSW350局 M5/M5 和歌山県生石高原移動
1227 ヒョウゴYM82局 M5/M5 兵庫県川西市固定
1231 ギフAA365局 M5/M5 三重県津市青山高原移動
1235 ヒョウゴBJ41局 M5/M5 兵庫県洲本市柏原山移動
1238 おおさかCB1456局 M5/59 兵庫県神戸市六甲山移動
1242 おおさかKS46局 M5/55 大阪府高槻市固定
1243 おおさかBR18局 M5/55 大阪市鶴見区固定
1247 キンキAB484局 M5/53 大阪府岸和田市固定
1249 わかやまSK747局 M5/51 和歌山県生石高原移動
1252 シガFC202局 M5/52 滋賀県大津市固定
1258 オオサカSD590局 M5/M5 大阪府堺市固定
1301 おおさかTM507局 M5/56 大阪府八尾市固定
1305 アイチDB33局 M5/M5 三重県御在所岳移動
       

□デジタル簡易無線 RALCWI方式・「おうち版」奈良のみ OP:ならAI46

1335 ホクセツNN443局 M5/M5 大阪府茨木市移動
1336 きんきBQ81局 M5/M5 大阪府河内長野市固定


誤記、コールサイン表記等に間違いがあればご指摘ください。
※初参加:関西OAM初参加またはデジタル簡易無線という表示です。


関西OAMの結果報告、市民ラジオ・特小無線・デジコミ等の
↓結果報告・全参加局リストも掲載

https://ameblo.jp/kansai-oam/

 

 

次回関西OAMをよろしくお願い致します。
2021年第二回 関西オンエアミーティングは
2021年2月7日(日)朝10時から開催予定です。

 

feed <再割当ての関係で1位は2年連続で「JJ1」>貴局の希少価値は!? 国内個人局の「雑魚プリフィックスランキング 2020末」発表 in link ニュース – hamlife.jp (2021/1/14 12:05:36)

日本におけるコールサイン研究の第一人者、JJ1WTL・本林良太氏が、2021年1月6日時点の「総務省無線局等情報検索」のデータを用いて、国内におけるアマチュア個人局のコールサインの数でみたプリフィックスごとの免許局数の多さを調査した。その結果を同氏は「雑魚プリフィクスランキング 2020年末」と名付け、1月12日に自身のブログで公表した。1位は昨年と変わらず「JJ1」で、2位以降は「JP7」「JP3」「JI1」…と続く。これはプリフィックスの再割り当ての影響が大きく、一昨年まで3年連続でランキング1位が「JI1」だったことを考えると、次の2021年末でも「JJ1」が1位になると思われる。一方、「7J5」「7J7」「7J9」プリフィックスは消滅(本人が再開局すれば元のコールサインが復活できる)。「7K1」~「7N3」が減少傾向にあり、最少なのは「7L3」で759局(生存率4.7%)と紹介している。

 

 

 

 JJ1WTL・本林氏は2021年1月12日付けのブログで、総務省が提供する「無線局等情報検索」の2020年末(2021年1月6日時点)のデータを用いて、プリフィックス別で免許されている局数を調査、同氏命名による「雑魚プリフィクスランキング 2020年末」を発表した。なお、1つのコールサインの下に複数の局を持っている場合でも、「1」と数えて集計している。同氏の調査はこれで11年目となる。

 

 個人局コールサインのプリフィックス順位で最も有効な免許数が多いのは、1位は昨年(2019年末結果)と変わらず「JJ1」だった。これは1エリアにおいて、再発給のコールサインによる影響が大きいと考えられる。ちなみにその一昨年(2018年末結果)までは「JJ1」が3年連続で1位だった。

 

 すでに「JJ1」の再発給も終了し「JK1」へ移行しているので、いずれは「JK1」が1位になると思われる。なお、最近の1エリアでは概ね3年で1プリフィックスの発給(再割り当て)が終わっている。

 

 2位以降は、「JP7」「JP3」「JI1」「JE6」「JH1」…(1年前は「JI1」「JP3」「JP7」「JE6」「JH1」…、2年前は「JP7」「JP3」「JJ1」「JR2」「JE6」、2年前は「JR2」「JP3」「JP7」「JE6」「JG1」、4年前は「JR2」「JP3」「JP7」「JE6」「JG1」…、5年前は「JR2」「JP3」「JP7」「JG1」「JE6」…、6年前は「JR2」「JI1」「JG1」「JP3」「JE6」…、7年前年は「JG1」「JR2」「JL8」「JF1」「JE6」…)の順位となっている。

 

 一方で希少価値が高いプリフィックスは「7J*」シリーズである。7Jプリフィックスは1985年に外国籍の個人局に割り当てられるようになり、1993年からは外国籍の代表者による社団局にも発給されたが、1999年に新たな発給が停止した経緯がある(失効した場合も、本人が希望すれば再取得は可能)。

 

 2013年末のデータ集計では「7J9」は1局、「7J7」「7J0」は2局、「7J8」は3局だったものが、2014年末のデータで集計で「7J9」と「7J0」の1局ずつ、「7J7」が2局、「7J8」が3局。ただ1局だけ残っていた「7J5」のプリフィックスを持つ「7J5AAF」が更新しなかったことで失効、消滅してしまった経緯がある。

 

 2017年末のデータ集計では、流暢な日本語でオンエアーしていた青森県三沢市在住の「7J7ACT/KJ4VJK(Simon Belnald氏)」が2016年11月に亡くなりコールサインが失効。唯一発給されていた「7J7」プリフィックスが消滅。すでに「7J5」「7J9」プリフィックスも消滅。

 

 この結果、「7J5」「7J7」「7J9」が0局(1年前、2年前、3年前も同じ)、「7J3」が31局(1年前は32局、2年前は36局、3年前は36局)、「7J1」が25局(1年前は26局、2年前は29局、3年前は36局)、「7J2」が13局(1年前は14局、2年前は15局、3年前は7局)、「7J6」が6局(1年前は7局、2年前は10局、3年前は11局)、「7J4」は6局(1年前は6局、2年前は6局、3年前は7局)、「7J0」が3局(1年前は3局、2年前は3局、3年前は4局)、「7J8」が1局(2年前は1局、2年前は3局、3年前は4局)ととなっている。

 

 さて、貴局のプリフィックスの希少価値はいかがなものだろうか? 詳しくは本林氏のブログでチェックしてほしい。

 

 

JJ1WTL・本林氏が集計した「雑魚プリフィクスランキング」(CICから一部抜粋)

 

 

 

↓JJ1WTL 本林氏による過去の「雑魚プリフィクスランキング」結果

 

 

●2019年末のデータで集計
<再割当ての関係で「JJ1」が1位に上昇>貴局の希少価値は!? 国内個人局の「雑魚プリフィックスランキング 2019末」発表

 

●2018年末のデータで集計
<再割当ての関係で「JI1」が3年連続で1位!>貴局の希少価値は!? 国内個人局の「雑魚プリフィクスランキング 2018年末」発表

 

●2017年末のデータで集計
<再割当ての関係で「JI1」が昨年に続き超雑魚に!>貴局の希少価値は!? 国内個人局の「雑魚プリフィックスランキング」発表

 

●2016年末のデータで集計
<超雑魚プリフィックス1位は「JI1」に!>貴局の希少価値は!? 国内個人局の「雑魚プリフィックスランキング」発表

 

●2015年末のデータで集計
<昨年に続き「JH1」が超雑魚!2位以下が変動…>貴局の希少価値は!? 国内個人局の「雑魚プリフィックスランキング」発表

 

