ホーム >> 無線ブログ集 >> 「おおさかCB1456」のブログ

無線ブログ集

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

リンク 単体表示


link 「おおさかCB1456」のブログ 「おおさかCB1456」のブログ (2024/2/28 5:35:36)

現在データベースには 123 件のデータが登録されています。

feed 2024/2/4 2024年第二回関西OAM 開催報告 (2024/2/4 20:41:31)

今回は一週間前から冷え込み&荒天の予報。なんなら、平地でも雪の可能性があるとかないとかで、そもそも六甲山にたどりつけるのか? たどりついたとして山頂で無事に運用ができる状態なのか? まったくわからないので早めに出発して、現地の状況次第で開催形態などをきめることに。

 

荷物は土曜日のうちに車に積んでおいたので、5時に目覚めて身支度を済ませ、「ヒヨウゴAB717局」を迎えに出発。

とりあえず、平地では凍結や積雪はなく、マクドナルドに寄り道をして六甲山へ。

西宮カントリーを抜けたあたりから見える六甲山は上の方が白くなっており、AB717局と「これはやばいんじゃね?」という話をして、山上道路の入口でチェーン装着。いや、これは装着しておいてよかった。芦有道路の宝殿ランプを抜けたあたりから道路には凍結や積雪がみられるようになった。

途中でガードレールに突っ込んでいた初心者マークの車両、その傍らに立ち尽くす4人組あり。一応声はかけて、ケガはないことと携帯電話が通じる確認だけをして真っ白な一軒茶屋へ。到着したのは7時20分ごろ。

 

image image

 

まもなくするとスタッドレス装備の「おおさかYK520局」が来られてしばし談笑。「トヨナカAA244局」は「オオサカKS419局」をピックアップして8時過ぎに来られるということなので、3局できょうのOAMをどうするかを協議。到着したころは大粒の雪が降っていたものの、だんだん晴れ間が見えてきたことや「ここまできたんだから一回登ってみよう」という話にもなって、支度をして登山開始。

 

image image

 

到着したらまず臨時特小レピーターの設置。それからテントの設営。

 

image image

 

準備を整えてひとやすみしていると、「トヨナカAA244局」と「オオサカKS419局」が到着。「まさか上に登ってるとは思わんかったで〜」と息を切らしていたのはトヨナカ局。

そして、「ヒヨウゴAB717局」の設備にトラブルが発生。リグの電源コードの接触不良が原因で、いつものモービル機の電源がすぐに落ちてしまうという事態に。今回は諦めて、予備のハンディーリグでの2.5W運用に。

 

さて、<市民ラジオの部>だが、ときどき海外局や違法局の混信が大変にうるさいタイミングと、数局さんに同時に呼ばれるタイミングが重なって何が何ださっぱりわからない状況に。それでも静かになるタイミングなどもあって、低地からヘリカル機を使ってチェックインを試みた局の声もバッチリ届いていた。あんまりの寒さに持っていったMacbook Airのバッテリー残量がものすごい勢いで減っていっていたものの、なんとか持ちこたえた。開始から1時間半ほどでご参加局はまばらになって終了した。

 

image

 

<市民ラジオの部>が終わったのと同じくらいのタイミングで「おおさかYK520局」が<特小単信の部>の運用を終えられて先にお帰りになった。その後も、11時をめどに<デジコミの部><デジ簡の部><特小レピーターの部>が運用を終了して撤収作業。

8時前に山を登ってくるときは晴れ間も見えたのだが、9時過ぎくらいにはすっかりガスに包まれてしまって、それから晴れることはなく。いつもは11時となれば山頂で昼食をとる登山客が続々と現れるはずなのに、今回は登山客はかなり少ない。

 

image image image image image image

 

一軒茶屋まで降りたあと、先月同様4局でごはんを食べようという話に。その頃には道路の雪もだいぶとけていたので、チェーンを外して収納して「すきやき定食」を食べに。そこで解散となった。

 

 

最後になりましたが、今回もみなさまのご参加ありがとうございました。

次回は3月3日(日)午前9時から開催の予定です。

 

ログについては、関西OAMのブログをごらんください。


feed 2024/1/14 2024年第一回関西OAM 開催報告 (2024/1/14 17:15:26)

みなさま、このブログでのあいさつが遅くなりましたが今年もよろしくおねがいいたします。

 

さて、新年一発目のOAMは、前日天気予報では大変冷え込む予想で、ひょっとして路面状況も…?

