ホーム >> 無線ブログ集 >> Ham Radio 修理日記

無線ブログ集

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

リンク 単体表示


link Ham Radio 修理日記 Ham Radio 修理日記 (2024/2/28 6:05:51)

現在データベースには 596 件のデータが登録されています。

feed FT-4800H 電源入らず (2024/2/27 14:16:16)

FT-4800H

一瞬だけ電源が入り全点灯、その後切れます。

 

 

パネル部のCPUを押さえると電源が入ります。

 

 

半田クラックの為、再半田実施。

 

 

電源入りました。

 

 

各部点検

 

 

完了です。

 

 

 


feed TM-941D 表示出ず (2024/2/25 19:02:07)

TM-941D

電源は入りますが、表示が真っ暗です。

 

 

ボタン止めスポンジ劣化

 

 

汚れがひどいので、丸洗いしました。

 

 

スポンジ交換、LED化しました。

 

 

電源を入れる度、ファンファーレと共に初期表示になります。

メモリー電池0Vの為、ホルダー取り付けました。

 

 

1200バンド調整中

 

 

交換部品

 

 

完了です。

 

 


feed TM-833 送受信不良 (2024/2/19 8:01:05)

TM-833

電源は入り表示、操作は出ますが、送受信全くできません。

 

 

電源ラインに出力がありません、

 

 

液漏れでスルーホールが断線していました。

 

 

0.2mmのメッキ線でつなぎます、

左側は0.3mmの半田です

 

清掃し接続

 

 

半田面

 

 

その他のケミコンも液漏れがあり、全数交換。

 

 

同じく430側

交換後全調整。

 

 

交換部品

 

 

LED化し完了です。

 

 

別のユーザーさんから相談があり、156.8MHz(国際VHFメインチャンネル、東京マーチス)

にセットすると、433.0MHzでキャリアが出ているとの事で、直りませんかとの事。

この無線機も同じでした。

 

 

私の所有するTM-833も同じ症状、-53dBmと結構な強さ、アンテナから出ています。

 

この無線機に限らず、無線機は受信時でも不要輻射(筐体輻射)など出ています、

これには規定値があり規格内になければなりません。

 

TM-833は430/1200のアマチュバンドでの使用はスプリアス規定に入っています、

バンド外での受信スプリアスは考慮されていないし、必要もなく(検定上)

古い無線機なのでメーカーさんでは対応はしないでしょう。

 

156.8MHzの受信には使用しない方が良いと思います。

 

 

 


feed IC-820 動作せず (2024/2/17 21:35:43)

IC-820

アンロック表示で動作しません。

 

 

-5V系の電圧が-1V程度。

 

 

原因はケミコンの液漏れ、容量低下の為です。

液漏れを清掃します。

 

 

交換、動作しました。

 

 

こちらはオーディオ系ケミコン、100μ、47μ液漏れ

 

 

清掃手直し。

 

 

交換

 

 

こちらは表示部、ケミコン交換

LED化されていました。

 

 

220μも液漏れ

 

 

交換し各部再調整。

 

 

液晶にカビ

 

 

清掃

 

 

交換部品

 

 

完了です。

 


feed TM-255S TM-455S 修理 (2024/2/16 9:22:31)

TM-255S TM-455S

LED化されています。

 

 

スポンジ劣化

 

 

交換しました

 


3Vを下回っています。

 

 

ホルダーへ交換

 

 

液漏れするコンデンサー

 

 

交換

 

 

TM-455

 

 

メモリー電池はホルダー化されていました、

 

 

液漏れがあるので交換

 

 

コンデンサーは交換されていました、

LED化しました。

 

 

各部再調整

 

 

 

完了です。

 

 


feed TM-D710 TM-D700S 修理 (2024/2/15 15:20:59)

TM-D710

音声合成ユニットの組み込み依頼です。

 

 

新品なので、組み込んで終了かと思いきや

セラミックフィルターがこの状態、イオンマイグレーション。

 

 

KENWOODさんから取り寄せ、交換しました。

 

 

ユニットはここへさすだけです。

 

 

パワーモジュールに放熱シリコーンが塗ってありますが。

 

 

筐体側にはほとんど付いていませんでした。

 

 

追加塗布

 

 

調整はすべてテストモードで。

 

一緒にお預かりした、TM-D700S

ファンの音が大きいとの事、交換依頼です。

 

 

こちらは少しコイルの調整があります。

 

 

詳細な部分はテストモードで。

 

 

FAN交換しました。

 

 

完了です。

 

 

 

 


feed TS-120V アンロック (2024/2/14 16:45:30)

TS-120V

7Mでアンロック状態です。

 

 

VCOユニットに使われている2SC460の劣化の為、全数交換しました。

各部再調整。

 

 

同じくIFユニット

 

 

VFOの2SC460も交換

 

 

LED化します。

 

 

 

T/Rリレー交換。

 

 

交換部品

 

 

完了です。

 

 


feed FT-4800 電源入らず (2024/2/12 15:35:56)

FT-4800

正確に言うと電源ボタンを押すと一瞬LCDが全点灯(バックランプは点灯しない)しますが、

電源が入りません。

 

 

コントロールユニットのトランジスターが燃えていました。

 

 

このトランジスターです。

 

 

燃えた原因はメインユニットC1070タンタルがショートした為です。

 

 

修復。

 

 

電源が入りました。

 

 

LED化、メモリー電池点検OKでした。

 

 

各部再調整

 

 

 

 

交換部品

 

 

清掃完了です。

 


feed FT-736MX 430MHzパワー低下 (2024/2/11 19:31:44)

FT-736MX

パワー低下でお預かりしました。

 

 

先ずは電源のケミコン交換。

 

 

液漏れ始まっていました、交換。

 

 

メモリー電池をホルダー化

 

 

メーター照明をLED化しました。

 

 

430のパワー低下の大きな原因は、VCO電圧が不安定な為でした、

各電圧を再調整。

 

 

トラッキング調整、パワー調整実施。

 

 

1200MHzユニットパワー低下、再調整しました。

 

 

交換部品

 

 

完了です。

 


feed IC-2820GD 液晶表示不良 (2024/2/10 7:44:27)

IC-2820G

写真では分かりづらいですが、ビネガーシンドロームですね。

 

 

パネルを外します。

 

 

黒ずんでいるのが分かります。

 

 

偏光板を剥がします

 

 

残った糊を剥がし

 

 

IPAできれいに拭き取ります。

裏面に傷防止テープを張ってあります。

 

 

 

調整はテストモードにて

 

 

AMBE デジタルIC

 

 

両メインバントを押しながら電源ON

 

 

テストモード

 

 

完了です。

 

 


(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 [60] » 

execution time : 0.044 sec
サイト内検索

メインメニュー

ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失


オンライン状況
10 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが 無線ブログ集 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 10

もっと...