●2014年末のデータで集計

<昨年に続き「JH1」が超雑魚に!>貴局の希少価値は!? 国内個人局の「雑魚プリフィックスランキング」発表

 

●2013年末のデータで集計

<貴局の希少価値は!?>国内個人局の「雑魚プリフィックスランキング」! 超雑魚は「JH1」、1局残っていた「7J5」は消滅

 

 

 

●関連リンク:
・雑魚プリフィクスランキング 2020年末(CIC:JJ1WTL 本林氏のブログ)
・雑魚プリフィクスランキング 2020年末(完全版)(CIC:JJ1WTL 本林氏のブログ)
・総務省 アマチュア局無線局等情報検索

 

 

 

feed 左右を確認して走り出す in link 元気なクマの日曜日 (2021/1/14 9:35:56)
昨日の夕方走った出張ラン。

気温が高くて熱くなり、途中でウインブレを脱いじゃいました。

ロンTの上にペラペラのを着てるんだけど、熱くて汗でベッタリ
feed <番組の“2021年活動方針”を発表>アマチュア無線番組「QRL」、第453回放送をポッドキャストで公開 in link ニュース – hamlife.jp (2021/1/14 8:30:48)

東京都西東京市にあるコミュニティFM放送局「FM西東京(JOZZ3AU-FM、84.2MHz 出力20W)」は、2012年からアマチュア無線に特化した情報番組「QRL」をスタートし、毎週木曜日の23:30から30分間オンエアーしている(番組は2017年6月にリニューアルが図られた)。放送内容は後日ポッドキャストとしてWebサイトで公開されており、このほど2021年1月7日夜に放送した第453回分がアップされた。

 

 

 2021年1月7日(第453回)の特集は「2021年の活動方針」。最初に期間が延長された「QSOパーティ」の話題に触れ、続いて番組としての2021年の活動方針を発表した。今年は①「ハムフェア2021」のブース出展と会場での番組公開収録、②3~4月頃(他の大きなコンテストと重ならない時期)に番組独自のQSOパーティの開催、③ハムフェア以外でアイボールQSOのできるイベントの実施、④番組クラブ局での移動運用(できれば公開運用という形式で)を行いたいと抱負を述べた。

 

 番組の聴取は下記関連リンクから。Web上またはダウンロード(MP3形式)で利用できる。

 

 

 

●関連リンク:
・QRL For Amateur Radio Station 第453回放送
・QRL Facebookページ

 

 

 

feed 初アフガニスタン in link jh4vaj (2021/1/13 22:24:45)
記念に。30m FT8。
feed 第1,345回板橋ロールコール神奈川県横浜市戸塚区固定(45m)2021年1月13日水曜夜間版21時〜 in link さいたまBF19!フリーライセンスで楽しめる無線交信! (2021/1/13 22:07:00)
いゃぁ〜ローテーター復活後、DCRでは初の板橋ロールコールです?
今月はまだ開催予定が案内されていませんが、遠海山かなぁと思っていたら、何と戸塚区固定からの開催案内がMLで配信されました!

ローテーターが壊れて半年が過ぎましたが、何とかリニューアル工事が終わりました!固定ビームでは全く使えない事が良くわかりました!
GPの350MVHも頑張りましたが、チェックイン率も大幅下がりました!
緊急事態宣言中なのであまり出歩かない固定より開催です!


リニューアル前より戸塚区固定は以前より強力なRS 52でチェックイン成功しました!
当局もRS52位で入感してるそうです!

アンテナはこの方位が安定していました!いたばしAB303局はハンディーホイップを350DRを使っていたので、以前より強く入感していました!

緊急事態宣言中なので、戸塚区固定から開催予定を増やすそうです!
CBやLCRも戸塚区固定開催をすると、案内されていました?
先週LCRに続き今年2回目のチェックインでした!


32年振りのアンテナリニューアル工事を終えて、次の32年後は当局は93歳なってしまいます!
その前に終活で下ろすか、サイレントキーで下ろすかどちらかなぁ?
やっぱり、ラディックスの12エレは強い味方でした!








feed 2021.01.13_マガジンランド閉業 in link はまっこラヂヲ通信・・・。(ヨコハマAA815・JN1GIH) (2021/1/13 21:47:16)
「アクションバンド、最初はラジオライフのコピー雑誌だといい感じしなかったけど結構買っていたんだよね。」

去る1/5、マガジンランドが閉業を発表しました。
マガジンランドといえばやはり月刊アクションバンドでしょう。
ずいぶん前に気になる号だけ残して処分してしまったため手元に残っているのはこれだけ。
21011301.jpeg

一番よく読んでいた時期はハンディ機全盛の1990年前後のバブル期。あの頃のマランツはすごかったですね。
21011302.jpeg

当時買ったC-501。まさか25年以上も使い続けるとは夢にも思いませんでした。(笑)
21011303.jpeg

関連記事
2013.10.22_スタンダードが飛ばしていた頃・・・。
https://sawapon308.blog.fc2.com/blog-entry-96.html
feed 2020.01.12_オールナイトニッポンミュージック10 in link はまっこラヂヲ通信・・・。(ヨコハマAA815・JN1GIH) (2021/1/13 21:22:20)
杏樹さんのラジオ。今年初めての採用でした。
今年も全力で応援させていただきます。

https://twitter.com/yokohama_AA815/status/1349293969126014976
feed 1/13 in link さいたまUG100 簡易無線運用記 (2021/1/13 19:42:32)

昨日は夕方6エリアとのパスがあったようでした。

本日はレイトランチで公園へ~

(小金井市)

しずおかJG726/八王子市片倉集いの森公園(お久しぶりです!

今年もよろしくです!)

しずおかAL330/八王子市片倉集いの森公園(11/29以来毎度です~)

 

坊主回避、各局様本日もありがとうございました!

 

今日は気候が穏やかでノイズも少なかったけれど、

プロパゲーションが....。南方局も弱めで入感。

 

feed USBIF4CW gen3 ノイズ軽減 in link アマチュア無線局 JO1KVS (2021/1/13 18:35:09)

USBIF4CW gen3 です。格好いいでしょ。お気に入りです。このようにリグの上に積むとノイズが増え、遠く離したらノイズがかなり減りました。離して使う方がいいようです。この機器からのノイズなのか、USBケーブル等のノイズなのかはわかりませんが。
feed 6エリア(九州)で更新--2021年1月13日時点における国内アマチュア無線局のコールサイン発給状況 in link ニュース – hamlife.jp (2021/1/13 18:30:20)

日本における、2021年1月13日時点の「アマチュア無線局のコールサイン発給状況」をまとめた。新たに、6エリア(九州管内)の九州総合通信局からコールサイン発給状況の更新発表があった。

 

 

 

 各総合通信局で公表している、コールサインの発給状況は下表の通りだ。

 

 

 

 

 ところでアマチュア局のプリフィックスの割当ての順番に触れておこう。まず1エリア(関東管内)を例に取ってみると、最初はJA1 → JH1 → JR1 → JE1 → JF1 → JG1 → JI1 → JJ1 → JK1 → JL1 → JM1 → JN1 → JO1 → JP1 → JQ1 → JS1と一度目の発給が行われた。

 

 その後JE1からプリフィックスのアルファベット順での空きコールサインの再割り当てが行われ、JE1 → JF1 → JG1 → JH1 → JI1 → JJ1 → JK1 → JL1 → JM1 → JN1 → JO1 → JP1 → JQ1 → JR1 → JS1と進んだ。

 

 さらにその後、数字の7で始まる7K1 → 7L1 → 7M1 → 7N1 → 7K2 → 7L2 → 7M2 → 7N2 → 7K3 → 7L3 → 7M3 → 7N3 → 7K4 → 7L4 → 7M4 → 7N4の発給が行われ、その後にJA1 → JE1 → JF1 → JG1 → JH1 →JI1 → JJ1と2度目の再割り当てが進行している。

 

 また2エリア(東海管内)と3エリア(近畿管内)も、関東の1回目の再割り当てと同様に「JS2(JS3)終了後に、JE2(JE3)からプリフィックスのアルファベット順」で再割り当てが進行している。

 

 しかし6エリア(九州管内)は、JQ6までの発給が終了後(JS6は沖縄に割り当て)、JA6から、プリフィックスのアルファベット順での再割り当てが行われている。

 

 このあたりの経緯と詳細は、日本におけるコールサイン研究の第一人者、JJ1WTL・本林氏のWebサイトが詳しい。

 

 

 

●関連リンク:
・The Enigma of Japanese Call Sign System
・「「7K1~7N1」「7K2~7N2」「7K3~7N3」「7K4~7N4」は再割り当てされません」?