ということが懸念される状態だったので、タイヤチェーンを携行し、普段はオートバイで移動の「ヒヨウゴAB717局」も乗せて六甲山へ。

 

一軒茶屋に到着したら、すでに「おおさかYK520局」が来られていてごあいさつ。ゲスト運用ありがとうございます。まもなく「トヨナカAA244局」も来られて山頂へ。自動販売機のガラスも凍りつくような寒さ。心配していた路面の凍結はなし。大量に凍結防止剤が撒かれてはいたが。

 

 

山頂に到着したらとりあえず、臨時特小レピーターの設置とテントの設営を開始。雲ひとつない青空の下なので、テントさえ張ってしまえば、ビニルハウスと同じ理屈でぽっかぽかになるはず!と期待をしながら。まもなく「オオサカKS419局」も来られた。

 

 

9時になって、各バンドとも一斉に関西OAMの運用を開始。

<市民ラジオの部>は開始当初はノイズもほとんどなく静かだったものの、しばらくしてから、あちらこちらからさまざまな種類の信号が入ってくるようになってしまった。時にはキュルキュル言ってみたり、ギャァァァンとなんとも文字では形容し難いような音がしてみたり、あとは違法の混信が少々。そんななかで数度のパイルアップがあり、とりきれなかった方や何度もコールサインを確認させていただいた方々には大変お手数をおかけしました。

コンディションが上がり気味なのかな?と感じられるようなタイミングもあったのだが、全般的にあまり飛びはよろしくない様子で、基本的にはGWのみ。

 

 

出かけるときにコンピュータがうまく動作しなくなってしまったので、今回はひさしぶりの紙ログ。

 

 

終始、抜けるような青空の下で運用できてなによりでした。

 

 

11時をメドに各バンドともに運用が終了、それくらいのタイミングで下からの登山のみなさんがどんどん山頂の方に来られていたので、急いで撤収作業を開始。登山のみなさんのお昼のピークを迎える前に一軒茶屋へ降りる。

 

「おおさかYK520局」とはここでおわかれをして、あとの4局で、神戸市北区の「からとの湯」でお食事。

メニュー表には載っていないがなぜか券売機でボタンが光っている「C定食」をみんなでいただいた。ちなみに「C定食」の中身はなんとすき焼き鍋の定食。「トヨナカAA244局」にごちそういただきました。ありがとうございました。

 

 

その場で、解散となって「ヒヨウゴAB717局」を送り届けてから帰宅した。

 

最後になりましたが、今回もみなさまのご参加ありがとうございました。

次回は2月4日(日)午前9時から開催の予定です。

 

ログについては、関西OAMのブログをごらんください。

 

 

 

 

 


feed 2023/12/2 2023年第十二回関西OAM 開催報告 (2023/12/3 22:36:09)

今年最後の関西OAMは時間に間に合うかどうかギリギリになることがあらかじめわかっていたので、遅れたとき・休むことになったときのために、<市民ラジオの部>を「ヒヨウゴAB717局」に代わっていただき、当局は<デジ簡の部>を担当することに。

 

結局、所用を済ませてから一軒茶屋駐車場に到着したのが、18時半ごろ。駐車場に「トヨナカAA244局」がおられたので一緒に山頂へ。

そこからまず臨時特小レピーターを設置して、アンテナを設置してからテントを張って…あ、そうそうTwitterでチャンネルのお知らせもしなくちゃ…とかやっていたら19時開始には間に合わず…お待たせしましてすみませんでした。