 

 

 

feed 2021年 オール埼玉コンテスト in link きままな無線日記 JS1XQX・サイタマMS118 (2021/1/13 17:58:12)

例年通り移動運用の予定でしたが、緊急事態宣言のこともあって改めてJARL埼玉支部のHPを見てみると、移動運用は自粛とのこと。

今年はおとなしく常置場所からの参加となりました。

V/Uマルチバンドでの参加ですが、50MHzは以前よりもスケールダウンした2エレHB9CV、144MHz・430MHz・1200MHzは3バンドGP(X5000)という、とりあえず電波は出せますよという設備で、一体どこまで出来るのか。

久しぶりのマルチバンドのため、2台のリグを1台のパソコンに接続してCTESTWINを動作させようとしましたが、リグコントロールの連携がどうもうまくいかず、50MHzで1台、144MHz以上はもう1台と、別々のパソコンでセパレート運用せざるを得ませんでした。

 

<概況>

50MHz:電信(CW)はそこそこの局数でしたが、電話(SSB)は本当に局数が少ないです。

    ずいぶんと寂しくなりました。

144MHz:電信・電話とも結構な賑わいでした。

     電信中心ですが、途切れたら即電話へ。

430MHz:電話(FM)はとてもじゃありませんがやりつくせないほどの賑わい。

    呼び周りだとずいぶん効率が悪いので、CQを出して呼んでもらうのが一番効率がいいのですが、

    呼び周りをしないとその分マルチの取りこぼしが多くなります。

1200MHz:常置場所からですとあまり聞こえません。

     それでも電信で10数局は出来ましたので及第点でしょうか。

 

結果からすると想像以上に忙しくオペレートすることが出来、あっという間の6時間でした。

もう少し常置場所のアンテナを増強出来れば、寒い中移動運用に行かなくても済むかもなんて思ってしまいました。

 

<追伸>

緊急事態宣言を受けてJARL埼玉支部も苦渋の決断だったと思いますが、このような状況では致し方ないですね。

明らかに移動運用を行っていた局もいたようですが、WEB(HP)上での発表が1月5日で、開催まで1週間を切っていましたから、これに気付かなかったのかもしれません。

中にはネットで閲覧出来る環境のない方もいらっしゃいますし、JARLニュースなどの紙面上でしか情報がなければ、この追記の情報を知ることも出来ない訳ですし。

これらをどうこう言うよりも、自分のオペレートテクニックや戦術を振り返ったり、今後の設備面の見直しに力を注いだ方がよっぽどいいと思います。

feed ロングワイヤーアンテナ修理 in link JK4HNN/とっとりLC575のブログ (2021/1/13 16:08:32)
先日修理したベランダのロングワイヤー・アンテナですが、今度は雪でエレメントの一部が釣り竿から外れました。電波が出せないというわけではないですが、本日修理しました。
P1132942.jpg

竿を倒して、園芸用の網とエレメントを竿にビニールタイで固定します。
P1132951.jpg

P1132953.jpg

P1132944.jpg

3連結した結束バンドで竿をベランダに固定。
P1132950.jpg

P1132955.jpg

元通りになりました。
P1132954.jpg

P1132938.jpg

釣り竿アンテナは何かあっても簡単な修理で直るので、FBです。

ではまた
にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村
feed TS-130 VFO アナデジ化 in link QRPな自作の日記                  (2021/1/13 14:25:50)
IMG_3405.JPG

2012年ころ、TS-130のVFOのDDS化を検討していました。
DDS化すれば周波数安定度が良くなり、当時やり始めたデジタルモードで使えるだろうと思ったからです。
当時、安価に入手できたAD9850ユニットを使用して何とか実装するところまでは仕上がりました。

DSC00614.jpg

http://blog.toshnet.com/article/52817886.html
http://blog.toshnet.com/article/53249363.html
http://blog.toshnet.com/article/101363031.html
http://blog.toshnet.com/article/101659716.html
http://blog.toshnet.com/article/102455817.html

しかし、調整をする段階になり、数百Hz程度の精度しかない自作の周波数カウンタしかなく、精度病にはまってしまう遠回りとなり、肝心のVFOのDDS化は放置されることになってしまいました。
改めてみてみると、最初に検討を始めたのが2012年で、その次が2014年、そして今回が2021年と8年がかりの改造作業となってしまいました。その間、引越しが4回(京都→南品川→西大井→大阪→千葉)でこれらの残骸を持ち歩いていたことになります。

今回、今更再び作業となったのは、昨年の2月頃に、JF3HZB 上保さんがカラー液晶を使用してアナログの円盤スケールをマイコン制御で実現され、それに強い興味を持っていたからです。

https://tj-lab.org/

残念ながら、その当時すぐには取り掛からず相変わらず色々なことで遠回りをしていた結果として、取り組むことにしました。
サイトの情報を眺めていたら、マイコンはPICかと思っていたのですがESP32を使用してArduinoで開発されていて、これなら自分にもできそうだと思えたからということもあります。

前置きが長くなりましたが、まずブレッドボード上でプログラムをインストールし、手持ちのカラー液晶を動かすところから始め、なんとか動き始めたところで、TS-130のVFOユニットに取付が可能かどうかを検討しました。
やはり、小型の液晶を使ったにもかかわらずあちこちが当たってしまってすんなりとは入らず、結果としてはVFOユニットの取付窓部分を削って何とか取り付けられました。勿論、取付のためのネジ穴などありませんので、ボンドで固定してあります。

ツイッターで紹介させていただきましたが、その時の動画です。


再生できない場合、ダウンロードは🎥 こちら


通常だとこの辺りでまた放置してしまうのですが、投稿した当局の方が驚くほど反響があり、調子に乗って改造したVFOユニットを本体に実装するところまでやってみました。
次の動画が、その時の様子です。
6年前にやった時に、すでにバンド切り替えの信号を引き出しヘッダーコネクタにしていましたので、バンド切り替えに連動して周波数表示と、バンド毎の帯域制限も組み込むことができました。


再生できない場合、ダウンロードは🎥 こちら


せっかくここまで改造したので、調整して使用できるところまで進めようと思ったのですが、受信音が全く聞こえません。40年前のリグで6年前は動いていたとは言え、6年間の放置が災いしたようです。
しかし原因はすぐにわかりました。
AFアンプの動作からテストし、VR以降は音が出ていましたがそれ以前がNGでした。外観上は全く問題がないのですが、VRにつながっているシールド線の被覆の中で断線が発生していました。そんなに動く部分ではないのに!?というところですが、ここを接続して受信できるようになりました。
あとは入手していたサービスマニュアルを見ながら、電源電圧、AGC電圧の調整、局初の周波数合わせ(やっと高精度病で遠回りした成果が活かせました)をやって、おそらく当時と同じくらいの受信性能になったかと思っています。コイル類の調整は、とても面倒なのでやっていません。
ノイズも少なく、音質も最近のリグと比較してトリオらしい聞きやすい音質だとあらためて感じました。

送信部は、特に問題なく10W出力しており、マイクを使った音声信号もモニターする限りは特に問題はなさそうでした。
それならばと、早速PC⇔リグインターフェースを接続して、当初の目的であるデジタルモード(現在はFT-8)で運用してみました。音声の入出力端子は、すでに6年前に裏側に穴をあけてミニジャックを取り付けて配線してあり、接続は簡単でした。
時間的に、3.5MHzしか開けてなかったので3.5MHz国内バンドでの運用でしたが、当局は3.5MHzでの運用が少なかったせいか、立て続けに呼んでいていただき、20局ほどQSOさせていただきました。
今朝は7MHzでの運用でしたが、こちらも10局ほど立て続けにQSOいただきました。
受信信号を見ていても、周波数のふらつきは見られず実用範囲かなと思っております。
なお、このTS-130は6年前にTSS殿に保証認定いただき、デジタルモード接続での運用も含めて当局の設備として免許されているものです。

以降、VFOの出力信号波形、内部の写真などを掲載します。

IMG_3384.JPG
定K型LPF2段フィルタの後、エミフォロバッファーで出力

IMG_3396.JPG     IMG_3399.JPG
                バンド信号入力

IMG_3398.JPG     IMG_3400.JPG
フィルタとバッファーアンプ   VFOユニットの出力端子

IMG_3401.JPG
本体との接続、ユニットの電源、VFO出力、バンド信号入力の3ケーブル

IMG_3393.JPG     IMG_3395.JPG
本体に実装した、表側と裏側の様子

IMG_3394.JPG     IMG_3402.JPG
PCとの音声入出力I/F端子      I/Fとの接続の様子



feed <第四級アマチュア無線技士に対して>沖縄総合通信事務所、免許を受けずに簡易無線局を開設した宮古島の男性を48日間の行政処分 in link ニュース – hamlife.jp (2021/1/13 12:25:04)

1月12日、沖縄総合通信事務所は免許を受けずに簡易な無線通信業務を行う簡易無線局を開設し、電波法第4条第1項の規定に違反した沖縄県宮古島市在住の無線従事者(第四級アマチュア無線技士)に対し、業務に従事することを48日間停止する行政処分を行った。

 

 

「令和2年度電波利用環境保護活動用」のPRポスターに、元グラビアアイドルで現在は女優やタレントとして活躍している「壇蜜」が起用された

 

 

沖縄総合通信事務所が発表した内容は次のとおり。

 

 

 総務省沖縄総合通信事務所は、電波法に違反した無線従事者に対して行政処分を行いました。

 

 

1.違反の概要および行政処分の内容

 

被処分者: 沖縄県宮古島市在住の男性(59歳)
違反の概要: 免許を受けずに簡易な無線通信業務を行う簡易無線局を開設し、電波法第4条第1項の規定に違反した。
処分の内容: 無線従事者(第四級アマチュア無線技士)として、その業務に従事することを、本日から48日間停止する。

 

 

2.法的根拠

 

 無線従事者の従事停止処分は、電波法第79条第1項に基づくものです。

 

電波法(昭和25年法律第131号)(抜粋)

 

第4条第1項(無線局の開設)
 無線局を開設しようとする者は、総務大臣の免許を受けなければならない。(以下略)

 

第76条第1項(無線局の免許の取消し等)
 総務大臣は、免許人等がこの法律、放送法若しくはこれらの法律に基づく命令又はこれらに基づく処分に違反したときは、三箇月以内の期間を定めて無線局の運用の停止を命じ、又は期間を定めて運用許容時間、周波数若しくは空中線電力を制限することができる。

 

第79条第1項(無線従事者の免許の取消し等)
 総務大臣は、無線従事者が左の各号の一に該当するときは、その免許を取り消し、又は三箇月以内の期間を定めてその業務に従事することを停止することができる。
 一 この法律若しくはこの法律に基く命令又はこれらに基く処分に違反したとき。

 

 

 

 沖縄総合通信事務所は「良好な電波利用環境を確保するため、今後も法令遵守に関する周知の徹底と電波監視を行い、電波法違反に対しては厳正に対処してまいります」と説明している。

 

 

 

●【電波法80条報告書ひな形付き】総合通信局へ“違法運用”を通報するための「報告書」の書き方から提出先まで

 

 

 

●関連リンク: 沖縄総合通信事務所 電波法違反の無線従事者に対する行政処分-無線従事者の従事停止処分-

 

 

 

feed <持ち運びに便利! 移動運用のお供に>無線雑貨の店「HAM-NET」、「クリアファイル2種セット フォネティックコード/和文通話表」を発売 in link ニュース – hamlife.jp (2021/1/13 12:05:47)

アマチュア無線やライセンスフリー無線で使用できるオリジナル雑貨の製造・販売を行う無線雑貨の店「HAM-NET」は、同店のオリジナル商品として人気の高いA2サイズのポスター「フォネティックコードを覚えよう」と「和文通話表を覚えよう」のデザインをそのままに、A4サイズのクリアファイル(片面印刷)にして2種セットで販売を開始した。「無線関係の資料を挟んでおいたり、ログブックやQSLカードを挟んで移動運用のお供に活用してください」と案内している。価格は600円(税込み)。

 

 

 

オリジナル商品として人気の高い「フォネティックコードを覚えよう」と「和文通話表を覚えよう」のポスターデザインが、持ち運びに便利なクリアファイルになって登場!

 

 

 

 無線雑貨の店「HAM-NET」の商品紹介から「クリアファイル2種セット フォネティックコード/和文通話表」を紹介しよう。

 

 

 

 人気の「フォネティックコードを覚えよう」「和文通話表を覚えよう」がクリアファイルになりました。無線関係の資料を挟んでおいたり、ログブックやQSLカードを挟んで移動運用のお供に活用してください。2枚セットとなります。

 

サイズ:A4サイズ 片面印刷

 

※モニター画面と実際の商品とは色合いに若干の差が生じることがございます。
※HAM-NETオリジナル

 

 

 

↓この記事もチェック!

 

<ハンディ機のベルトクリップで固定>無線雑貨の店「HAM-NET」、「ハンディ機スマホホルダー取付金具」を発売

 

<水に濡れても大丈夫、風呂場に貼って覚えよう>無線雑貨の店「HAM-NET」、A2サイズポスター「和文通話表を覚えよう」を発売

 

【ハムフェア2019】<従来の無線グッズにない商品を開発>無線雑貨の店 HAM-NET、無線をテーマにオリジナル雑貨の製造と販売

 

 

 

●関連リンク:
・クリアファイル2種セット フォネティックコード/和文通話表(無線雑貨の店HAM-NET)
・無線雑貨の店HAM-NET

 

 

 

feed FRG-7700 感度悪い in link Ham Radio 修理日記 (2021/1/13 10:47:48)

FRG-7700 受信感度が極端に悪くなっています。

 

 

原因はRF AMP Q1014 3SK73GR不良です、交換。

 

 

感度再調整

 

 

PLL再調整

 

 

ランプが黒ずんでいます

 

 

LED化、

スポンジ劣化していましたので交換。

 

 

つまみ類清掃。

 

 

交換部品

 

 

完了です。

 