 

 

久しぶりに<デジ簡の部>を担当するということで、タンスから出してきたのは、IC-DPR100。これはかつて「ひがしよどがわAA152局」から関西OAMで使ってほしいと寄贈いただいたもので、電源になるモバイルバッテリーとともにハードケースに入れて保管していた。運用中にその「ひがしよどがわAA152局」からのチェックインがあったので、「使わせていただいています」とごあいさつ。

運用中は多少の混信があって、相手局の声がとりづらくなったタイミングが何回かあった以外は終始スムーズ。

遠方では愛知県からのチェックインが何局かおられて、また、当局と1stQSOの方や初めてのチェックインですという方が何局かおられた。

 

 

あんまり準備・運用に忙しすぎて、撮れた写真はこれで終わり。

 

21時ごろになって、<市民ラジオの部><デジコミの部>が終わって、「ヒヨウゴAB717局」と「トヨナカAA244局」は先に撤収して一軒茶屋へ。遅れて、<デジ簡の部><特小単信の部><特小レピーターの部>も終わって、下山。しばらくお手洗いの前や一軒茶屋駐車場で談笑をしてから解散した。

 

さて、最後になりましたが、1年間たくさんの方々に関西OAMにチェックイン・ご参加をいただきました。

ありがとうございました。

次回は1月14日(日)午前9時からの開催です。昼間の開催ですのでお間違いないようにおねがいします。

 

ログは関西OAMのブログをご覧ください。


feed 2023/11/11 2023年第十一回関西OAM 開催報告 (2023/11/12 18:10:51)

いつもどおり夕方から高速道路に乗って西に向かっていると、山の方にあやげな雲が。それどころか、兵庫県に入ったくらいからパラパラと雨が・・・。大丈夫か?と思いながらとりあえず六甲山へ。

 

一軒茶屋駐車場に到着すると、すでにきょうゲストオペレートをしていただく予定の「おおさかYK520局」がすでに来られていた。諸々の用意をして、一緒に山頂へ。

 

 

 

あす、縦走大会が行われるということで、六甲山上道路のあちらこちらに、立て看板が。

 

 

山頂に到着したら、もうすでに「ヒヨウゴAB717局」が<デジ簡の部>を開始されていた。

とりあえず、臨時特小レピーターを設置したのちに、自分のテントを設営。その後は「おおさかYK520局」と打ち合わせして、結局<特小単信の部><特小レピーターの部>を二刀流で担当していただくことに。

19時前に「トヨナカAA244局」もこられて、これで今回のキー局運用の態勢が整った。

 

<市民ラジオの部>では、愛知県豊田市や岡崎市から数局さんのチェックインがあり、2エリア方面にはよく飛んでいたようだが、反対に苦労したのが4エリア。とりわけ、いつも楽々QSOができる岡山県浅口市遙照山とはコールサインの確認にも苦労するほどだった。

 

 

ゲストで来ていただいた「おおさかYK520局」は<特小単信の部>を運用する際に、六甲山頂をあちらこちらへ歩いて、常にベストなポジションを探しておられた。一方で<特小レピーターの部>は混信があったようでうまくいかなかったとのこと。後から、同じ周波数・トーンのレピーターがあったのではないかという情報もあり。

 

 

<デジコミの部>は「トヨナカAA244局」の担当。顔写真掲載許可済み(笑)

なんでも明日は朝から職場の公開イベントがあるということで、21時で切り上げられて早めに下山された。お仕事の前にありがとうございます。

 

 

<デジ簡の部>は「ヒヨウゴAB717局」の担当で。今回も100局を超える局にご参加いただいて大盛況。いつも長時間お疲れさまです。

 

 

21時半ごろに撤収作業をして下山。一軒茶屋駐車場で解散した。

 