 

feed ホテルサン防府からぐるり1周の出張ラン in link 元気なクマの日曜日 (2021/1/13 10:16:24)
昨日もぐるり1周の出張ラン。

駅前のホテルサン防府を出発し、桑山をぐるりと周り防府天満宮をお参りして帰るコースです。


道中歩道がなく車が多い所もありますが、そんな時は道の右側の路側帯を走っています。

出張ランも残す所あと1回ぐらいかな。

金曜日まで出張ですが、最後の夜は串カツ屋さんに行く予定なんで
feed お年玉の到着 Hermes Lite 2 - 1 in link 7L4IOU (2021/1/13 10:39:42)

 昨日の夕方、お年玉が届きました。

中から出てきたのは


11月11の独身の日、11月26日のブラックフライデー、12月のクリスマスセール・・・

手を替え品を替えて届くRedPitayaの売り出し案内に、もう一つ欲しいな~と思ってしまう自分がいました。

と言うのは、気に入っていたQRP用のProficio SDRトランシーバ、3.3V系がトラブっており、レギュレーターを疑っていたのですが、どうやらその先のCPUかコーデックのICがショートしているようで、里帰りの相談中でなのです。

そうは言っても、SDR用のSDRlab 122-16 は良いお値段です。

https://www.redpitaya.com/p52/sdrlab-122-16-standard-kit

税金だの送料だのを足すとザックリ6万円。

それに、スイッチング(送受切換)ボード、LPFも要るし・・・・と言う訳で物欲を封印していました。

そんなときに何かの拍子で、こんなものを見つけてしまいました。



Hermes Lite 2

https://www.makerfabs.com/hermes-lite-2.html

2~3年前には売り切れだったのですが、受付を再開したようです。

フィルターボードとケース+送料を足しても$313とのこと、ざっと、RedPitayaの半値です。

ついポチッて仕舞ったのがクリスマスの早朝、約3万3千円の散財でした。

年が明けて、1月11日に発送したよ!との案内がありました。

が、翌々日に届いたのはちょっと驚きました。

二つ並べてはがき大

ボードはコネクタで連結

さて、12bitは如何でしょうね?

HFでは問題ないような気もするのですが・・・

唯一の工作として、放熱用のシムを取り付けるための、穴あけが必要なようです。

https://www.makerfabs.com/desfile/images/Shim-in-Position-to-Slide-in-Place.jpg

しばらく遊べそうです。




feed <「HAMtte交信パーティ2021 冬」について>「OMのラウンドQSO」第241回放送分の音声ファイルをWebサイトで公開 in link ニュース – hamlife.jp (2021/1/13 8:30:01)

「地元・茨城のOM3人がお送りする新番組です。無線歴50年以上、平均年齢なんと69歳! アマチュア無線から地元のネタまで、楽しい話題で盛り上がります」というアマチュア無線番組「OMのラウンドQSO」。2016年6月5日から茨城県水戸市のコミュニティFM局「FMぱるるん」で放送されている。スタートから200回を超え、レギュラー陣の平均年齢も73歳になったという。2019年1月の番組改変で30分番組に昇格し、毎週日曜日の21:30~の放送となった。

 

 

 

 新たに音声ファイルが公開されたのは、2021年1月10日(日)21時30分からの第241回放送。リモート飲み会の話題から始まり、サンタクロースの追跡サイト、水戸駅前のイルミネーション展示の「はやぶさ2」、初詣の前倒し、JARD主催「HAMtte交信パーティ2021 冬」でのJARD局(JO1ZRD)の運用当番など、さまざまな話題が登場した。

 

 番組後半の一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会(JARD)の情報を毎週伝える「JARDコーナー」では、養成課程講習会の試験執行職員とコンテスト運営委員会の委員を務めているJK1DZT 佐野氏が登場。試験執行職員の業務と受講者交流サイト「HAMtte」についてを紹介。1月9日から24日まで行われている交信イベント「HAMtte交信パーティ2021 冬」を紹介した。

 

 番組は下記関連リンクの「OMのラウンドQSO」のWebサイトから。下部に並んだ日付から聞きたい放送日のものを選ぶと、mp3形式の音声ファイルで聴取できる。 なお放送終了後一定期間が経過したファイルから削除される可能性があるので早めのワッチをオススメする。

 

 

 

●関連リンク: OMのラウンドQSO(FMぱるるん)

 

 

 

feed 【HAM】Testing the FT-817 Digital Interface in link Radio Experimenter's Blog (2021/1/16 14:57:44)
【FT-817のデジタル・インターフェースを試用する】 abstract A friend of mine has developed a digital interface unit for the FT-817. The unit is mounted on the bottom of the FT-817 and can interface to a PC with a single USB cable, allowing digital mode communication with WSJT-X and JTDX. I am now testing the unit. I had a little trouble at first. However, the problem has been solved and the unit is now working very
feed 第39回オール埼玉コンテスト参加しました in link アマチュア無線局 JO1KVS (2021/1/13 1:05:27)

11日(祝)の午前、3.5MHz帯はいつもならもう静かな時間帯なのに結構信号が見えてました。
(バンドスコープが賑やかだった)

何かな?と思ったら埼玉コンテストでした。

聞こえる局を呼び倒そう、と参戦。
3.5MHz帯での交信実績を増やすことが出来ました。

ほかのバンドも聞こえていましたが、用事もあったのでこのくらいで引き上げました。

ログは先ほど電子で提出。

注意書きに、
「メール本文は、誤判定防止のために電子ログ(サマリー含む)の記述のみとし、電子ログを添付ファイルとして送る方は本文を必ず白紙としてください。(署名も付けないでください。)送受信のコンテストナンバーが正確に記入されていない。参加部門のコードナンバーに誤りがあるなどのミスが目立つので、送信前に再度確認をお願いいたします。」
とありました。
気を付けましょう。

feed 遠くに飛ばすにはパワーか? アンテナ地上高か? in link 毎日はレビュー (2021/1/12 23:32:16)

 

中学生で144MHzのアマチュア無線にデビューした当時、遠くに飛ばすためにはパワーよりもアンテナの地上高を稼げと教えられました。そんなわけでひどい時には長いポール3本をジョイント金具で連結してGPアンテナを上げてました。今思えばかなりデンジャラスです。

最近、FTM-7250Dというパワーを可変にできる無線機を手に入れました。パワーかアンテナ地上高かの差を確かめてみたくなり、晩酌中の某MH160局にお願いして実験してみました。

2局間の距離は10kmちょっとです。でも、我が家から某MH160局方面には20mほどの急な山があり、その後も50mくらい上る必要があります。つまり見通しではありません。実験周波数は435.56MHz。アンテナはヤフオクで手に入れた ツインアストロプレーン と第一電波工業の SG7900 の2つです。アンテナの地上高は2点の比較です。低いは2階の屋根を超えたあたりで、高いはそこからさらに2mほど上げた地点です。送信出力は5W、25W、50Wで比較しています。その結果が上の表です。送りのところにある数字が某MH160局で受信した際の信号強度です。無線機のSメーターには10個のSメモリがあるため、そのメモリの一番近い所を教えてもらいました。

結果は見ての通り、ある意味想定通りでしたが、自分なりに色々と気づきもありました。

・ツインアストロプレーンでは地上高を上げることが効果を発揮できませんでした。 以前、車上設置で好成績 をたたき出したのはアースが良い具合に効いていたからかもしれません。
・SG7900は地上高を高くした効果が大でした。低い地上高で50W出したものと同じ飛びを、アンテナを2mほど高くするだけで5Wでも達成しています。
・最後にSG7900を地上高高いのままで周波数を145.56MHzに変更してみたところ、信号強度が2倍以上に跳ね上がりました。やはり見通しではない2点間では144MHzの粘り強さが際立ちました。