最後になりましたがみなさまのご参加ありがとうございました。

次回は12月2日(土)夜の開催です。

詳細は近くなりましたらお知らせします。

 

ログは関西OAMのブログをご覧ください。

 


feed 2023/10/7 2023年第十回関西OAM 開催報告 (2023/10/8 14:32:45)

昼頃に中野無線さんから電話がかかってきて、北海道からお越しの「そらちHD628局」が山頂に行きたいとのこと。本当にありがたい話で、中野無線さんおとりつぎありがとうございました。

山頂までの交通手段がないため、当局が車で芦屋川駅でピックアップして山頂へ。17時半ごろに到着。

 

 

六甲山の天気はくもり。例年10月からは寒さが厳しくなってくるのでテントが必須。

「ヒヨウゴAB717局」とともに山頂に上がって臨時特小レピーターとテントの設営。

 

 

 

<デジ簡の部>はいつもどおりの19時から先行開始。せっかくなので1時間は「そらちHD628局」にオペレートをしていただくことに。

 

 

さて、<市民ラジオの部>は20時から「そらちHD628局」にやっていただくことになっているので、当局は20時から<特小レピーターの部>を運用することに。テントの中で準備を整えてウトウトしていたところに「トヨナカAA244局」や「いずNM167局」が到着。

「いずNM167局」も先日からまたオペレートしたいと言っていただいており本当にありがたいかぎりで<デジコミの部>を担当していただくことに。「オオサカKS419局」も20時前に到着されて全員集合。

 

20時からは<デジ簡の部>を「ヒヨウゴAB717局」に交代し、「そらちHD628局」が<市民ラジオの部>を担当。リグは当局のNTS115を使っていただいた。<市民ラジオの部>のサポートに「トヨナカAA244局」が入られてログとり係。その横で当局は<特小レピーターの部>の運用を行っていたが「そらちHD628局」のオペレートがすばらしいもので、「トヨナカAA244局」とともに感動。

 

 

当局はひさしぶりに<特小レピーターの部>を担当。

市民ラジオとちがって大きな声を張り上げなくても良いのと、局数もそんなに多くないので、ゆったりめに運用していたら、いろんな方々から「きょうはいつもとちがいますね〜」と。

 

 

22時ごろにはすべての部門が終了し撤収して下山。

「そらちHD628局」は「オオサカKS419局」に大阪市内まで送っていただくことにして、他のメンバーも解散。

当局は「ヒヨウゴAB717局」と「いずNM167局」とともに吉野家に寄り道をして帰宅した。

 

最後になりましたがみなさまのご参加ありがとうございました。

次回は11月11日(土)夜の開催です。

詳細は近くなりましたらお知らせします。

 

ログは関西OAMのブログをご覧ください。


feed 2023/9/2 2023年第九回関西OAM 開催報告 (2023/9/3 15:02:35)

9月になったのにまだまだ暑いので(今年に限らないけど)今回もテントはなし。

「ヒヨウゴAB717局」が<デジ簡の部>を19時から始められるということなので、それに合わせて、18時くらいに一軒茶屋に着くように移動。

山頂に登っている途中に大阪平野の方を見ると、きょうは霞が少なく景色がはっきり見える。

 

 

山頂には「ヒヨウゴAB717局」が到着ずみ。夕日がとてもきれい。

 

 

日が暮れると同時に臨時特小レピーターを設置して、当局も準備。

<市民ラジオの部>と<デジ簡の部>は19時から運用開始。

 

 

微妙にコンディションが良いのかなんなのかわからないけれど、きょうはいろんなところからいろんなノイズが飛んできてとにかくやかましい。それから違法の混信もいろんなところから。

そんななかEsでのチェックインが「あおもりCC39局」からあった。アップされている動画によれば、当局のコールサインが最後の方まで伝わっていなかった模様…^^; 