ということで、やはりアンテナは高い所の方が良いわけですが、雷や台風の影響も受けやすくなりますので、ほどほどで楽しみましょう(笑)。
 

feed JA2GQP OMのオールモード対応si5351 VFOの組み立て in link 真空管にゲルマトランジスタ、8mm映画にコダクローム-アナクロおやじのアナログブログ (2021/1/12 22:33:03)
14MHz FT8の受信には、自作オールモード受信機を使っている。当初、VFOにはMIZUHO VFO-5Dを使用していたのだが、流石にアナログVFOでは実用にならず、VK5TMのAD9850 DDS VFO https://fujichrome.exblog.jp/25155189/https://fujichrome.exblog.jp/25191792/ を外付けで使った。 VK5TM...
feed 4.630MHzクリコンの組み立て in link 真空管にゲルマトランジスタ、8mm映画にコダクローム-アナクロおやじのアナログブログ (2021/1/12 22:35:19)
非常通信周波数である4.630MHzにQRVする計画を立てて、クリコン用水晶と4.630MHz水晶を手に入れたところである。4.630MHzは60mバンド、5MHz帯に周波数が近く、その伝播特性に興味が持たれる。 https://fujichrome.exblog.jp/31978037/ 初めての周波数にQRVする場合、まずは受信してみるのが常道である。そこで、クリコンから組み立て...
feed 28MHz AM/SSB受信機の作り直し-基板のエッチングと組み立て、取り付け、回路図 in link 真空管にゲルマトランジスタ、8mm映画にコダクローム-アナクロおやじのアナログブログ (2021/1/13 21:22:59)
28MHz AM/SSB受信機を作り直すことにして、フィルター切替基板の感光マスクを描いたのが11月21日のことであった。 https://fujichrome.exblog.jp/31977972/ これ以外に必要な基板は、これまでに組み立てた機器に使った基板をそのまま流用できそうである。 ①2018年1月の3SK291 RF-DBM基板感光マスク(1号機) ②2019年1月の14MH...
feed <特集は「アンテナ・チューナ活用ガイド」、別冊付録は「南極越冬記 南極の空」>CQ出版社が月刊誌「CQ ham radio」2021年2月号を刊行 in link ニュース – hamlife.jp (2021/1/12 18:00:56)

CQ出版社はアマチュア無線界で唯一の月刊誌、「CQ ham radio」の2021 年2月号を1月19日(火 )に発売する。同誌は1946(昭和21)年9月号の創刊で今号は通巻896号となる。特集は「アンテナ・チューナ活用ガイド」 。別冊付録としてJG2MLI 吉川康文氏の「南極越冬記 南極の空」がつく。価格は990円(税込)。

 

 

「CQ ham radio」2021年2月号表紙

 

 

 1月19日に発売される「CQ ham radio」2021年2月号のおもな内容は下記の通り。

 

<特集>使いこなしの基本から応用まで「アンテナ・チューナ活用ガイド」

・アンテナ・チューナの基礎知識
・外付けATUの魅力とエレメント製作
・屋外型ATUの使いこなしガイド
・わたしの運用スタイル 1 アンテナ・チューナで広がるHF帯の楽しみ
・わたしの運用スタイル 2 据置型アンテナ・チューナの使い分け術
・市販アンテナ・チューナ紹介

 

 

【ユーザー・レポート】

・米国ハムの評価で見る 八重洲無線 FTDX101シリーズの魅力
・JVCケンウッド TS-890で楽しむFT8
・第一電波工業 50/144/430MHz帯 3バンドGPアンテナ「V2000」
・コメット1.8~60MHz対応アンテナ・チューナ「CAT-300」
・第一電波工業1~54MHz帯コモンモード・フィルタ「CMF2000」
・アイコムHF/ 50MHz 200Wトランシーバ「IC-7851」

 

 

【ファースト・インプレッション】

・八重洲無線 HF/50MHzトランシーバ「FTDX10」

 

 

<トピックス>

・Long Live CW Award 「CW77」発行
・シャックにあると安心「アマチュア無線用電波法令抄録 2021/2022年版」活用ガイド
・ハイパワー(200W超え)無線設備のスプリアス確認保証の申込方法
・8J1JOTA 体験局兼記念局スタッフ奮闘記【後編】
・シリーズ 米国アマチュア無線草の根レポート 米国ハムのHFアンテナ事情
・続・最近の出来事とアマチュア無線
・ウクライナ発「UR6QW」8バンド・イコライザの紹介
・アマチュア無線の面白チャレンジ
・TX0Tでタタコト環礁(OC-298)からオン・エア
・J8/UR5BCP セントビンセント及びグレナディーン諸島 運用レポート
・カリブ海地域のハム紹介(第9回)
・CQ ham radio 2020チャレンジ・アワード申請ガイド

 

 

<テクニカル・セクション>

・小型・軽量パドルの製作
・解説 U.S.Army Air Force BC-348【前編】

 

 

<DX World>

・近着QSL紹介
・DX Column
・DX News
・Low-Band DXing
・High-Band DXing
・Digital Mode DXing
・Short Break
・DX Report
・QSL Information
・近着QSL情報

 

 

<連載>

・新製品情報
・短期連載:受信機の構成とその進化
・真空管で伝える基本技術
【新連載】 FT8最新事情
【新連載】 CW運用ステップアップ
【隔月連載】 BCL TODAY!
・From USA
・ライセンスフリーワールド
・2mSSBで楽しもう!
・記念局INFORMATION
・以心電信
・ハムのQ&A
・8J1RLだより
・CQ ham for girls
・アワード収集を楽しもう!
・みんなで楽しむAM通信
・HF帯コンディション予報
・衛星通信情報
・EME(Earth-Moon-Earth)
・マイクロウェーブ ワールド
・ARDF NEWS
・モールス通信実践講座
・Let’s enjoy C4FM & WIRES
・APRSでコミュニケーション
・D-STARインフォメーション
・新 移動運用セミナー
・海外コンテスト
・国内コンテスト
・海外/国内コンテスト規約

 

 

<別冊付録>ハム手帳2021

 

 

 同誌に関する情報は下記関連リンクから。また予約・購入は下のAmazonリンクが便利だ。

 

 

 

 

 

●関連リンク:
・CQ ham radio WEB MAGAZINE
・CQ ham radio(CQ出版社 WebShop)

 

 

 

feed 掃除機の修理 in link 埼玉の空より (2021/1/13 0:57:39)
仕事場で使っている掃除機が故障して動かなくなったので修理をしてみました。 使っていた掃除機は紙パック式の非常にレトロな物。 故障の症状は、その直前まで問題なく動いていたものが、一旦オフにしてから再びオンにしたときうんともすんとも言わなくなり動かないという事。 なんか調子が悪くてついに動かなくなった・・・というのとは違うので、そこから故障の原因を推察します。 実は前にも同じ症状で止まった...
feed <ARISSスクールコンタクト>国際宇宙ステーション(ISS)の宇宙飛行士、1月13日(水)19時38分から滋賀学園中学校の生徒たち(8N3SG)と交信 in link ニュース – hamlife.jp (2021/1/12 12:25:09)

アマチュア無線の資格を持ち、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の宇宙飛行士と、子どもたちが交信を行うプロジェクト「ARISSスクールコンタクト」。2021年1月13日(水)の19時38分JSTから滋賀県東近江市の滋賀学園中学校の生徒(16名)が「8N3SG」のコールサインで交信を行う予定だ。これが日本から通算100例目のARISSスクールコンタクトとなる。ISSから登場するのはNASA所属の、シャノン・ウォーカー(Shanonn Walker)宇宙飛行士(KD5DXB)だ。交信の模様はYouTubeでの生配信も予定されている。