それから、石川県の宝達山から「おおさかCB708局」のチェックインもあり。これはいままでの宝達・六甲間QSOの中では一番強い。絶叫の必要なしどころか普通にラグチューができるくらいの強さ。これにも驚いた。

 

今回は<デジコミの部><デジ簡の部>でも普段とは異なる伝搬状況だったようで、ダクトが出ていたようである。

それから、今回は「ひめじND18局」にゲストOPに来ていただき<特小レピーターの部>の運用をしていただいた。まだ開局してまもないというところで、慣れないながらも一生懸命オペレートしていただいて、本当にありがたいことでした。

 

 

こちらはランタンの近くに現れたバッタさん。

 

23時ごろに各部門とも運用を終了して解散。

 

最後になりましたがみなさまのご参加ありがとうございました。

次回は10月7日(土)夜の開催です。

詳細は近くなりましたらお知らせします。

 

ログは関西OAMのブログをご覧ください。

 

 


feed 2023/8/5 2023年第八回関西OAM 開催報告 (2023/8/6 1:01:33)

結果的には、いつもどおりの形で開催することができたものの、また今月も天気予報に悩まされることに・・・。

 

一時的とはいえ、夕方に雨が降る予報が出ていたのだが、それで延期をしてしまうと次の週はお盆の休みに当たってしまう。また、全国一斉ロールコールのことも考えて、もし雨が降っていた場合には先月の反省どおりに、東六甲展望台から車内運用で開催するつもりで、夕方「ヒヨウゴAB717局」とともに移動を開始。ちなみに東六甲展望台は淀川花火大会の見物客でいっぱいになっていた。

 

一軒茶屋に到着すると怪しい積乱雲があちらこちらに見えていたのだが、思い切って山頂へ。もしもの時は中断して下りてくることにして山頂での運用を決めた。

 

 

「ヒヨウゴAB717局」は19時から早々と<デジ簡の部>の運用を開始。

 

当局はいつもの場所に陣取って、臨時特小レピーターを設置。今回は三脚で。

また、市民ラジオはいつものNTS115ではなく、ICB-R5Aでの運用とした。それもこれも悪天時に撤収を素早くするため。

リグの電源を入れると、3chでいながわロールコールをやっていたのでチェックイン。きいてみると19時30分頃に終了予定ということなので、リレーさせてもらうことにした。

 

 

それで19時30分から<市民ラジオの部>を開始したその途端にゴロゴロと響く音が…やれやれこれはやばいやつか?と思っていたら、それは雷ではなくて淀川花火大会の花火の音。20時ごろに霧に包まれるそれもまもなく晴れて、結局天候が悪化することはなく、ときおり海外局や違法局の混信におされながらも、最後まで運用することができた。今回はご参加局はいつもよりも少なめだった。

20時ごろに「トヨナカAA244局」や「オオサカKS419局」も来られていつもの態勢で関西OAMを開催することができた。

 

23時ごろに各部門とも運用を終了して撤収して解散した。

 

最後になりましたがみなさまのご参加ありがとうございました。

次回は9月2日(土)夜の開催です。

詳細は近くなりましたらお知らせします。

 

ログは関西OAMのブログをご覧ください。

 

 


feed 2023/7/8 2023年第七回関西OAM 開催報告 (2023/7/9 1:23:41)

当初の予定は、1日(土)だったものの、雨予報ということで一週間延期に。

そうしたら、8日(土)も雨予報ということで実行委員会で協議。中止することも案にはあったのだが、やはり毎月開催することを大事にしたいということで、車内運用可能な<デジコミの部><デジ簡の部>に限って開催することに。

夕方に「ヒヨウゴAB717局」と食事をとってから六甲山へ。中国道を走っているときから六甲山方面の山の上に黒い雲が被っているのが確認できる。

「これはやばいかもしれないですね…」とかいいながら芦有道路に入ったら本当に霧が濃くなってきて(下界から見ると雲の中に入っている)一寸先も見えない状態に。最終的には、早歩きくらいのスピードまで落としながら六甲山へ。

 

ちょうど同じタイミングで「トヨナカAA244局」も一軒茶屋に到着したのだが、さすがに宅地の横でずっとエンジンを回しているわけにもいかないので、そこから西に300mほど走った場所で運用することに。準備をしていると「オオサカKS419局」も到着された。

 

 

<デジコミの部>は「オオサカKS419局」がオペレートして「トヨナカAA244局」がログとり、<デジ簡の部>は「ヒヨウゴAB717局」がオペレートして当局がログとりを担当することに。

どちらも20時半から運用を開始して、ほぼ途切れることなく22時頃まで各局さんにご参加をいただいた。

やはり山頂ではないので、摩耶山の影に入る西方面や六甲山の影に入る北方面には電波が届かない様子。ただ、その一方で山頂で開催しているときよりもSがよいというレポートもあって、これが伝搬の不思議なところ。

 

 

なお、「ヒヨウゴAB717局」もメモはとっているものの、ログについては当局によるリアルタイムロギング。運用が終了してまもなくTwitterに速報をアップして終了(笑)

 

その後4局でその場で協議。

今回開催できたことはよかったものの、これだけ霧が深いとは予想しておらず、わたしたちが六甲山へ移動するのに危険が伴った。

そのため、悪天が予想され六甲山最高峰での運用ができない場合の代替運用地は、芦有道路の東六甲展望台などにすることとし、それでも危険が伴う場合には「おうち版」とすることとした。

 

最後になりましたがみなさまのご参加ありがとうございました。

次回は8月4日(土)21時からの開催です。

詳細は近くなりましたらお知らせします。

 

ログは関西OAMのブログをご覧ください。


feed 2023/6/3 2023年第六回関西OAM 開催報告 (2023/6/4 1:29:01)

今回、関西OAMを開催するかどうかはけっこう迷った。来週の天気もよくないことが予想されていたので、天候が良いのであれば開催したいところ…だが兵庫県南部にも24時間で100ミリを超える雨が降っていたので、道路がどうなっているのかわからない。そんな状況の中で「条件付き開催」とすることに。

なお、雨とはまったく別で、オペレーターが不足しているために今回は<デジ簡の部>は休むことにした。

 

さて、明日の予定の都合上、今回は久しぶりに二輪で六甲山へ。

近所に住んでいる「ヒヨウゴAB717局」が110ccの二輪で向かうということなので、当局も通勤快速LEAD125で向かうことに。

道中結構混んでいるなか、思ったよりも時間がかかり、到着が19時20分過ぎに。もうすでに「トヨナカAA244局」は山頂に向かわれている様子。

 

 

ここからはまず臨時特小レピーターの設置。だが、今回は長いポールを持って来れなかったので三脚設置。それから、NTS115をいつものアース効果が高いとされている岩の上にセットして準備完了。運用開始。

 

毎年6月のOAMではEsチェックインをされる局が数局いらっしゃる。電源を入れたうちから、全国の違法局の混信がバンバン入ってくる状況なので、今年もあるかも?などと思っていたら、序盤のうちに北海道に移動されている「イワテB73局」入感。若干不安定ながらもあっさりQSO成立。ちなみに当局の今シーズン初EsQSO。それから、「イシカリAD416局」「イシカリAD521局」「あおもりCC39局」もチェックインされて、今回4局のEsチェックインがあった。

ただ、困ったのは、ひどいノイズと違法局の混信と強風。風に関してはもうアンテナが曲がっちゃうんじゃないかというくらい。これは長いポールを持ってきていたとしても、臨時特小レピーターを高々とあげてはいられなかったかもしれない。またノイズに関してもなかなかひどくて、普段楽々QSOできそうな距離の方々でも、運用地をききとるのに苦労する場面があった。