 

 

滋賀学園中学校のお知らせより

 

 

 ISSの宇宙飛行士と日本の子供たちの交信は、昨年1月22日に行われた福井市立森田中学校(8J9MO)との交信以来となる。滋賀学園は中高一貫の私学(共学校、生徒数は中学53名、高校611名)だが、今回は中学生16名が国際宇宙ステーションと交信する予定だ。当日の交信風景はYouTubeでの生配信も予定されている。

 

YouTubeで滋賀学園中学校のARISSスクールコンタクト交信風景を生配信(18:15~)

 

 

 交信は日本時間の1月13日(水)19時38分29秒からおよそ10分間にわたって行われる。国際宇宙ステーションのコールサインは「NA1SS」。ARISS JapanのWebサイトによると、 ISSからは145.80MHzで音声信号が送られてくる 。現在ISSには日本人の野口聡一宇宙飛行士(KD5TVP)が滞在しているが、交信はNASA所属の女性宇宙飛行士、シャノン・ウォーカー氏(KD5DXB)が担当し英語で行われる予定だ。野口宇宙飛行士の“飛び入り参加”はあるだろうか!? 予定されている16名の質問は次のとおり。

 

1. Can you see shooting stars from the ISS?
2. What are some of the challenges of living in zero gravity?
3. Aren’t you lonely in space?
4. How do you manage the food on board the ISS? What happens when you run out?
5. What was the hardest part of becoming an astronaut?
6. When and where do you sleep on the ISS?
7. How many times and how much food do you eat each day?
8. Is it comfortable to sleep in space?
9. What is the difference between the night sky seen from Earth and the night sky seen in space?
10. Is the earth really blue when seen from space?
11. What did you think when you first went into space?
12. When do you feel the most like you’re in space on the ISS?
13. Are space suits heavy?
14. Do you enjoy floating around in space?
15. What’s the best space food you’ve eaten?
16. Which do you enjoy more, life on earth or in space? And why is that?

 

 過去、NA1SSから発射された宇宙飛行士の声に対しては「見晴らしのよい場所で、ハンディ機に付属ホイップアンテナでも聞こえた」「アパートのベランダから斜めに付き出したモービルホイップでキャッチした」といった受信リポートがTwitterに書き込まれている。ビームアンテナに仰角ローテーターといった本格装備がなくても、ISSの軌道が高く状態の良いタイミングなら、受信のチャンスはありそうだ。

 

ARISSスクールコンタクト開催時のISS軌道予測(7M3TJZ 安田氏のSatTrack V3.1.6使用)

 

 言うまでもないことだが、この日のために準備と交信の練習を重ねてきた生徒たちの夢を壊さぬよう、静かなワッチを心掛けたい。ARISSスクールコンタクトの開催日は管轄の総合通信局がDEURAS、DEURAS-Mなどを使って電波監視を強化するのが通例だ。

 

 

 

●関連リンク:
・ARISSスクールコンタクト詳細(滋賀学園中学校)
・滋賀学園中学校 公式サイト
・Upcoming Contacts(ARISS.org)
・ARISSスクールコンタクト
・「きぼう」を見よう-国際宇宙ステーション(JAXA)

 

 

 

feed <特集「充実のシャック構築ノウハウ」>電波社、「HAM world(ハムワールド)」2021年3月号を1月19日(火)に刊行 in link ニュース – hamlife.jp (2021/1/12 12:05:01)

株式会社電波社のアマチュア無線誌「HAM world(ハムワールド)」2021年3月号が、2021年1月19日(火)に刊行される。今号の特集は「個性派ハムの運用スタイルに学べ! 充実のシャック構築ノウハウ」。注目の記事は「アイコムIC-705専用アンテナチューナーAH-705発売に!」「最速レポート ヤエス FTDX10」「各種部材の取り外しが難しい外国車のモービルセッティング」「手作りアンテナ入門編」などを掲載。価格は909円+税。

 

 

「HAM world 2021年3月号」の表紙

 

 

 電波社の「HAM world」は同社の月刊誌「ラジコン技術」の増刊として、2015年9月にVol.1、2016年2月にVol.2、6月にVol.3、9月にVol.4、12月にVol.5、2017年3月にVol.6、6月にVol.7、9月にVol.8、12月にVol.9、2018年3月にVol.10、6月にVol.11、9月にVol.12、そしてVol.13から独立創刊を果たし“月号表記”となり、12月に2019年2月号、3月に2019年5月号、6月に2019年8月号として3か月に1回のペースで刊行。

 

 そして、7号前の2019年11月号からは隔月刊(2か月ごと)で発行されるようになって、今回の2021年3月号でシリーズ23冊目を数えるアマチュア無線専門誌だ。

 

 

 記事内容など概要は下記の通り。

 

 

★「HAM world」2021年2月号の概要

 

◆発売日: 2021年1月19日(火)全国書店発売
◆定価: 909円+税
◆発行: 株式会社電波社
◆体裁: A4 平綴じ
◆記事内容: 下記の通り

 

 

★「HAM world」2021年3月号の概要

 

<特集:個性派ハムの運用スタイルに学べ! 充実のシャック構築ノウハウ>
・夢の別宅シャック
・移動する居住空間「ノマドハウス」の魅力
・自作派のシャック
・アイコムのソフトRS-BA1 Ver.2で無線機を遠隔操作する方法
・「first JA!」の声がうれしい#1オナーロールのシャック拝見
・無線家が設計したキャンピングカーに学ぼう
・無線機用デスクの製作

 

<注目の記事>
・アイコムIC-705専用アンテナチューナーAH-705発売に!
・最速レポート ヤエス FTDX10
・NEW ITEM! 注目の新商品
・各種部材の取り外しが難しい外国車のモービルセッティング
・UNEクワッドを小型化したFoldedUNEアンテナの製作
・D-STAR完全マスター
・超実践的CW練習法
・手作りアンテナ入門編
 >144&430MHzダイポールアンテナ
 >430MHz3素子円ループアンテナの製作
・世界の短波放送を聴こう!
・DXコミュニケーションバンド 29MHz帯FMの運用ルール
・今日から始めて生涯楽しめるDX運用
・アマチュア無線局の免許手続き 電波法施行規則等の変更に関する賛否の見解
・無線機ミュージアム〔BCLラジオ編〕松下電器クーガ115
・50MHz帯500W 最新型半導体LDMOSを使ったリニアアンプの製作
・シティサイクル+ポータブル機で快適に移動運用するポイント
・オールドリグ修理日記ヤエスCPU-2500の表示を修理
・IP無線機 アイコムIP502Hを体験
・アマチュア無線面白ヒストリー
・電波障害とその対策
・Nano VNAを使った430/1200MHzツインループアンテナの製作
・ライセンスフリーラジオの世界
・JARL NOW!
・読者モニタープレゼント
・読者の広場『SHIMOUMA LOUNGE』

 

 

 

同誌の確実な予約・購入には下のAmazonリンクが便利だ。

 

 

 

 

 

 

※以下は「HAM world」創刊号(Vol.1)から2020年11月号までのバックナンバー。プレミアム価格で取り引きされている号もある

 

 

 

 

●関連リンク: 株式会社電波社

 

 

 

feed <新型コロナウイルスの拡大が収まらず>5月21~23日開催予定、米国「デイトンハムベンション2021」中止決定 in link ニュース – hamlife.jp (2021/1/12 11:30:55)