また今回はご参加局が少なめだった。2エリアで開催されているイベントの関係ではなかろうか…?とは「トヨナカAA244局」のお見立て。

 

 

今回「ヒヨウゴAB717局」に<特小単信の部>と<特小レピーターの部>をお願いしたが、特に単信の方はご参加局がかなり少なかったとのこと。最初の15分ほどはまったくご参加局がおらず、リグが壊れているのでは?と思ったくらいだという。「トヨナカAA244局」はいつもの<デジコミの部>の担当。

 

 

22時ごろにすべての部門が終了し撤収作業。するとそこへ「ならSH117局」がアイボールしに来られた。なんでも、道を間違われたようでずいぶんな遠回りになってしまったのだとか…惜しい。もう少し早く来られていたら、キー局運用をお願いしたところだったのに…。

 

強風のおかげで、6月なのにすっかり身体が冷え切ってしまったので、3局でラーメン屋さんへ。久しぶりのラーメンミーティング。

現状のOAMについての課題と解決策を少々話して解散した。

 

 

最後になりましたがみなさまのご参加ありがとうございました。

次回は7月1日(土)21時からの開催です。

詳細は近くなりましたらお知らせします。

 

ログは関西OAMのブログをご覧ください。

 

余談…先月から写真撮影にNikon Z50を使っている。クレーターが映ったことに感動。ズームレンズも持っていけばよかった。

Nikon Z50 × NIKKOR Z DX 16-50mm f3.5-6.3 VR

1/250s f6.3 ISO100 75mm 0ev


feed 2023/05/20 2023年第五回関西OAM 開催報告 (2023/5/21 9:26:39)

実は17日(水)〜19日(金)の予定で沖縄県に出張に出かけていて、すべての行程が順調だったのに、最後の最後で飛行機トラブル。

那覇空港を遅れて出発したものの、こんどは伊丹の門限に間に合わず、関空は行先変更(いわゆる島流し)をくらって、結局帰ってきたのは午前3時。午前中は泥のように寝ていた。

 

遅めの昼食をとってから準備をして、19時に六甲山に向け出発。一軒茶屋にはすでに「トヨナカAA244局」がおられた。今回は「いずNM167局」がゲストOPとして来られる予定で、その到着を待ってから3局で山頂へ。なおこの時点ですでに「ヒヨウゴAB717局」はもう運用を開始している。

 

 

山頂に着いたらいつも通りまずは臨時特小レピーターの設置、つづいて各々の運用設備のセッティングに入る。

今回は「いずNM167局」に<デジコミの部>を担当していただくので、「トヨナカAA244局」が<特小単信の部>を担当。なお、二刀流運用は厳しいとのことで、臨時特小レピーターは放置することに。

 

 

<市民ラジオの部>は21時に運用を開始。最初からものすごくたくさんの局に声をかけていただき、大変ありがたいことなのだが、リグがワンワンとうなってしまって、ピックアップが困難な状況に…。おまけになんだか変なノイズまで乗ってくる。

そんななか今回は岐阜県高山市移動の「ひだたかやまKO105局」と石川県羽咋郡宝達志水町宝達山移動の「おおさかCB708局」とつながることができた。どちらも大変お久しぶりのQSOだった。

 

22時を回るとご参加局もまばらになってきたので、予定にはなかったが、当局が放置していた臨時特小レピーターで<特小レピーターの部>のキー局運用を急遽実施。十数局さんにご参加いただいた。22時半ごろから各部門とも一斉に運用を終了し、下山。一軒茶屋で解散した。

 

 

最後になりましたがみなさまのご参加ありがとうございました。

次回は6月3日(土)21時からの開催です。

詳細は近くなりましたらお知らせします。

 

ログは関西OAMのブログをご覧ください。

 

 

 


(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 [13] » 

execution time : 0.056 sec
サイト内検索

メインメニュー

ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失


オンライン状況
10 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが 無線ブログ集 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 10

もっと...