2021年5月21日(金)から23日(日)に米国オハイオ州で予定されていた世界最大規模のアマチュア無線イベント「デイトンハムベンション2021(Dayton Hamvention2021)」の開催中止が1月11日に決定した。新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大が続く中、世界的なワクチン配布の遅れや、より伝染性の高い変異種の発生などにより、今後数か月間でさらに公衆衛生上の問題が発生する可能性が高まったことを理由としている。ARRL NEWSの抄訳で紹介する。

 

 

「ハムベンション2021」中止についての公式声明

 

 

 デイトンハムベンションは2年連続で開催中止が決定した。「残念ながら、COVID-19ウイルスの大流行からの回復が何度か挫折したため、ハムベンション2021を中止するという難しい決断を迫られています」と、1月11日にハムベンション実行委員会が発表した。デイトンアマチュア無線協会(DARA)が主催するハムベンションは、5月21日から23日までオハイオ州のゼニアで開催される予定だった。

 

「数百人のボランティアが、多くのアマチュア無線愛好家や出展企業のために、ハムベンションを実行するために必要なすべてのことをしてきました。しかし、米国と世界の両方でワクチンの配布が計画より遅れています。さらにより感染性が高いCOVID-19ウイルスの変異種が出現したことで、今後数か月の間にさらなる公衆衛生上の問題が発生する可能性が高まっています。私たちは来場者と出展企業の安全のため、難しい決断を下します。昨年延期されたチケットを持っていた人たちは、再び延期されることになります」

 

 同実行委員会は「ハムベンションは2022年に戻ってくるだろう」と述べ、ハムベンション2021の開催を予定していた週末にQSOパーティーを行うことを表明した。昨年11月には、2021年のハムベンションのテーマが “The Gathering”であることを発表していた。(ARRLニュース1月11日 ※許可を受けて抄訳/(C)ARRL)

 

 

一昨年開催された「ハムベンション2019」の様子

 

 

↓この記事もチェック!

【米国ハムベンション2019】<速報>主要メーカーのブースと会場の雰囲気

 

<300枚以上、写真リポート第1弾!>広くて1日でくまなく見てまわるのは無理、5月16日(金)から3日間にわたり米国「ハムベンション2019」開催

 

<300枚以上、写真リポート第2弾!>メーカー&クラブ展示のほか、日本では珍しい多彩な無線周辺グッズを探索「ハムベンション2019」

 

<300枚以上、写真リポート第3弾!>全米から販売店も多数出店、各所でポッドキャストの収録風景も…「ハムベンション2019」

 

<300枚以上、写真リポート第4弾!>さすがアメリカ、高出力リニアや高出力対応のオートアンテナチューナーetc.「ハムベンション2019」

 

<300枚以上、写真リポート第5弾!>頭にタワー&アンテナ、会場で超目立っていたド派手な人気者を発見「ハムベンション2019」

 

<300枚以上、写真リポート第6弾!>地元クラブの無線カーやまるごとシャックと化したトレーラーハウスなど大型車両がずら~り「ハムベンション2019」

 

 

 

●関連リンク:
・Dayton Hamvention Cancels 2021 Show(ARRL NEWS)
・2021 HAMVENTION CANCELLELATION(Hamvention2021公式サイトの声明)

 

 

 

feed 鳥南蛮 甘酢仕立て in link 元気なクマの日曜日 (2021/1/12 9:53:21)
昨日は久しぶりのジョギング。

寒気も緩んできたので、久しぶりに半パンでジョギングに出かけました。


手袋とウインブレも付けてますが、ウインブレは要らなかったかも
feed <今年から期間延長された「QSOパーティ」の印象>「Radio JARL.com」第106回放送分の音声ファイルをWebサイトで公開 in link ニュース – hamlife.jp (2021/1/12 9:30:48)

「JARLの話題や最新情報はもちろんのこと、アマチュア無線界の話題や情報などもお知らせする楽しい情報番組です」という、一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)のラジオ番組、Radio JARL.com。パーソナリティはJARL会長の髙尾義則氏(JG1KTC)が務めている。2019年1月6日から毎週日曜日の21時~21時30分に茨城県水戸市のコミュニティFM局「FMぱるるん」で放送がスタートした。2019年8月18日からは毎週日曜日の23時から東京都西東京市の「FM西東京」でも放送されている。

 

 

 

 新たに音声ファイルが公開されたのは2021年1月10日(日)21時からの第106回放送。前半は1月2日(土)9時から7日(木)21時まで行われた「QSOパーティ」について。今回から期間延長になったが、その印象と期間中に行われたJARL中央局の運用(今年は三密を避けるため、運用委員が機材持ち回りで運用)の報告、書類提出についてを案内した。

 

 後半はJARL Webのトップページに「入会金無料キャンペーン」と「JARL10,000局アワード」の案内をリンクで掲載したという案内。続いてこのあと開催される地方コンテストとして「オール埼玉コンテスト」「オール宮城コンテスト」を紹介。その他記念局運用などを合わせて案内した。

 

 

 番組は下記関連リンクの「Radio JARL.com」の音源公開ページまたはJARL Webの特設ページから。聞きたい放送日のものを選ぶと、mp3形式の音声ファイルで聴取できる。 なお放送後は一定時間が経過するとファイルが削除される可能性があるので、早めの聴取をお勧めする。

 

 

 

●関連リンク:
・Radio JARL.com 音源公開ページ(FMぱるるん)
・毎週放送 JARLのラジオ番組「Radio JARL.com」(JARL Web)
・Radio JARL.com番組案内ページ

 

 

 

feed <CQ誌1月号の内容紹介その4>「CQ ham for girls」第338回放送分の音声ファイルをWebサイトで公開 in link ニュース – hamlife.jp (2021/1/12 8:30:41)

「アマチュア無線初心者の2人がお送りする一般の方・無線初心者向けの番組です。もちろんベテランの方も聞いてください。そして2人の珍質問に笑ってください」という、女性だけのアマチュア無線番組、CQ ham for girls。2014年8月3日から毎週日曜日の15時~15時30分に茨城県水戸市のコミュニティFM局「FMぱるるん」で放送が行われている。また千葉県木更津市のコミュニティ局「かずさFM」でも毎週日曜日の15時30分~16時に同内容が放送されている。

 

 

 

 新たに音声ファイルが公開されたのは、2020年1月10日(日)15時からの第338回放送。アマチュア無線の月刊誌「CQ ham radio」副編集長の吉澤氏(JS1CYI)をゲストに、同誌2021年1月号(12月19日発売)の内容紹介(「8J1JOTA 体験局兼記念局スタッフ奮闘記 前編」)を行い、同記事の筆者である中学2年生のJI1VHV 高田隆甫氏に電話でインタビューした。

 

 番組は下記関連リンクの「CQ ham for girls」の音源公開ページから。聞きたい放送日のものを選ぶと、mp3形式の音声ファイルで聴取できる。 なお放送後1か月が経過したファイルから削除されているので早めのワッチをオススメする。

 

 

 

 

 

●関連リンク:
・CQ ham for girls
・CQ ham for girls Facebookページ

 

 

 

feed Raspbianがemergency modeで止まった in link jh4vaj (2021/1/11 23:19:59)
宅内LANがおかしい。調べていくとDHCPでIPアドレスが振られていない。DHCPサーバ(Raspberry Pi機)にsshで入ろうとしたらはねられる。あれ?死んだ?いや、死んでるのなら応答がないはずで、拒否されはしな...
(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 [530] » 

execution time : 0.778 sec
サイト内検索

メインメニュー

ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失


オンライン状況
37 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが 無線ブログ集 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 37

もっと...